窓の増設・窓の後付け 窓を追加で作るリフォームのメリット

窓の増設

実際に住んでみて「ここに窓があったらなぁ」と、思っていたのと違ったという場合もあります。
窓を後から増設するメリットや概算の予算などをご紹介します。

 

窓を増設・後付けするリフォームのメリットは何?

😃 快適性を増すための窓の増設・後付けをしたいというご家庭は多いです。
窓を増設することで得られるメリットは主に4つあります。

★窓が増えれば明るさを確保できる
★風通しや通気性が良くなる
★開放感がアップする
★庭や景色を眺めることができる
この4つが主な窓を後付けすることのメリットです。
新築で建てた家だとしても、生活を始めてから気付くことは多くあります。快適な生活をしていくために、家族構成や生活に合わせて家を変化させていくことも大切です。

 

窓が増えれば明るさを確保できる

今まで自然光が入り込みにくく、日中でも電気をつけていた暗い部屋に明るさを確保できます。
例えばリビングには光が入るけれど、隣の納戸には届かないという場合もあるでしょう。
リビングと納戸の間に室内窓を作ることで、暗かった部屋に光をもたらすことができます。
また部屋のドアをガラス戸にすることでも、採光を取り入れることが可能です。
今までは収納部屋としてしか活用できなかった場所も、ステキな居住スペースにリノベーションできます。

風通しや通気性が良くなる

リビングにしか窓が無い場合、風の通り道ができないので風通しが悪くなります。
風の通り道を作るには、対角線上に窓を作って風を通すこと。
風が入る窓は大きく開けて、出ていく窓は小さく開けると効果的です。
戸建てやメゾネットの場合は、上の階に熱い空気が溜まるので、下から上の階に風が通るようにすると良くなります。
風が通る場所に窓を作れば、夏でも熱気がこもらずに今までよりも快適に過ごせるようになるでしょう。
クーラー無しでも過ごすことができたら、心地よい上にかなりの節電にもつながります。

開放感がアップする

窓が少なかったり、小さいと閉鎖的な雰囲気になります。
新しく窓ができることで見た目の開放感がアップします。
模様替えをしたい場合にもインテリアのアクセントになって気分も変わります。

庭や景色を眺めることができる

今まで庭や景色が見えなかった場合に窓を増設することで、見晴らしがよくなります。
庭の木々に水やりをして眺めれば、清涼感が増します。
ちょっとした窓ガラスの増設で、快適性が大幅にアップするケースも。

風通しが良くなると、よどんだ空気が一掃されて気分もリフレッシュできるでしょう。
光が入らなくて暗い雰囲気だった部屋が、見違えるように明るくなります。

 

窓を増設・後付けするといい部屋はどんな部屋?

💁 たとえば、部屋に十分な光が入らずいつも暗く感じる部屋や風通しが悪い部屋などです。具体的な窓の種類は業者と相談しながら決めると、快適な窓を後付けすることができます。

窓を増設するといくつもメリットがうまれます。生活の中で窓に関する不満をリフォーム会社に、相談してみましょう。生活救急車なら、お見積りを兼ねたご相談が可能です。

 
 

リフォームで増設・後付けできる窓の種類は?

💁 リフォームで増設できる窓はどんなタイプがあるのでしょうか。
窓と聞くと外壁に穴を空けることを考えますが、室内に作る方法もあります。いずれも,明るさや風通しを改善するのに効果が期待できます。
掃き出し窓のような大きな窓は、スペースが確保できない場合もあります。
後付けできる主な窓の種類は、4種類あります。

★壁面の小窓
★天窓(トップライト)
★室内窓 外と直接面していない部屋の壁に窓を作る
★掃き出し窓

部屋の広さや、何をしたいかで窓の種類は決まってくると思います。理想とする窓が、場合によっては設置できなかったり、予算が予想以上にかかってしまうこともあるので、リフォーム業者に実際に部屋を見てもらいながら設計や見積りを取りましょう。
相談をしてみると、想像以上に快適な窓を作れるかもしれません。

 

窓を増設するリフォームのチェックポイントは?

