キッチン・台所リフォームの費用相場・失敗しない選び方!

使いにくいと感じたり、もっとおしゃれにしたいと考えたりと、使い続ける内にリフォームを考え始める人は少なくないはずです。そして、やるからには、理想的なリフォームがしたいと考える人がほとんどでしょう。

また、予算内かつ最大限に安く抑えられることが理想である人や、とにかく思い通りのデザインで仕上げることが理想である人など、人によって何が理想かは違うものです。そこで、今回の記事では、キッチンのリフォームをしたいと考えている人に向けて、必要な情報をまとめていきます。

理想的なリフォームを実現するためには情報収集が必要です。リフォームにかかる費用の相場や、目的別におすすめのキッチン、理想的なリフォームをするための注意点など、押さえておくと良い情報を多数お伝えしていくので、情報収集の一つとして役立ててください。

全部見る









>> お見積り無料で安心の水の生活救急車にご相談 <<

キッチンのリフォームでかかる費用の相場は?

キッチンをリフォームするに当たって、重要なことといえば、リフォームにかかる費用ではないでしょうか?最新の機器を盛り込んだり、デザインを重視したり、効率的に使えるようにシンプルに仕上げたりと、人によって目指す完成形は様々ですが、どれも費用をかけなければ、実現は難しいというものです。キッチンのリフォームの第一歩を踏みだすためにも、費用の相場をチェックしておきましょう。

キッチンをリフォームする費用の相場は100~150万円

まずは結論からお伝えします。キッチンのリフォームにかかる費用の相場は、ずばり50~200万円です。さらに、その中でも100~150万円でリフォームするケースが多数派となっています。

また、50万円以下の安価でリフォームができているケースに関しては、コンロを交換するだけであったり、古いキッチンを新しいものに取り換えるだけだったりと、部分的な工事であることがほとんどです。キッチンのフロア全体をリフォームするとなると、50万円以下で収まるというケースは少ないのでその点は注意しましょう。

上記の通り、古い設備を取り換え、キッチン全体のリフォームも行うとなると、部分的なリフォームと違って費用がアップするのは必然です。そのため、キッチン全体のリフォームをイメージしているならば、100~200万円は予算として見ておくべきでしょう。また、具体的な金額は希望に応じて増減させます。

そして、オプションを追加したり、こだわりの素材を使用したり、今まで使っていなかった設備を導入したりと、+αの要素が多ければ多いほど必要な金額はさらにアップします。こだわったリフォームをやりたい!と考えているならば、300万円以上の予算を見ておく必要も出てくるかもしれません。

最終的な結論として、リフォーム費用の相場は、部分的なリフォームであれば最低でも50万円、キッチンのフロア全体をリフォームするならば100~200万円が目安となります。また、グレードの高いものを選ぶ予定がある人や、オーダーメイドを検討している人ならば相場よりも高く予算を設定することになるでしょう。300万円以上で設定することになることもありえます。

予算を決めるに当たって、相場を参考にするのも重要ですが、まずはどのようなリフォームがしたいのかを明確にすることが大切でしょう。絶対にこだわりたいポイントや妥協できるポイントが自分で分かっていなければ、必要な費用を明確にすることも難しくなり、予算を漠然とした形でしか考えられなくなります。まずは、メーカーのショールームやホームページなどで、使いたいキッチンの価格を確認したり、取り入れたい設備やレイアウトなどを書きだしたりして、完成形のイメージを膨らませることから始めてはいかがでしょうか。

 

キッチンをリフォームする時の予算はどのように決める?

さて、リフォームに必要な費用の相場が分かれば、次は予算をしっかり決めていく必要があるでしょう。安く抑えたいと考えている場合は予算オーバーになるほどのリフォームは避けるべきですし、逆に予算に余裕があるならこだわりを持ってどんどん進められます。この項目では予算の決め方を説明していきますので、参考にしつつ予算を考えていきましょう。

リフォーム費用の内訳は?

予算を決める前に、まずはリフォーム費用の内訳を知る必要があります。リフォームの費用の内訳は、システムキッチンや水栓、床材などリフォームに必要な材料にかかる材料費と、解体や張替、設置といった作業ごとにかかる工事費になります。

例えば、床に使うタイルや、システムキッチンなど諸々で材料費が80万円、準備作業や撤去・設置工事などの工事で工事費が30万円となれば、リフォーム費用は110万円となるわけです。

上記のように材料費は、システムキッチン本体や水栓だけでなく、床材や、壁、天井など、様々な材料の費用ですから、リフォームに当たって必要な材料が増えれば、当然上がります。工事費も、工事の準備である仮設工事や、古い設備を取り外す解体・撤去工事、新たなキッチンを取り付ける組み立て工事に、給排水を整える設備工事など、様々な工事から計算される仕組みです。工事はリフォームの内容によって要不要が変わるので、作業工程が少ない人もいれば、多い人もいるでしょう。そして、作業工程が多くなった場合は費用がその分アップします

つまり、グレードの高い設備を選ぶだけでなく、補修の範囲が広いなどの影響でリフォームに必要な材料が増えると材料費が上がり、工事が複雑になったり、工程が増えたりすると工事費が上がります。そのため、予算を決める際は、この二種類の費用を考慮して決める必要が出てくるでしょう。

仮住まいやトランクルーム、手続き費用なども考えておく
ちなみに、こちらで紹介した相場やリフォームの費用は、あくまで工事費や材料費だけで考えた相場になります。実際にリフォームするとなると、リフォームの間の仮住まいが必要になったり、建築業者との契約手続きが発生したりして、工事費などとは別にお金が必要になるでしょう。
材料費や工事費と比べれば、どの費用も高いということはありませんが、積み重なればそれなりの出費になることは十分考えられます。リフォームの予算と合わせて、それらの費用がどのくらいか必要か確認しておき、全体的な金額も計算すると安心です。それらの費用として考えられるものは「材料費や工事費以外に必要になる費用って?」にて説明していますので、参考としてチェックしてみてはいかがでしょうか。

どんなリフォームをしたいのか明確にすること

それでは、リフォームにかかる費用の内訳が分かったところで、予算を決める際のポイントをお伝えしていきます。一つ目のポイントはどんなリフォームをしたいのかを明確にすることです。デザイン性を追求したり、利便性を高めたりと、人によってリフォームの目的は様々ですが、それに見合った予算がなければ実現も難しいでしょう。そのため、どんなリフォームをしたいのか明確にして、必要な材料費や工事費などをクリアにした状態で予算を決めていくわけです。

それでは、材料費や工事費をクリアにする理由ですが、これは予算オーバーを避ける目的があります。材料費や工事費が漠然としたままで予算を決めてしまうと、いざ見積もりをとってみると大幅にギャップが生まれるということが少なくありません。つまり、予算オーバーが生じるわけです。

そして、予算オーバーとなった場合、せっかく決めた設備のグレードダウンをするか予算をアップさせて工事をスタートするかリフォームを諦めるかなど、不本意な結果を招くことになります。それを避けるために、どんなリフォームをしたいのか?それに必要な材料費や工事費はどのくらいか?などの疑問をクリアにして予算を決めていきましょう。