✍ 窓を後付けで作りたいと思った場所に、必ずしも作れるわけではありません。
どのような点をしっかりチェックしておくべきなのか、ご説明いたします。
チェックポイントは、8つあります。まず簡単に説明をすると、
・筋交いの部分ではないかどうか
・耐久面に問題のある大きな窓を作ろうとしていないか
・西日がまぶしくないか
・家具の置き場所を確保できるか
・外からの視線が気にならないか
・お隣の窓と向かい合わないか
・窓枠はしっかりと作ること
・実際に使ったら使い勝手が悪くないか

☛ 以上のチェックポイントを気を付けておくと、窓の増設が出来るかが判断できます。
家は家全体でバランスを取っています。気軽に窓を後付けをしたいと思っても、家の耐久性や近隣とトラブルを考えると現実的ではないことも多々あります。詳しいチェック内容は下記のようになります。

 

筋交いの部分ではないかどうか

外壁に窓を作る場合は、家を支えている筋交いにぶつからないかどうかを確認する必要があります。
筋交いとは建物を強くするために、斜めに交差させて取り付けられている木材です。
木材には抜いて良いものと、絶対に抜いてはいけないものがあり、筋交いは絶対に抜いてはいけない大切な柱です。
設計図などを見てどこになら窓を開けられるかを、専門家にも見てもらい構造的に大丈夫か確認することが大切です。

耐久面に問題のある大きな窓を作ろうとしていないか

今の家の構造は壁と柱で屋根を支えているため、大きな窓を作ろうとすると耐久性が落ちてしまうことが考えられます。
新築する際に大きな窓の部分は梁を太くして、負荷を分散させる設計にしています。
後から大きな窓を作るにしても、梁を太くすることがとても難しいのです。
状況によっては予算が跳ね上がってしまうことも。

西日がまぶしくないか

景色や庭を眺めたいなどの理由で、西側に面した壁を大きな窓にした場合に、予想外にまぶしかったり暑く感じたりします。
元々日差しが強すぎることがデメリットになるので、あえてその場所に窓を作らなかったのかも知れません。
夏の日差しがじりじりと暑すぎて、思っていたのと違ったということにならないようにしましょう。

家具の置き場所を確保できるか

明るさや開放感などに気を取られて、家具の置き場所が無くなってないか確認しましょう。
壁が少ないと家具がレイアウトできなかったり、絵画やポスターなどを飾るスペースも無くなってしまいます。

外からの視線が気にならないか

実際に窓を開けたら人通りが多くて気になったりしないでしょうか。
また車の交通量が多くて、騒音が気になったりガラスがすぐに汚れてストレスにならないかも確認しましょう。
近隣の家から丸見えになることもあるので、注意が必要です。

お隣の窓と向かい合わないか

向かいの窓と同じ高さと位置に窓を作ってしまって、目が合ったりしないか注意が必要です。
壁だった頃は気にならなかった、近隣の話し声などが気になるようになるでしょう。
例えば子供部屋の窓を増やして成長した後に、近隣の目が気になって生活しにくいなどの問題点が出てくる場合もあります。

窓枠はしっかりと作る

窓は壁や床、天井などと比べても、最も湿気が溜まりやすく結露を起こしやすい部分です。
窓枠の工事をしっかりしないと、湿気が溜まりやすくカビの原因にもつながります。
いい加減なリフォーム業者を選ばずに、しっかりとした業者を選ぶのも大切です。

実際に使ったら使い勝手が悪かった

道路側に地窓を作って砂ぼこりが侵入しやすくなる場合もあります。
地窓は低い場所に作る横長の窓のことです。
使い勝手が悪くて閉めっぱなしにしていたら、結露やカビの温床になったのでは後悔しか残りません。
天窓を作ったら、その下の家具だけが日焼けしたり暑くなることもあります。
高窓の位置が高すぎて、開閉が困難だったり意外と盲点になることは多いです。

実際に窓を増設して使ってみると、思っていなかったような状況になる場合もあります。
窓を作った後のことをしっかり想定するには、専門家の意見もしっかり聞いて判断するのが望ましいでしょう。
 

新しく取り付ける窓で気をつけたいことは?

🤔 ガラスが高性能かどうかで、過ごしやすさも大きく違います。窓を増設する際にしっかりとやっておくべきことをご紹介します。
これをしっかりしておくと、窓を後付けしたあとに失敗することなく、快適な生活を実現することができるはずです。

☛ 気を付けたいことは、主に6つあります。簡単にご紹介すると
・断熱性の高いガラスやサッシに
・防犯性を高める
・騒音問題に注意
・型ガラス(すりガラス)にするか検討
・耐震性に配慮する
・結露ができないようにする

この6つを気をつけて、リフォーム業者に相談をしてみましょう。
実際にガラスを見たり触らせてもらえる機会をもうけると、実際に窓を後付けした時の想像がしやすくなるのでおすすめです。
詳しい気をつけたいことの内容は、以下の通りになります。

 

断熱性の高いガラスやサッシに

部屋の中には窓ガラスを介して熱が入りこんだり、逃げていきます。
ですから一年中快適に過ごすには、断熱性能に優れたガラスやサッシを選択することが必要なのです。
せっかく窓を取り付けて日差しが入るようになっても、一枚窓ではスースーして寒い場合もあります。
ペアガラスや内窓の設置で、断熱性の高い快適な窓を作ることができます。
また直射日光をもろに受けて、紫外線を浴びることになるかも知れません。
UVカットガラスを選択することで、紫外線をシャットアウトできます。

防犯性を高める

窓を増やすことで快適性が増しても、防犯性が低くなっては元も子もありません。
特に窃盗犯に狙われやすい1階などの低層階に大きめの窓を付けた場合には、防犯性にもこだわりましょう。
バールやハンマーで叩いてもなかなか割れない、厚みのある防犯ガラスを取り入れるのがお勧めです。

騒音問題に注意

採光を取り入れて快適に過ごすことをイメージして窓を作ったのに、思ったよりも外の音がうるさく感じる場合もあります。
例えば人通りや車の多い通りに面していたり、近くに公園があって子供の声がうるさいなど色んなデメリットを感じるでしょう。
近所の犬が吠える声がうるさいかも知れませんし、隣接した隣の窓から意外と声が漏れてくる可能性もあります。
防音性の高いペアガラスや二重サッシを選択することで、騒音問題を事前に解消しておきましょう。

型ガラス(すりガラス)にするか検討

部屋の中を明るくしたいと考えているのであれば、型ガラスを入れることも検討しましょう。
型ガラスなら向こう側にあるものは見えませんが、光を取り入れることは可能です。
窓を設置することによって隣の人と目が合うようになったり、道行く人から部屋の中が丸見えになるのを予防できます。

耐震性に配慮する

網入りガラスや耐震ガラスを設置すれば、震災や火災などでガラスが割れ落ちるのを予防できます。
割れても落下したり飛び散らないので、万が一の時にけがをするリスクを減らすことができます。
特に防災地域に指定されている場合には、網入りガラスや防火設備用ガラスにする義務がある建物もあります。

結露ができないようにする

メリットが多いと思って窓を設置したのに、実は結露の原因になってしまう場合もあります。
カビが発生したりダニの温床になることも考えられますので、十分気を付けて設置しましょう。
結露を予防するには、ペアガラスや二重サッシにするなどの工夫が必要です。

快適に過ごしたくて窓の増設をしても、使い勝手が悪ければ意味がありませんよね。
せっかく費用を出してリフォームするのですから、快適性にこだわって窓を増設するのがお勧めです。
 
 

小窓の増設の費用相場は?

💁 費用の相場は、約10万円~15万円です。この相場は、一般的な硝子の場合です。もし、ペアガラスや防音ガラスなどの機能性ガラスにすると費用は変動致します。

窓の大きさや施工会社にはよりますが、一般的に1週間前後で窓の増設は終わります。作業のことも、業者と話し合っておくことで曜日や作業の時間帯を調整することができます。
まずは、費用を知るためにも業者に相談してみましょう。

 

窓の増設リフォームの工期や費用相場は?