 

さらに上記を分かりやすくするために、例として、既存のシステムキッチンを取り外し、新しいシステムキッチンを同じ場所へ設置するという、比較的安価かつシンプルなリフォームで考えていきます。実は、このリフォームの場合でも、床や壁などの傷みがひどければ補修が必要になるケースもあるのです。つまり、キッチンを取り換えるだけで完結しない恐れがあります

材料費には、システムキッチン本体の代金だけでなく、床材や壁材などの費用が含まれます。工事費でも、古いものの撤去作業と新しいものの設置作業だけでなく、補修作業のための費用が発生するでしょう。

このように、一口に材料費、工事費といっても、そこには多くの費用が盛り込まれています。上記のような簡単なリフォームであっても、「最低限の予算で十分」ということはありません。住宅の劣化具合など、状況によっては、床材などの料金や内装を補修する費用も含んで考えなければいけないのです。

また、補修の範囲が狭ければその分の工事費や材料費で済みます。対して、キッチンの全体を整えたいと考える場合は、全体の床や壁を補修することになるので、工事費も材料費も上がるでしょう。簡単な説明ではありますが、このようにリフォームの内容によっては必要な金額が大きくなるわけです。そのため、どんなリフォームがやりたいのか、それにはどんな工事や材料が必要なのかをイメージして、予算を立てる必要があります。そして、万が一、誤ったまま予算を設定してしまうと、上記のように予算オーバーが避けられないということが考えられるでしょう。

 

業者から見積もりを取る際は予算を伝えるのが一般的ですから、対応する業者もそれを考慮して見積もりを作成します。また、リフォームがスタートするのも、依頼者が見積もりなどに納得できてからなので、強引に予算を上げさせるというようなことは、悪徳業者でもない限りまずありません。しかし、見積もりを作成する段階で「この予算ではとても無理!」となってしまうと、業者としてもそれを伝えるしかなく、予算や設備の変更はやむを得ないのです。

そして、予算内で希望のリフォームができないとなった場合、一旦保留として、予算を検討し直したり、設備や材料のコストダウンを図ったりすることは可能です。しかし、想定していた予算では希望のリフォームができないとなってしまうと、不本意と感じるのではないでしょうか?そういった事態を避けるためにも、どんな材料や工事が必要なのかをイメージし、それらの相場も確認しつつ予算を決めていきましょう。

 

余裕を持たせた予算を設定する

次の予算を決める際のポイントですが、想定外の工事に備えて余裕を持った予算を設定するということになります。前項では説明したように、リフォームの費用は、大まかに材料費工事費に分けられるでしょう。そして、そこには多くの費用が盛り込まれているため、どんなリフォームを行うのかを明確にして、必要な材料費や工事費をクリアにした状態で、予算を決める必要があるわけです。

ただ、材料費や工事費を予算オーバーにならないよう計算していても、時として予算を変更しなければならないことがおきます。それが想定外の工事によるものです。リフォームの計画を立てる際は、この想定外の工事が追加されることも考えて、予算に余裕を持たせると、万が一に備えられるので安心といえます。

つまりは、リフォーム費用をリフォームに使えるお金の全額で計算するのではなく、一部から予備費を作っておくわけです。そうすると追加の工事が発生しても補填できるため、不安や滞りなくリフォームを進められます。予算を決める際は余裕を持たせた金額に設定するようにしましょう。

 

それでは、その想定外の工事とは具体的に何なのでしょう。まず、想定外の工事にはポジティブなケースと、ネガティブなケースがあります。一つ一つ説明していきましょう。

まず、ポジティブな想定外の工事についてです。こちらは建築業者と相談を重ねる内に、イメージが膨らみ、工事を追加したくなるというパターンになります。この場合、改めて「どんなリフォームをしたいか」を明確にしてプランを練り直したり、予算を追加したりと、対応策はあるので、納得できる形に収まるケースがほとんどです。予算オーバーの上での追加だったとしても、きちんと検討し、納得した上で追加をしているため、不満に感じるケースも少ないとされています。こちらの場合、予備費がないことで大きな問題になるということは、あまりありません。ただ、予備費があれば、リフォームプランの練り直しや、業者との話し合いもスムーズにいくので、余裕のある計画にしておいて損はないでしょう。

問題なのが続いて紹介するネガティブな想定外の工事です。これは古い住宅をリフォームする際に、特に発生しやすいのですが、劣化している場所を補修するために、予定になかった工事を追加せざるを得ないというケースになります。

こちらの場合、劣化が激しいために給排水管の交換が必要になったり、壁の内部が傷んでいるため補修が必須であったりと、やむを得ない形で発生するので避けられません。限界の予算でプランを組んでいれば、せっかく選んだ設備をグレードダウンすることや、泣く泣く予算を追加する、なんて事態になってしまうでしょう。

プロに見てもらえれば、工事に入る前に分かるだろうと思うかもしれませんが、古い床や壁を取り壊すことで判明するケースも少なくありません。そのため、判明後に改めて見積もりを作成する業者もいれば、「追加工事が発生する恐れがある」と事前に説明して見積りを作成する業者もいて、業者によって対応が分かれることもあります。

 

予備費を作っておけば、どちらにせよ足りない費用を補填できるので、そのような事態を避けられるわけです。予備があってもオーバーしてしまったというケースでも、ダメージを出来る限りで抑えられるでしょう。割合としては7~8割を予算、2~3割を予備費にするのが一般的です。150万円を予算とする場合、120万円で工事費や材料費を計算し、30万円を予備として残すといった形です。

水回りは湿気などにより劣化することが少なくありませんから、紹介してきたようなやむを得ない工事が発覚することも多いです。特に築年数が長い古い住宅のリフォームであれば、予備費は多めに取るようにしましょう。

 

どこに予算をかけるのか優先順位を決めておく

続いてのポイントは、リフォームに当たり「大きくコストを割くのはどこなのか」を決めるということ、つまり、優先順位を決めておくというものになります。システムキッチンにハイグレードのものを選んだり、フローリングに無垢材を選んだり、こだわるポイントは人それぞれです。そして、こだわりたい場所と同じく、妥協しても良いと考えるポイントも人によって様々でしょう。そのこだわるポイントや妥協できるポイントを明確にし、優先順位を決めることで後悔のないリフォームをできるように準備しておくわけです。予算を決める際に、優先順位が不明瞭ですと、もっとこだわるべきだったと後悔したり、削れるはずだった無駄な費用を発生させたりする恐れもあるので、気を付けておきましょう。

また、優先順位がはっきりしていれば、業者から提案があった際にプランの練り直しもやりやすくなります。「システムキッチンは絶対グレードを下げたくないから、床材を変更することにしよう」、「どちらも妥協できないから予算アップができないか検討しよう」といった具合です。最終的には業者と相談の上決めることになるでしょうが、予め自分で決めておくだけで後悔のないリフォームが実現しやすくなります。限りある予算の使いどころを誤ることがないように、優先順位を決めておきましょう。

ポイントとしては、全部が良いキッチンではなく、絶対に欲しい要素が盛り込まれたキッチンを目指すということを意識してください。自分なりにイメージを膨らませてみましょう。