💁 窓を増設するのは、かなり大掛かりで金額も高くなりそうなイメージがありませんか?
概算の見積金額を参考にどのくらいかかるのか、あたりをつけてみましょう。

☛ ・小窓を増設 約10万円~15万円
・中規模の窓を増設 約10万~40万円
・天窓を増設 約30万~50万円
・キッチンに窓を増設 約30万円
・玄関に窓を増設 約20万円
・室内窓を増設 約10万円
・掃き出し窓を増設 約15万~24万円

窓の後増設をご検討する際、1社のリフォーム会社ではなく複数の会社に見積りを頼むことをおすすめ致します。複数の会社に見積りを頼むことで、ここでご紹介する費用の相場内であるかどうかがはっきりとわかるはずです。
会社の中には、他社と比較するための見積り(相見積り)を断るところもありますので、見積りをしてもらう前に説明をしておきましょう。
窓の種類とその費用相場についての詳しい解説は以下の通りです。

 

風を通す小窓増設 約10万円~15万円

風通しを良くするための小窓を廊下などの壁面に設置する場合です。
大手メーカーの既製品を使い、室内側の窓枠は壁紙部分に回り込むタイプの窓なら壁面の補修が最小限で済みます。
2階の窓工事の場合は、足場を立てる必要があるので1階よりは費用が高くなる傾向にあります。

リビングに中規模の窓を増設 約10万~40万円

リビングに中規模以上の窓を増設する場合は、条件により金額がかなり違ってきます。
1階と2階では、2階は足場が必要なのでその分、金額が高くなります。
筋交いを避けて増設することが可能であれば予算が抑えられますが、筋交いを切って補強する場合はかなり大掛かりになります。
できるかどうかは図面をプロに見てもらい、判断することが必要です。

光を取り入れる天窓増設 約30万~50万円

既存の天井を解体して取り付ける必要があるため、費用は高めになります。
設置したい天窓が大きいほど予算は高くなり、撤去した屋根の廃材処分費も発生します。
一般的に瓦屋根の場合には、ガラス瓦と呼ばれる特殊な天窓を使うことが多く費用が少し高くなります。
また屋根に上っての作業なので、費用が高くなる傾向にあります。
さらに電動式の天窓の場合は、電気配線工事が別途必要になります。
既存の屋根を一部くりぬくことになるので、設置後の雨漏り点検も必要です。
5年に1度は点検やメンテナンスを行う必要があり、1箇所あたり2~4万円程度が相場です。

キッチンに新たに窓を増設 約30万円

古い家屋ではキッチンは北側に作るなど、あまり光を取り入れることを重視していない設計も多いです。
キッチンは毎日のように料理をするために必ず使うところなので、光を取り入れて明るい印象にすると快適です。
予算は現状にもよりますが、食器棚を置く場所を忘れずに確保しましょう。

玄関に新たに窓を増設 約20万円

リビングなどに光を取り入れる設計にした結果、玄関が暗い印象になってしまうこともあります。
玄関は家の顔であり、来客があれば必ずみられる部分です。
風水でも玄関は良い気の入り口と考えられているため、気持ちを前向きにしたいとか運気のアップにも最適です。

室内窓を増設 約10万円

例えばリビングと納戸の間の壁に窓をつけて、納戸にも光を行き渡らせる方法があります。
また居間と庭の間に廊下があって壁に窓を開ければ、より開放的になる場合もあります。
足場が必要なく、すき間材の施工が簡単なので、基本的には外窓よりも内窓の方が予算を安く抑えられます。
オーダー窓でも相場10万円なので、既製品の室内専用窓を使えばさらに安価で済み、気軽にプチリフォームすることも可能です。

掃き出し窓を増設 約15万~24万円

あくまでも相場ですので条件面や施工業者などによって異なります。
小窓や室内窓は比較的、安価にリフォームできます。
筋交いが通っている場所ならさらに大掛かりな工事になり、予算が跳ね上がることもあります。

大きな窓を作りたかったり、天窓などの大掛かりな作業が必要な場合には価格も高めです。
窓のリフォームの相場は、1カ所がおよそ50万円程度を目安にみてください。
プラスして足場が必要だったり、特殊な施工手順が必要になる場合には高い傾向にあります。
逆に室内窓だったり外壁に取り付けるにしても、小窓だったり既製品を使える場合は価格が安く抑えられます。
 

窓の増設にかかる日数はどれくらい?

📅 リフォーム中は何かと人の出入りも多く生活が落ち着きませんが、窓の増設はどれくらいの工期が必要なのでしょうか。
工事が始める前に、近所への説明を兼ねてのあいさつなどの準備をしなくてはなりません。工期が長ければ、部屋の片づけや家族の生活リズムを考えなければなりません。そういったことを前もって知っておくことで、リフォームの時期を家族で相談しやすくなるはずです。ここでは、一般的にかかる日数をご紹介します。

☛ 既存の窓のガラスの交換やサッシの交換、内窓の設置なら1時間~1日程度が一般的です。
ですが、窓の増設は、壁に穴を開けたり工事が必要となるので、工期(工事の日数)が長くなります。窓の大きさや施工会社にもよりますが、一般的に1週間前後かかります。
昼間に作業する工事だとしても、ご近所には「リフォームをするので、数日騒がしくなると思います」とご挨拶をしておきましょう。作業には複数の人が出入りしたり、業者の車を停めることがあるので、迷惑をかけてしまう可能性があります。ご近所トラブルを避けるためにも、工事を始める1週間前の土日の午前中に挨拶をしておくと安心です。挨拶の際、手土産は基本的に必要ないとされています。挨拶で必要なのは、工期(作業の曜日や時間帯)と工事の内容と、何かあった際の連絡先を伝えることです。

 
 

間取りの変更リフォームで窓をなくすこともできますか?

💁 リフォームで、部屋を広くしたりする間取りの変更の際に、不必要となった窓をなくして壁にすることは可能です。

いらないと思った窓や、後付けしたけど結露がひどかったり、日差しが強すぎるという理由で壁に戻す方もいます。窓を増設するときと同じように、費用や作業内容を相談してみましょう。

 

リフォームで窓をなくすこともできる?

🛠 窓の後付けも可能ですが、窓を潰して壁にすることも可能です。
例えば、
★日差しが強すぎる
★壁が少なくて家具をレイアウトする場所がない
★開けると砂ぼこりが入ってきて開けられない
★結露してカビの原因になる
★隣に家が建って開けられなくなった
このような窓を、リフォーム会社に依頼して壁にすることができます。

☛ 窓を壁にする費用の相場は、およそ10万~30万円です。2階の窓の場合は、足場が必要なのでやや高くなる傾向にあります。
内装工事と外装工事が必要で、サッシの大きさや仕上げの違いで価格も異なります。
内装はサッシ枠を外して外壁を塞ぎ、開口部分に下地を組んで断熱材を入れます。ベニヤ板や石膏ボードを使ってふさぎ、室内側から壁紙を貼る流れです。
外装はモルタル塗装かサイディング仕上げなどがあります。サッシを撤去して専用ボードで開口部を塞ぎ、塗装をする流れです。

このようにもしも窓を後付けして気に入らなくても、窓を塞ぐことも不可能ではありません。
窓を後付けして、風通しや日当たりが良くなったり快適性が増し、天気の良い日に風が吹き抜ける感じは、とても心地よいはずです。
一方で思いもよらなかったデメリットが生じるリスクもありますので、プロからアドバイスをもらってしっかり設計する必要があります。

 


全国の幅広いエリアでガラスのトラブル出張業者が全国の幅広いエリアでガラスのお困りごとやご相談を承っております。現地でのお見積り・ご相談は一切無料(点検作業を伴う見積もりは有料)です。緊急のトラブルでも専用の受付窓口で対応しております。ご予約の際はご都合の良いお時間をお知らせください。休日・祝日、昼夜問わず受付中です。出張業者を初めてご利用になられる、という場合でも心配ありません。コールセンターのオペレーターが優しく丁寧にご要望をお聞きいたします。いつ、どの場所で、どのようなご依頼をされたいのか、しっかりと確認いたします。安心して信頼できる業者に任せたい、いますぐ何とかしたい、料金の見積もりを取りたいなどお問い合わせはいつでもお気軽にお電話ください。

料金一覧表

料金例:ガラスのサイズが横30cmX縦90cmの厚さ2mmの透明ガラスを1枚交換したい場合

ガラス代施工料金合計料金
¥4,400(税込)¥13,200(税込)¥17,600(税込)

料金例:ガラスのサイズが横30cmX縦30cmの厚さ3mmの透明ガラスを1枚交換したい場合

ガラス代施工料金合計料金
¥11,000(税込)¥13,200(税込)¥24,200(税込)

※料金表に記載の価格は参考価格です。
※ガラスの種類や大きさ、重量、階数、部材などにより料金が変動することがあります。詳しい料金は現場見積もりでご確認ください。
※高所作業費は別途加算されます。
※時間外料金
夜間(20:00~8:00)は合計料金に¥8,800(税込)が加算されます。
詳しくは現地見積でご相談・ご案内しております。お気軽にお問合せください。