 

予算を決める際のポイントは以上になります。ここまで読んで適切な予算が決められそうでしょうか?それとも、まだまだ不安なことがある方もいるかもしれません。そんな方は引き続き記事を読んで、疑問を解決していってください。

現時点で、実際に建築業者に相談してみたい!見積もりをとってより分かりやすくしていきたい!と考えているならば、専門業者に相談してみましょう。予算の設定や、希望などを明確にしておくことは忘れないようにしてください。

 

リフォーム費用が大きく変わるポイントをチェック

リフォーム費用は、材料費と工事費でなっており、どんな設備や材料を使うのか、どのようなリフォームをするのかで大きく変わります。そのため、希望を明確にしておき、予算も分かりやすくしておくことが必要でしょう。しかしながら、中にはどんなことでリフォームの費用がアップするのか分からないという方も少なくないはずです。予算を決める際の参考材料として、費用がアップするポイントを紹介していきます。「まだ予算が定まっていない」という方は参考にしてはいかがでしょうか。

キッチンは形状やサイズ、グレードで金額が変わります

I型やⅡ型など、システムキッチンには様々な形状サイズがあり、素材や機能などによってグレードが変わります。そして、システムキッチンはこれらの形状やグレードによって、金額が変動するのです。そのため、安価に抑えたい!と考えている場合、安い形状やグレードを選ぶことになるでしょう。また、「ハイグレードなシステムキッチンを選んで他を妥協する」「配置は工夫するけどシステムキッチンはシンプルにする」という風にする人も少なくなく、予算の使いどころとしても重要なポイントといえます。

キッチンのレイアウトや形状などの詳細についてはこちらの記事で詳しく解説しています。費用のことよりも先にそっちが知りたい!という方はそちらをご覧ください。

キッチンの形状、サイズって?

I型はシステムキッチンの形状の中でも安価な部類です。配置がシンプルなため、施工の手間や工程が少ないことが影響しているのでしょう。次いで、Ⅱ型やコの字型という風に、どんな形状のキッチンを選ぶかで費用が変わります。作業効率に影響するため、費用だけで判断するのはもったいないですが、安価にしたい場合はやはりシンプルな形状を選ぶことになるでしょう。

そして、サイズですが、同じI型のキッチンでも180㎝~300cmと横幅が違い、それによっても価格が変動します。一般的にサイズの小さいものの方が安価で、コンパクトキッチンミニキッチンと呼ばれるようなサイズのものを選べば、より費用を抑えられるでしょう。ただ、コンパクトキッチンの類は単身者やセカンドキッチンとしての用途が一般的ですから、家族で使用するキッチンには向かないといえます。その点は注意です。

システムキッチンのグレードはどこで変わる?

次にグレードについてですが、デザイン性標準仕様の設備カスタマイズ性などによって、グレードが変わります。そして、高いグレードのものになると、価格もアップするというわけです。予算を削ろうと考えた時には低価格帯にあるグレードのキッチンを選ぶのも選択肢の一つになるでしょう。

例えば、メーカーの一つであるリクシルでは、シエラやアレスタ、リシェルなど、様々な価格帯のシステムキッチンを扱っていますが、最高グレードであるリシェルは最低価格でも805,000円低価格帯に位置するシエラは最低価格で500,000円と、最低価格を比較するだけでもかなり違います。高いから良い、安いから満足できないというわけではありませんが、費用を大きく左右する部分ですので、きちんと考えておくべきポイントになります。

他にも、高価な素材が使われていたり、食洗機をつけたり、収納を増やしたりと、キッチンのグレードを変動させる要素は色々とあります。どのグレードの設備を選ぶかは、費用や機能性など様々な要素から考えていく必要があるでしょう。

ただ、メーカーによっては、水栓金具や食洗機などの設備はオプションという形で追加したり、変更したりということを可能にしているところもあります。つまり、安価なグレードを選びつつ、オプションで欲しい機能だけを追加するという風に、一部だけにコストを割くということもできるのです。もちろん、ハイグレードなものにオプションを追加して、よりこだわりを強くしたキッチンにするということも可能でしょう。予算と相談して、こだわりを実現するのもおすすめです。

価格やデザイン性、機能性など、何を重視するかは人それぞれでしょう。そして、その色々な要素がシステムキッチンの価格を左右します。システムキッチンはリフォームの費用に直結するので、システムキッチンを選ぶときには、予算に応じて色んな要素を取捨選択するようにしてください。

 

場所移動が伴うと費用がアップ

リフォームにあたり、「壁付けから憧れのアイランド型に変更したい!」、「キッチンのレイアウトをガラリと変えたい」という風に、今現在の場所からキッチンを移動させたいと考える方もいるはずです。

このようなリフォームを行う場合、給排水管やレンジフードを延長させたり移動させたりする必要が出てきます。つまり、工事が発生するということです。また、キッチンの場所を移動させるということは、床や壁を大きく解体したり、フロア全体を解体することになったりする可能性もあります。そのため壁や床などの補修をする必要性も出てくるでしょう。

上記のように工事が発生すれば、それに応じて工事費や材料費を増加させることになります。つまり、リフォーム費用が高額になるのです。新しいキッチンに交換するだけとでは大きく費用が変わるでしょう。そのため、「今回のリフォームではキッチンの移動が必須!」という風に強いこだわりを持っている場合は、キッチンのグレードや、リフォームに使用する素材など、他の要素との兼ね合いに気を付けておきましょう。移動させた結果、予算オーバーにならないかなどにも注意です。

ちなみに、場所の移動を伴うリフォームを行う場合、部屋の広さや、使用する床材、設置するキッチンのグレードなどによっても変わってきますが、最低でも150万円の予算は必要になるでしょう。また、珍しい形でのリフォームではありますが、1階から2階へキッチンを移動させたり、2階にキッチンを増設させたりするようなリフォームの場合はより高額になると考えられます。

 

使用する素材でも大きく変動

システムキッチンに使用されている素材はメーカーや製品によって様々です。ホーローやステンレス、人工大理石など、非常にバリエーション豊かでしょう。また、床や壁など、部屋を彩る素材も見逃せません。タイルやフローリング材など、好みによってカスタマイズすることになるでしょう。

そして、どの素材を選ぶかということが、材料費に影響してくるポイントになります。それは素材ごとに価格差があるためです。つまり、安価な素材でリフォームを行えば、リフォーム費用も安く抑えられますし、高価な素材を選べばその分総額が大きくなることになります。

例えば、システムキッチンに使われる素材で特に安価と言われているのはステンレスです。標準仕様になっていることも珍しくありません。そのため、価格の安さを重視するならば、ステンレスを使ったシステムキッチンを選ぶ可能性が大きいでしょう。

ちなみに、ステンレス製のキッチンは、掃除もしやすく傷も目立ちにくい上に耐久性なども十分なので、機能性も抜群といえます。つまり、安価だからといって決して悪い素材ではありません。(ステンレスを使用して安くなるのはワークトップだけの場合です。収納部など全部をステンレス製にした場合は割高になることも少なくないので注意してください。)

 

ただ、デザイン性を重視する人からすると、シンプルなステンレスが物足りないと感じることも少なくありません。そのため、そのような方はホーローや天然石といった、おしゃれさを感じられる素材を選ぶことになると思いますが、これらの素材が使われているキッチンは高額になること多いのです。素材に対してこだわりがあるならば、そこへコストを割くことが必要になることも少なくないでしょう。

しかしながら、メーカーの中には、特定の素材を使っていることを売りにしているところも存在しています。そのため、使いたい素材が決まっているならば、その中から安価なシステムキッチンをピックアップするという風に、費用を抑える工夫もできるでしょう。

 

また、床や壁なども同様に、どんな素材を使うかで価格が変わります。例えば、フローリングは多くの人が選ぶ床材ですが、天然素材を使用していることもあって高価な部類です。また、部分的な張替も難しいため、張替の範囲が広くなりがちで工事費がかさむ傾向にあるでしょう。※単層フローリングを選んだ場合

そして、上記のフローリングに対して、安価にできる床材がクッションフロアです。材料費だけでなく、工事費が抑えられるというのも特徴になります。それは重ね張りという、現在の床の上に貼る形での施工が可能なためです。コストを抑えたい人には選ばれることの多い床材でしょう。

このように一口に床材といっても、高価なもの、安価なものと分かれています。システムキッチンの素材と同じく、費用を変動させる要素になるのです。また、説明は省略しますが、壁も同様に素材によって費用が変わります。

 

リフォームでは、どこに、どの素材を選ぶかで費用が変わってきます。どの素材にもメリットデメリットがありますから、一概にどの素材を選ぶことが正解と言い切ることはできません。当然ながら安価であればそれを選べばいいというものでもないでしょう。大事なのはキッチンに何を求めるのか、そして、どこにコストを割くのかということです。費用やデザイン、機能性など、様々な要素から検討していってください。

 

 

以上が、リフォームの費用を大きく変えるポイントです。予算を決める時には、上記のことを考えながら、どれを優先したいのか考えてみるといいでしょう。特にシステムキッチンの形状やグレードは、メーカーごとに千差万別のため、工夫次第で機能面やデザイン面への希望をかなえながら、安価に購入できることもあります。リフォーム費用の総額を変動させる要素なので、ぜひとも注意しておきましょう。

 

材料費や工事費以外に必要になる費用って?

リフォーム費用の内訳は、システムキッチンや床材などを準備するための材料費と、それらを設置するための工事費となっています。業者から何に対してどれだけの費用が発生しているかという見積もりが渡されるので、きちんと打ち合わせを重ねれば、予め決めておいた金額から大きくオーバーしたままリフォームが進められるようなことは稀です。

ただ、実際にリフォームをするとなると、それらとはまた違う費用が発生するでしょう。そのため、材料費や工事費だけで予算を立てていた場合、当然それ以上のお金を使うことになります。リフォーム費用の予算を考える際は、そちらについても考えておくと想定以上のお金を使ってしまったということが起きにくくなります。

それでは、材料費や工事費、予備費などの費用を除くと、リフォームに当たってどんな費用が必要になるのでしょうか?具体的な内容と、目安の金額を紹介していきますので、費用を計算する際の参考に役立ててください。

1.ローンの諸費用
リフォームをするに当たって、住宅ローンやリフォームローンを利用するという方も少なくないでしょう。実はそれらのローンを申請する際には、審査の申請や借入の際に、印紙代や事務手数料などの費用が発生することがあります。利用するローンによっては、それらを無料としているところもありますが、全ての住宅ローンやリフォームローンが同じ条件というわけではないので、ローンの利用にあたって、どれくらいの金額を払うことになるか確認しておくと安心です。

2.手続きの代行やその手続きに必要な費用


増築を伴うリフォームなど、リフォームの規模によっては手続きが必要になるケースもあります。手続き自体は業者に任せるなどのことも可能ですが、その際に手続き費用が必要となるのです。他にも契約書類に必要な印紙代や、不動産取得税が必要になるなど、リフォームにあたっての手続きで費用が発生することは少なくありません。行う予定のリフォームには何か手続きが必要でないか?手数料や税金を必要とする手続きではないか?などを確認して、想定外のお金を発生させないようにしておきましょう。

3.仮住まいの家賃やトランクルームのレンタル料
リフォームを行う間、どう生活するのかということを考えている方もいるのではないでしょうか。一時的に住まいを変える場合は、短期契約が可能なマンションを借りたり、ホテルに泊まったりなどの対処が必要になります。特に仮住まいを使わず、そのままリフォーム中の家に住み続ける場合でも、一部の荷物やインテリアをトランクルームに預けるなど、対応しなければならないこともあるでしょう。

上記のように方法は様々ですが、それらを借りる場合、なんにせよレンタル料や賃料というものが発生します。また、マンションを借りる場合は、入居時や退去時に、管理費や清掃費、契約費などの諸費用がかかるところもあるでしょう。それらの金額がどうなっているか、予め確認しておくことが重要です。また、地域や借りる期間、物件の条件などでも、大きく料金が変わります。調べる際は注意しておきましょう。

しかしながら、キッチンのワンフロアだけをリフォームしたり、キッチンの交換を行うだけだったりと、部分的なリフォームで終わる場合は、当然利用しないということもあるので、必ずしも重要というわけではありません。とにかく、その予定がある方はしっかり確認しておいてください。

4.仮住まいやトランクルームへの引っ越し代や運送費

上記に続いて必要なのが、仮住まいへ引っ越す費用や、トランクルームへの運送費などです。
ただ、これらの費用は、引っ越しシーズンなどの繁忙期と重なると、高くなる傾向にあり、想定外の出費になることも珍しくありません。金額の確認は特に気を付けておきましょう。

例えば、引っ越し料金は、6万円~9万円が家族で引っ越しする時の相場ですが、あくまで依頼の殺到していない通常期での話です。繁忙期の場合は、20万円近く必要になることも珍しくないため、リフォームの予算とは別に計算しておきましょう。

5.不用品処分費
リフォームは古いもの処分するチャンスです。キッチンを圧迫していた古いインテリアを処分しようと考える方は少なからずいるでしょう。しかしながら、不用品の処分には費用がかかってしまうものです。

回収業者を利用すれば、基本料金や一点あたりいくら、何センチ以上のものは割増という風に料金が発生したり変わったりするので、物が多い、回収してもらうもののサイズが大きいなどがあれば、必要な金額が大きくなってきます。

お金の代わりに手間をかけて行政による処分を利用しても、安くはなりますが、お金がかかる点は避けられません。どちらを利用するにせよ、物が多くなればその分費用も上がるので、確認しておくと安心です。

6.近隣住民への挨拶で渡す手土産や職人さんへのお茶菓子代


リフォームをする際は、騒音が発生するものですから、近隣住民への挨拶をするという方も少なくないでしょう。また、リフォーム中に職人さんへ飲み物やお茶菓子を出すという方もいるかもしれません。これらも材料費や工事費などとは違う、リフォームに当たって発生する費用の一つです。

ただ、こういったものは所謂マナーの一つであり、地域によってはやらない方もいるため、絶対に発生する費用というわけでもありません。しかしながら、手土産の金額は500円から1000円程度が一般的で、近所付き合いが密な場合は挨拶に回る件数も増え、それなりの金額になることも考えられます。前述している引っ越し代や不用品の処分費とは違って、大金ではないものの不安な方は計算しておくといいでしょう。

7.家具や家電といったインテリアの購入費用

リフォームをきっかけに、家電や家具などキッチンに置くインテリアを一新しようと考える人は少なくありません。特にデザイン性を重視したキッチンにリフォームする方は、照明やテーブルなどをこだわって選ぼうと考えているのではないでしょうか?