会社概要

社名 ジャパンベストレスキューシステム株式会社
設立 1997年 2月
本社 名古屋市中区錦1-10-20 アーバンネット伏見ビル5F
従業員数 [連結] 244名
[単体] 195名
(2020年9月30日現在)
上場市場 東京証券取引所第一部
名古屋証券取引所第一部
(証券コード:2453)
資本金 7億8,036万円
(2020年9月30日現在)
発行済株式 34,688,000株
(2020年9月30日現在)
役員
代表取締役 
榊原 暢宏
取締役 
若月 光博
取締役(社外) 
白石 徳生
取締役(社外) 
岩村 豊正
取締役(社外)  
濵地 昭男
常勤監査役 
澤田 正勝
監査役(社外) 
吉岡 徹郎
監査役(社外) 
大信田 博之
(2020年12月17日現在)
JBRグループ
事業内容
・365日対応の総合生活トラブル解決サービス「生活救急車」を全国展開
・カギ、水まわり、ガラス、パソコンのトラブルサービスなど様々なお困りごとに対応
・提携法人に代わってコールセンターの運営から出動までを代行する「企業提携事業」を展開
・トラブルに備えたサポート会員制度も各種展開
JBRグループ
主要取引先
各種不動産関連会社、大手損保保険会社、各種住宅メーカー、大手ハウスメーカーなど(順不同)

全国の幅広いエリアでガラスのトラブルはお任せください

ガラスを割ってしまった、すぐに修理や交換したい、ガラス破りなど空き巣対策のため防犯ガラスを取り付けたい、結露対策で内窓、二重窓にしたい、防音、断熱、エコガラスに変えたいなどガラスや窓、サッシなどのお困りごとやご用命なら年中無休でフリーダイヤル通話料無料で受付しております。

家/住まいのガラス

住宅タイプ
戸建 新築 二世帯住宅 マンション 賃貸マンション 中古マンション 分譲マンション アパート 賃貸アパート 借家 長屋 公営住宅 県営住宅 市営住宅 UR都市機構 団地 社宅 寮 仮設住宅
場所
玄関 エントランス 入口 勝手口 裏口 室内 部屋 子供部屋 書斎 居間 リビング 客室 寝室 廊下 庭 ベランダ バルコニー キッチン 台所 トイレ 便所 洗面所 お手洗い 浴室 お風呂場 屋上 屋根 地下室 天井 床下 物置
箇所
窓ガラス ドアガラス 自動ドア 回転ドア 扉 引き戸 スライドドア サッシ
トラブルのタイプ
窓ガラスが割れた 子供が割ってしまった ボールを投げて穴が開いた ヒビが入った クラック ガタガタ 玄関のドアガラスが破損した 外れてしまった UVをカットしたい 窓ガラス交換 ドアガラス修理 割れ 相談無料 料金

会社/店舗のガラス

建物タイプ
ビル オフィス 事務所 施設
場所
玄関 エントランス 入口 勝手口 非常口 室内 部屋 廊下 バルコニー トイレ 便所 洗面所 お手洗い 屋上 屋根 地下室 天井 床下 階段 エレベーター 倉庫 書庫 用具室 物置 車庫 駐車場 プレハブ 工場 作業場 建築現場 展示場 博物館 記念館 公園 託児所 保育園 幼稚園 老人ホーム 病院 警察署 ホテル 旅館 保養所 県庁 市役所 避難所 体育館 教室 研究室 放送室 保管室 学校 大学 厨房 売店 フードコート テナント ショップ モール パーク スポーツジム 撮影所 スタジオ ショーケース ストックルーム バックヤード 食堂 休憩室 仮眠室 喫煙室 更衣室 待合室 管理人室 会議室

ガラスのタイプ

防犯ガラス 防火ガラス 防音ガラス 断熱ガラス 板ガラス 透明ガラス すりガラス 曇りガラス スモークガラス 網入りガラス 強化ガラス 合わせガラス フロストガラス ペアガラス エコガラス