そんな方はインテリアを変更する際に必要な費用も計算しておくと安心です。リフォームにコストを割きすぎて、予定していたインテリアの購入が先延ばしに!なんてことが起きぬよう、しっかり検討しておきましょう。もちろん、今までと同じインテリアで良いと考えている方にとっては、全く必要のない費用といえます。人によって重要度が大きく変わる費用になりそうです。

 

材料費などのリフォームの費用とは別に発生するお金は以上になります。人によっては必要なもの、不要なものがあるため、絶対に計算に加えるべきというわけでもありません。どんな費用が必要で、予算にどのくらい影響が出てくるかなど、計算する際の参考に役立てるといいでしょう。

キッチンのリフォームにかかる期間はどのくらい?

リフォームに当たって、費用の次に気になることといえば、工期はどのくらいなのかということでしょう。

工期が長くなれば、工事費はもちろん、前項で紹介したような仮住まいの賃料などもかさみます。予算を計算する上でこれは見逃せないでしょう。また、期間が分かると仮住まいを使うか使わないかなども判断できますし、近所付き合いなどがあれば、リフォームの期間を伝える必要もでてきます。このように工期はリフォームの計画を立てる上で非常に重要です。

例えば、元々あったキッチンを撤去して、新しいキッチンを設置するような簡単なリフォームの場合は工期が短い傾向にあります。床の張替などの大工仕事を行わず、レイアウトの変更も伴わないことが影響しているでしょう。そして、この内容のリフォームの場合、最短で2日3~4日の工期が平均と言われています。キッチンを交換するだけでなく、収納ラックを追加するなど、工程が増える場合はもう少し日数が必要になることも考えられるでしょう。とはいえ、最長でも1週間なので、不安な方は1週間を目安に計画を立てるのをおすすめします。

 

対して、「壁付けで配置していたI型のシステムキッチンを、アイランドキッチンに変更したい」、「設置するキッチンに合わせてフロア全体のコーディネートも変えたい」という風に、場所移動が必要になったりフロア全体のリフォームを行ったりすると、作業工程が多くなるため工期が伸びます

例えば、床の張替などでも、範囲が広がる分、2日かけて作業を行うということも珍しくありません。このような大幅な変更を行うリフォームの場合、平均で2週間の工期、より大がかりになる場合は一か月もかかることが考えられるので、リフォームの計画を立てる際は注意しておきましょう。

しかしながら、具体的な工期は、実際にリフォームを行う建築業者に確認するのが一番です。これは、業者によって作業スピードが変わったり、追加工事の影響で延びたりして、業者ごとの差があることが理由になります。そのためはっきりとした工期を知りたい場合は、見積もりをとるついでに、その業者なりの目安だけでも確認するようにすると安心でしょう。

 

完了まで2か月以上の期間を想定してスタートするのがおすすめ
リフォームの計画を立てる際は、「〇月までにリフォームしたかったのに!」と慌てることがないように、余裕を持った状態で計画を立てるようにしてください。目安としては、現地調査の手配や比較検討なども考えると、施工完了までは2か月程度を想定しておくと、余裕があるでしょう。例えば、8月までにリフォームを完了させたいと考える場合は、6月からリフォーム会社の比較検討を進めると安心です。

 

ぴったりのキッチンはどれ?好みに合わせたおすすめを紹介

シンプルが一番であったり、おしゃれさを追求したり、家族とコミュニケーションがとれるものを求めていたりと、理想的なキッチンは人によって違うものです。そして、リフォームするからには、やはり理想的なキッチンを実現したいでしょう。この項目では、それぞれにおすすめのキッチンを紹介していきます。リフォームのプランニングをする際の参考にしてはいかがでしょうか。

おしゃれな空間にしたい!デザイン性重視の人へのおすすめは?

どういったものを「おしゃれ!」と感じるかは人それぞれではあるものの、デザイン性を重視している方の場合、これだ!と思う素材やカラーがあるのではないでしょうか?白や黒などのシンプルでまとまりやすいカラーを好む人もいれば、青や赤などのコーディネートを楽しめるカラーが好きという人もいるでしょう。それではそんなデザイン性にこだわりたい方におすすめなキッチンはどれでしょうか?好みに合わせてピックアップしてみました。

カラーにこだわりたい人にはタカラスタンダードのエマージュ

(画像引用:タカラスタンダード公式HPより http://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/emage/ )

自分好みの色が選べるように、カラーバリエーションが豊富にあるものが良いと考える人への
おすすめは、ホーローのシステムキッチンをいくつも手掛けるタカラスタンダードエマージュです。

エマージュもタカラスタンダードの数あるホーロー製のシステムキッチンの一つですが、選べるカラーが全部で17色と非常にカラーバリエーションが豊富です。ホワイトや木目調などのシンプル系から、ペールグリーンやシルキーオレンジなどの個性的なカラーまで、好みに合わせて選べます。

好みのカラーがないという人は、同じくタカラスタンダードのシステムキッチンで、似たような仕様のリテラもチェックするといいかもしれません。

(画像引用:タカラスタンダード公式HPより http://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/ritela/ )

また、ホーローは傷や汚れがつきにくく、キレイな状態を保ちやすい素材です。口コミサイトでも、長年使っているのに全く汚れもなく、色あせることもなくて嬉しいという評価が多数あります。そのため、長く使えるキッチンが良いと考える方にもおすすめでしょう。こまめに掃除しても薄汚れてしまうと悩んでいた方は、エマージュのようなホーローキッチンを候補に入れてはいかがでしょうか。

他にはない個性を求める方におすすめ!トクラスのドルチェX

 ハイバックアイランドラウンドタイプ

(画像引用:トクラス公式HPより https://www.toclas.co.jp/kitchen/dolce-x/)

キッチンのデザインにこだわる理由はなんでしょうか?フロア全体に統一感を持たせたいから、おしゃれかつ個性的に見せたいから、色々あると思います。もし、個性的でおしゃれなキッチンにリフォームしたいと考えているならば、トクラスが手掛けるドルチェXがおすすめです。

壁につけない形で設置するアイランドや、片面だけ壁につけるペニンシュラでの配置することを想定して作られているキッチンで、オープンキッチンでの設置を考えている人の考える理想が追求されています。