ガラス製品

リクシル LIXIL low-e ガラス 防犯ガラス セキュオ 真空ガラス 日本板硝子 スペーシア 断熱ガラス 二重窓 三協立山アルミプラメイク 窓窓 TOSTEM トステム インプラス YKKAP プラマードU 大信工業 プラストサッシ 三協立山 アルミプラメイクE セントラル硝子 ラミレックスソネス

窓のタイプ

引違い窓 掃出し窓 FIX窓 はめ殺し窓 滑り出し窓 内倒し窓 上げ下げ窓 回転窓 ルーバー窓 内窓 二重窓 天窓 庇 ドアガラス ガラス扉 ガラスウィンドウ

ガラスの種類

ガラスメーカー
旭硝子 日本板硝子 セントラル硝子 ホーヤ HOYA 日本電気硝子 日本山村硝子 石塚硝子 オハラ OHARA 倉元製作所 岡本硝子 テクノクオーツ 不二硝子
サッシメーカー
トステム TOSTEM 新日軽 リクシル LIXIL ワイケーケーエーピー YKK AP 不二サッシ 三協アルミ 新日軽

※表記の物についての対応状況はお問い合わせください。

お風呂場・浴室扉のドアガラス修理!アクリル樹脂パネル交換方法

お風呂場のドアガラスは、ドアに負荷をかけすぎたり、物...

窓ガラスの目隠し

すりガラス シート フィルム 窓ガラスの目隠し方法を紹介!フィルムのメリット・デメリットは?

日常生活を送っていて、家の外からの視線が気になることもあるで...

ガラスの熱割れ

網入りガラスの熱割れ!原因と対策 窓ガラス熱割れ予防方法

ある日突然、ガラスにヒビが入っていてびっくりすることがありま...

空き巣と窓ガラス

泥棒に割られた!窓の空き巣対策 侵入経路 賃貸 防犯ガラス

警視庁が出している空き巣(侵入窃盗犯)の侵入手段で一番多いのは、...

中川区のガラス修理やガラス交換はガラス屋・窓サッシ業者へ

窓ガラスそのものや、サッシとの間のゴムパッキンにカビが生える...

海辺の窓ガラス

海辺の窓ガラス掃除方法!潮風の塩害や砂埃、傷の対策や手入れ

海の見える一戸建てやリゾートマンションは、海が好きな人に...

窓ガラスの掃除

ガラス汚れ!窓ガラス掃除で汚れ落とし 黒い点々白い曇り

硝子の汚れは窓の場所によって異なりますし、部屋側と外でも...

ガラス割れ、応急処置

ガラス屋さんの選び方!近くのガラス屋?口コミ評判で選ぶ?

ガラスが割れてしまった! すぐに来てくれて費用が安いガラ...

窓ガラスの結露

結露防止ガラスの価格はいくら?合わせ ペア Low-E窓ガラス

空気が冷たい季節になってくると、窓に結露ができてしまします。...

エコガラス

エコガラスの防犯性や機能、違いは?Low-eガラスの効果と価格

最近は新築のご家庭では、省エネ効果の期待できるガラスを取...

窓ガラス

地震対策・飛散防止の窓ガラス!災害で割れたガラスの対処方法

自然災害時の窓ガラスの割れや飛散は、ニュースなどで目にす...

子供・赤ちゃんを窓ガラス・ガラス戸から守る!割れ防止・対策

子供・赤ちゃんを窓ガラス・ガラス戸から守る!割れ防止・対策

窓ガラスは明るい光を届けてくれる、なくてはならない家の一部で...

防音ガラスで騒音対策

防音ガラスの値段・交換費用とその効果

アパートやマンションなどの集合住宅はもちろんのこと、一戸建て...

窓ガラスの結露

窓ガラスの結露防止 結露対策13選!放置せず原因を知って正しく対処

梅雨時や冬の暖房を使う時期などに結露が起こると憂うつです...

UVカットガラス

UVカットの窓ガラス 紫外線カットガラス・UVカットフィルムの効果

お肌の紫外線対策というと日焼け止めクリームや日傘などに目...

合わせガラスの価格 交換費用相場 合わせガラスとは

合わせガラスの性能は年々改良されて、良い商品が販売されて...

窓リフォーム

【窓ガラスリフォーム】価格・費用の相場!メリットと補助金

窓ガラスをリフォームする場合、国や自治体の助成金を受ける...