形状はハイバックアイランドラウンドタイプの二つです。ハイバックアイランドは名前の通り、背面が少し高めに作られており、手元を隠してスッキリとした印象を与えられます。そして、ラウンドタイプは丸みを帯びたフォルムでさらに個性的です。大人数での調理にも対応できるので、機能面でも魅力があります。どちらを選んでもキッチンを素敵に彩ってくれるでしょう。

収納にこだわりたい!好みに合わせておすすめを紹介
キッチンの機能性というと、水栓やコンロなどの設備に目を向けられがちですが、中には収納力が気になるという方もいるはずです。収納は、整理整頓により作業効率が上がったり、キッチン内がキレイに保てるので心地よく過ごせたりと、生活の質にも影響を与えます。

今の収納が適していると感じるかは人それぞれです。時には、今の収納では上手く整理整頓できない、特に使わない無駄な収納ができてしまっているという風に、収納をきっかけにリフォームを考える人も少なくありません。そこで、今回は収納という機能性に絞っておすすめのキッチンを考えてみました。

収納力の高さが魅力のシステムキッチンはクリナップのステディア

まずは収納力の高さからおすすめのシステムキッチンを紹介していきます。キッチンが整理整頓されていないと、作業の邪魔になったり、ごちゃごちゃして見えたりと、気持ち的にもマイナスな部分が大きいです。それを解決するには収納力の高いシステムキッチン活かすことが必要でしょう。

それでは具体的に収納力の高いキッチンとはどんなものなのでしょうか?それは、クリナップステディアです。

(画像引用:クリナップ公式HPより https://cleanup.jp/kitchen/stedia/)

ステディアは2018年9月から販売されている製品で、比較的新しい部類になります。ステディアの販売に伴い、廃盤になったクリンレディの後継品ともいわれており、ところどころに変更を加えてパワーアップした印象を受けるでしょう。

それではステディアにはどんな収納が搭載されているのか説明していきます。ステディアの一つ目の特徴はスライド式で大容量の収納です。とはいえ、容量の多い収納というだけでは、他のシステムキッチンとあまり変わりません。ステディアの収納が魅力的なのは、ただ大容量なわけではなく、オールスライドというところです。奥にしまったものも簡単に取り出せるので、大容量を活かしつつ快適に使えます。一度しまったら取り出すのが億劫で使わなくなったということが起こらないのです。また、収納内には、ツールポケットがあるため、よく使うものと、それ以外とを分けるのも簡単です。より作業を効率的にしてくれることでしょう。

もう一つの特徴が吊戸棚タイプの収納です。吊戸棚タイプは届きにくくて使わなくなるという経験がある人もいるかもしれませんが、ステディアの吊戸棚はワンタッチで上下でき、使わない時はキャビネットに納めるということができます。そのため、たっぷり物を収納しつつ、見た目はすっきりと整えられるのです。無駄な収納ができないので、うれしいと感じる人が多いのではないでしょうか。

ちなみにステディアの収納はステンレス製のため、カビやにおい、害虫の発生が抑えられます。衛生面も気にしておきたい人にはよりおすすめといえるでしょう。

このようにステディアには収納性に優れたポイントが豊富にあるため、収納力の高いキッチンを求める人にはぴったりです。また、オプションを盛り込むことで、その収納性を更にアップさせることができます。とはいえ、盛り込みすぎても使い方によっては無駄になることもあるため、自分なりの調整を加えるのがポイントでしょう。オプションを選ぶ際に、実際に収納したところをイメージすると安心です。

今より収納を少なくしたい人はオリジナルキッチンも視野に入れてみる

たくさんの収納を活用して整理整頓を行う方もいれば、収納があると、「とりあえず片付けておく」ということをしてしまって、家にモノが多くなってしまうと考える人もいるようです。そのため、リフォームにあたって、あえて収納を減らす人も少なくありません。

断捨離やミニマリストといったワードが流行っている昨今、収納を少なくするのは決して悪いことではないでしょう。それでは収納が少ないと良いと考えている人にはどんなキッチンがおすすめなのでしょうか?

まず、収納を減らしたい場合は、カスタマイズするという方向で工夫することになるでしょう。例えば、収納をシステムキッチンの標準装備だけでまかなうことにして、オプションによる食品庫や吊戸棚を設置しない形です。

そして、もう一つはオーダーメイドでオリジナルのキッチンを設計してもらうという方法になります。システムキッチンの場合、ある程度の収納が標準的についていますが、オーダーメイドのキッチンであれば、多くするのも少なくするのも自由です。とことん削るもよし、一部分にだけ収納を設けるもよし、まさに理想を実現できます。既製品を組み立てるシステムキッチンと比べると費用は高くなりがちですが、こだわりがあるならば、選択肢の一つに選んでみてはいかがでしょうか。

掃除のしやすさを重視する人におすすめのキッチン
ワークトップやレンジフード、シンクなど、キッチンには汚れやすいところがいっぱいです。そのため、掃除のしやすさを重視する方もいるでしょう。キレイなキッチンが保てれば、料理が楽しくなるのも嬉しいポイントです。「掃除のしやすさ」という観点でおすすめのキッチンを紹介しますので、理想的なキッチンの実現に役立ててください。

水回りのプロならでは魅力!TOTOのザ・クラッソ

(画像引用:TOTO公式HPより https://jp.toto.com/products/kitchen/crasso/ )

TOTOといえばトイレやお風呂という印象が強い方も多いでしょうが、実はキッチンも販売しています。そして、水回り製品のプロであるTOTOだからこそ、清掃性の高いシステムキッチンを実現できるのでしょう。そんなTOTOが誇る清掃性の高いシステムキッチンが、ザ・クラッソです。

ザ・クラッソの最大の特徴はきれい除菌水。除菌成分の次亜塩素酸が含まれた水により、食器やふきんを清潔に保てます。また、次亜塩素酸は、塩化物イオンが電気分解されると生成される除菌成分のため、薬剤や洗剤などは含まれていません。さらに時間が経つと水に戻るという成分のため、環境や人体にも優しいのです。長年水回りの製品を作り上げてきたTOTOらしい発想といえます。

他にもゴミや野菜くずなどを流しやすいスクエアすべり台シンクや、広い範囲で吐水でき、センサーで水の出し止めができるタッチスイッチ水ほうき水栓LF、オプションではありますが傷がつきにくくサッとお掃除できるワークトップのクリスタルカウンターなど、キッチンをキレイに保てる機能が豊富に盛り込まれています。個性的ではないものの全体に調和しやすいデザインや、優れた収納力など、清掃性以外の魅力も十分なので選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

キッチンは、コンロをIHに変更したり、ワークトップを人工大理石にしたりと、カスタマイズ次第でも清掃性を上げることはできます。そのため、こういったシステムキッチンを選ばずとも、掃除のしやすいキッチンに仕上げることは可能です。ただ、ザ・クラッソのように、独自の機能により、それ以上の清掃性を実現したキッチンがあるのも事実でしょう。そして、そういったキッチンは、オプションにより更に性能を上げることができればもっと魅力的になります。どこまで費用をかけられるかにもよりますが、とことんこだわってみるというのもおすすめです。

それぞれの好みに合わせたおすすめのキッチンは以上になります。キッチンに対するこだわりは人それぞれで違いますから、一概にこれがベスト!と言い切ることはできません。口コミサイトなどを確認して情報収集したり、実際にショールームで確認したりすると、好みに当てはまるキッチンが見つけられるでしょう。そして、「収納を少なくしたい」などのように実現が難しいこだわりであれば、オーダーメイドを選択肢に入れるのもおすすめです。予算と合わせて考えながら理想のキッチンを実現しましょう。

 

後悔のないリフォームをするための注意点

せっかくリフォームするのですから、理想的なリフォームを実現したいものです。余計な機能をつけたために無駄な費用が発生して後悔したり、反対にコストを削ることを重視したあまりに欲しい機能を諦めたりと、後悔が残るような結果は避けたいでしょう。この項目では、そのようなこと避けるために、どのような点に注意すれば理想的なリフォームが行えるのかを解説していきます。

業者との打ち合わせは入念に!口約束もNGです

予算の擦り合わせや、こだわりの実現など、リフォームにおいて業者との打ち合わせは重要です。そして、打ち合わせを一回しただけで、リフォームに移るということは稀です。何度か打ち合わせを繰り返して工事に入るのが一般的でしょう。それは相談する内に新たに希望が出てきたり、予算との兼ね合いが関係したりといったことが理由になります。

実際、最初の見積もりを依頼した時点で、自分の中での考えがまとまっていても、見積もりを見たり、業者からの提案を受けたりすることで、新たな考えが生まれることは珍しくありません。一回の見積もりで納得できるということも稀ですし、焦って工事に入っても後悔する恐れもあります

打ち合わせには十分な期間を設け、納得できるまで話し合えるようにしておくのが理想でしょう。そのため、リフォーム業者も細かい説明を嫌がらず、とことん相談に応じてくれるところを選ぶと安心です。

また、追加工事が発生した時などは、きちんと見積もりや説明をもらうようにしましょう。リフォームにおいて、基本的に口約束で話を進めるのはNGといえます。というのも、万が一トラブルに発展すると、言った言わないになってしまい、話し合いが滞ってしまうことも考えられるためです。

良いリフォームのためには自身が納得できることが大切といえます。見積もりや工事内容などに違和感を覚えた時は、きちんと質問して疑問を解消するようにしておくと、安心してリフォームを任せられるでしょう。

コストダウン重視は後悔の元!時には予算に+することも検討しましょう

とにかく費用を抑えられたらいい!と考えている方の場合は別ですが、ある程度理想がある方の場合は、安いか高いかで悩んだ時に、「あと少し」の費用をプラスする勇気も必要です。もちろん、むやみやたらと費用をかけては予算オーバーの元ですが、強烈に欲しいと思ったものにはコストを割いてみるというのも良いでしょう。

例えば、予算の150万円でプランを組み切った状況で、あと10万円プラスしてグレードを上げると理想的なリフォームになるかも…という考えたとき、どうしますか?予備費を準備していない、あるいは使い切っているという状況であれば、悩んでしまうのは当然です。ただ、悩むということは、それだけ魅力を感じているともいえます。上記は決して安い金額ではないものの、ここで妥協してしまうと完成してから後悔することになるかもしれません。後々「やっぱりいらなかった」となることもありえるので、無条件に追加すべき!というわけではありませんが、本当に不要なのか見極めることも大切でしょう。

とにかく大切なのは、後悔を残さないようにすることです。リフォームは頻繁にできることではないのですぐに修正ができません。コストダウンを重視するあまり、魅力的な要素を削ったり、反対に無駄なものを追加してしまったりと、後悔しないように気を付けましょう。価格と希望のバランスを見極めるのは難しいですが、理想的なリフォームをするためにも、時には予算に+することも検討してみてはいかがでしょうか。

システムキッチンは写真だけじゃなく実物もチェック

カタログやホームページの写真を眺めていると、つい「コレだ!」と決めてしまうかもしれません。大抵価格も表示されているため、予算を計算する上でもあまり困らないとも思うでしょう。しかしながら、システムキッチンを選ぶ際は、やはりショールームなどで実物を確認することをおすすめします。

というのも、収納部の動かしやすさや使いやすさ、実際に立ってみた時の感覚など、色々な使用感は実物を触ってみて確認するのが一番だからです。見た目や説明だけで選んでしまうと、後々一部の機能が無用の長物に感じられたり、必要な機能が足りないと思ったりすることも少なくありません。予算との相談はバッチリでも、イメージと実際に使った時とで乖離があれば残念な結果となります。きちんと実物をチェックして、納得できるものを選んでおきましょう。

キッチンの高さはどう決めればいい?

実物を見て確認しておきたいキッチンの要素といえば、キッチンの高さでしょう。キッチンの使いやすさを左右する点で特に重要といえます。使用者に合っていない高さのキッチンを使うと、腰などに負担がかかり、使い勝手の悪さを感じるようになるからです。キッチンは料理する頻度が高い人が使いやすいものを選ぶようにしましょう。

それでは、その「キッチンの高さ」はどのように決めればいいのでしょうか?

その人にマッチするキッチンの高さは、一般的に「身長/2+5㎝」で計算できるとされています。

160㎝の人であれば、160÷2+5=85となり85cm、150cmの人であれば、150÷2+5=80となり80cmが適正なキッチンと判断できるわけです。これは、各メーカーも提唱していることです。JIS規格でも、ある程度体格に合ったものが選べるように、キッチンを作る際は、80cm、85cm、90cm、95cmの4種類の高さにするよう規定されています。

オーダーメイドであれば、自分好みで決められますし、システムキッチンでもいくつかのパターンから自分に合ったものを選ぶことが可能です。ぜひ、自分に合った高さのキッチンを選んでください。

理想的なリフォームをするためには予算と希望を明確にすることが重要です

今回の記事ではキッチンのリフォームを検討している方に向けて、役立つ情報として以下のことをまとめてきました。
・相場や金額がアップするポイントなど、リフォームの費用についての詳細
・リフォームの内容別に工期の目安
・後悔しないリフォームのための注意点
どんなリフォームが、理想的ややってよかったという風に思えるかどうかは人によって違います。しかし、どんな完成形が理想にしても、注意すべき点や費用に関することなど、必要な情報は共通しているのです。システムキッチンがベストと思うものにする、大幅な予算オーバーは避けるなど、ごく当たり前のことと思うかもしれませんが、それを実現するだけで理想に近づけるでしょう。今回の記事でまとめた情報を役立てて、理想的なキッチンを目指してみてはいかがでしょうか。

>> お見積り無料で安心の水の生活救急車にご相談 <<


全国の幅広いエリアで水のトラブル出張業者が全国の幅広いエリアで水のお困りごとやご相談を承っております。現地でのお見積り・ご相談は一切無料(点検作業を伴う見積もりは有料)です。緊急のトラブルでも専用の受付窓口で対応しております。ご予約の際はご都合の良いお時間をお知らせください。休日・祝日、昼夜問わず受付中です。出張業者を初めてご利用になられる、という場合でも心配ありません。コールセンターのオペレーターが優しく丁寧にご要望をお聞きいたします。いつ、どの場所で、どのようなご依頼をされたいのか、しっかりと確認いたします。安心して信頼できる業者に任せたい、いますぐ何とかしたい、料金の見積もりを取りたいなどお問い合わせはいつでもお気軽にお電話ください。