強化ガラス(安全ガラス)

【強化ガラス修理・交換】割れ替え費用 特徴 強度 違いは何?

強化ガラスは耐久性に優れているので安全ガラスとも呼ばれ、...

窓ガラス

【Low-E複層ガラス修理・交換】割れ替え費用 断熱 遮熱

近年機能ガラスの中でも特に注目されている、Low-Eガラ...

窓ガラス

ガラス交換料金相場・修理費用はいくら?ガラス種類別

ガラスは一般ガラスと機能ガラスの2つに分けることができ、...

窓の増設

窓の増設・窓の後付け 窓を追加で作るリフォームのメリット

実際に住んでみて「ここに窓があったらなぁ」と、思っていた...

二重窓・内窓・二重サッシ

二重窓サッシ/内窓リフォーム!省エネ 実際の節電効果の費用例

在宅ワークが増えた昨今、窓からの熱気や冷気でお悩みな方も少な...

網入りガラス(ワイヤーガラス)

【網入りガラス修理・交換】割れ替え費用 効果 防火 熱割れ

防火に特化し、飛散防止ワイヤーが入った網入りガラス。割れてしまっ...

すりガラス

【すりガラス修理・交換】割れ替え費用 目隠し 間仕切り 障子

  主に室内部屋の間仕切り、和室の障子ガラスなど...

合わせガラス(UVカット・紫外線対策)

合わせガラスとは UVカット99%!窓の紫外線対策におすすめ

生活救急車ではお見積り無料で承っております。ぼったくり・怪し...

ペアガラス(断熱ガラス)
ガラス割れ

ガラス割れ修理 窓ガラスが割れたとき自分でできる応急処置

ガラスは物がぶつかったりして突然割れてしまうことがありま...

窓ガラス

ガラス交換!ガラスの種類と選び方 特徴 メリット どれがいい?

最近ではさまざまな種類の最新ガラスがあるので、交換したい...

窓ガラス

ガラス修理(応急処置)とガラス交換の費用相場

ガラスを交換しようと思う場合、気になるのがガラス一枚あた...

窓掃除

ガラスの寿命は何年?劣化の兆候の見方 最適な交換時期はいつ?

ガラスは丈夫そうに見えても気付かないうちに劣化していることが...

ガラスの結露

ペアガラスの結露 二重窓の結露 原因と対策 二重窓とペアガラスの違い

「あ! ペアガラスの中が曇ってる!」 ある日、気がついたら...

窓ガラスから音がする

窓の隙間風がうるさい!窓ガラスがピューピューと音がする原因と対策

昨今では、家にいる時間が長くなりいままで気にもしなかった家の...

ガラス割れ、応急処置

窓ガラスが割れた場合の応急処置方法 ヒビ割れ 修理 グッズ

どこの住宅にもある窓ガラス、ガラスは採光性を高めたり眺めをよ...

生活救急車

窓ガラス拭きサッシ掃除 道具とコツ!新聞紙 スクイジー 洗剤

みなさん僕のことを知っていますか?知らない...という方...

窓ガラスの結露

窓ガラス結露の原因と対策!二重サッシの効果 防止 窓枠カビ

冬になると窓ガラスに付着する結露、毎日雑巾などで拭き取るのも...

窓ガラスが割れた

窓ガラスが割れない対策!窓ガラスの割れヒビが入る前に防止

住宅の様々な場所にあるガラス、ガラスと聞くとほとんどの人...

窓ガラスは空き巣に狙われる

防犯ガラスの値段 価格 交換費用相場 防犯ガラスとは

防犯対策として窓のガラスをお考えの方が一番気になるのは、防犯...

明るい窓の部屋

ペアガラス 複層ガラス 交換 low-E エコ 効果と製品

いまや建物の至るところに設置してある「窓ガラス」。 窓...

ルーバー窓

窓の種類 滑り出し窓 FIX ルーバー 上げ下げ窓 出窓

住宅の窓は、視覚的なデザインやインテリアの効果を持つのは...

板ガラス

窓ガラスの種類 サッシガラスの選び方

住宅や店舗で使用されている現在のガラスは、断熱性・遮音性...

マンション窓ガラス交換 分譲・賃貸マンションの窓ガラス交換の注意点

  分譲・賃貸マンションの窓ガラス交換の注意...