料金一覧表

トイレ詰まり

サービス内容作業料金
専用器具使用(高圧ポンプ/ローポンプ)¥20,000
専用器具 / ハイスパット使用¥20,000
便器脱着作業¥20,000

配管詰まり・洗浄

サービス内容作業料金
トーラー機使用(3mまで)¥30,000
トーラー機使用時追加費用(3m超1m当たり)¥ 3,000
高圧洗浄機使用(3mまで)¥50,000
高圧洗浄機使用時追加費用(3m超1m当たり)¥ 3,000

トイレの水漏れ

サービス内容作業料金
調整作業等・パッキン交換等¥10,000
タンク内部品交換(タンク脱着無し)¥10,000
タンク内部品交換(タンク脱着有り)¥30,000
追加修理作業(上記作業に追加して1ヶ所あたり)現場お見積り

シャワートイレ

サービス内容作業料金
シャワートイレ交換(当社にて購入)¥15,000
シャワートイレ交換(当社以外/お客様にて購入)¥15,000
洋便器・タンク交換各¥20,000
取り外し品処分費別途見積り

配管詰まり・洗浄

サービス内容作業料金
トーラー機使用(3mまで)¥30,000
トーラー機使用時追加費用(3m超1m当たり)¥3,000
高圧洗浄機使用(3mまで)¥50,000
高圧洗浄機使用時追加費用(3m超1m当たり)¥3,000

水漏修理・蛇口交換

サービス内容作業料金
調整作業等¥8,000
パッキン・スピンドル・スパウト等部品交換¥10,000
単水栓(壁付 / デッキ式)交換¥12,000
分岐水栓取付(食洗機・浄水器等)別途見積り
混合水栓(壁付 / デッキ式 / ワンホール)¥15,000

台所・浴室・その他

サービス内容作業料金
シャワーホース交換¥10,000
排水栓交換 / 排水ホース交換¥20,000
洗面トラップ交換¥20,000
フレキ管交換¥10,000
漏水調査現場お見積り
洗面化粧台交換工事 / 化粧鏡交換現場お見積り

上記料金は標準価格(税抜)であり、トラブル状況によって作業内容が異なる場合があるため、最終価格は作業前のお見積り価格となります。
※サービス料金=作業料金+材料費+(追加作業費)+(時間外料金)

※時間外料金
夜間早朝料金(20:00~7:59までの受付) 8,000円(税抜)

※掲載価格はいずれも税抜金額となっております。

トイレつまり・水漏れなどの緊急性の高い水のトラブルに緊急出勤し、あなたの町の水のトラブルを解決します。
その他、キッチン・お風呂・洗面所などの水漏れ修理や水道修理、トイレの取付・交換など、幅広いサービスを行いますので、水のトラブルでお困りの際は、ジャパンベストレスキューシステム株式会社の水の生活救急車にご相談ください。

社名 ジャパンベストレスキューシステム株式会社
設立 平成9年2月
本社 名古屋市中区錦1-10-20 アーバンネット伏見ビル5F
従業員数 [連結] 217名
 [単体] 181名
 (平成30年9月30日現在)
上場市場 東京証券取引所第一部
 名古屋証券取引所第一部
(証券コード:2453)
資本金 7億8,036万円
 (平成30年9月30日現在)
発行済株式 34,688,000株
 (平成30年9月30日現在)
役員
代表取締役
榊原 暢宏
取締役
若月 光博
取締役(社外)
白石 徳生
取締役(社外)
岩村 豊正
取締役(社外)
須藤 裕昭
常勤監査役
澤田 正勝
監査役(社外)
吉岡 徹郎
監査役(社外)
小菅 豊清
監査役(社外)
森島 康雄
(平成30年12月20日現在)
JBRグループ
事業内容
・365日対応の総合生活トラブル解決サービス「生活救急車」を全国展開
・カギ、水まわり、ガラス、パソコンのトラブルサービスなど様々なお困りごとに対応
・提携法人に代わってコールセンターの運営から出動までを代行する「企業提携事業」を展開
・トラブルに備えたサポート会員制度も各種展開
JBRグループ
主要取引先
各種不動産関連会社、大手損保保険会社、各種住宅メーカー、大手ハウスメーカーなど(順不同)

全国の幅広いエリアで水のトラブルはお任せください

トイレに紙や物を落として詰まらせたり、本体のぐらつきや水の勢いが弱くなった、シンクの水が漏れたり、排水口から水が流れない、お風呂、洗面所の蛇口から水が出ない、ポタポタ漏れて気になる、シャワートイレ・ウォシュレットの交換や排水管の洗浄を依頼したいなど、水回りのお困りごとなら年中無休でフリーダイヤル通話料無料で受付しております。

家/住まいの水トラブル

住宅タイプ
戸建 新築 二世帯住宅 マンション 賃貸マンション 中古マンション 分譲マンション アパート 賃貸アパート 借家 長屋 公営住宅 県営住宅 市営住宅 UR都市機構 団地 社宅 寮 仮設住宅
場所
トイレ 便所 水洗式便所 汲み取り便所 ボットン便所 公衆便所 お手洗い 洗面所 浴室 お風呂場 脱衣所 バスルーム ユニットバス システムバス サニタリー キッチン 台所 天井 床下 上の階 2階 壁 フロア フローリング 地下室
箇所
水洗トイレ 節水型トイレ スリムトイレ タンクレストイレ エコトイレ システムトイレ バリアフリートイレ 便器 大便器 腰掛式便器 小便器 女性用小便器 幼児用小便器 壁式小便器 洋式便器 和式便器 和風便器 床置き型便器 壁掛け便器 縦長便器 ストール便器 サニスタンド便器 低リップ型便器 筒型便器 省スペース型便器 節水式 トイレタンク マルチボールタップ 温水便座 ウォシュレット シャワートイレ 洗面台 洗面ボウル 洗面器 化粧台 ドレッサー シンク ステンレス 流し台 システムキッチン 食器洗い機 バスタブ 浴槽 風呂桶 噴流式泡風呂 ジェットスパ ジャグジー 折り戸 洗濯機 乾燥機 浄水器 シャワー シャワーホース シャワーヘッド ノズル 蛇口 レバー ハンドル 赤外線センサー式 カラン 混合栓 バルブ パッキン タップ ホース チューブ パイプ ドレーン ジョイント スパウト ナット オーリング ポンプ ウォーターポンプ スプリンクラー 散水栓 止水栓 分岐水栓 水抜き栓 水道管 銅管 S字管 排水管 排水溝 下水 マンホール 雨水マス 貯水槽 貯水タンク 井戸 浅井戸ポンプ

会社/店舗の水トラブル

建物タイプ
ビル オフィス 事務所 施設
場所
トイレ 男子トイレ 女子トイレ 共用トイレ 業務用トイレ 和風トイレ 仮設トイレ 屋外トイレ 障害者用トイレ 介護用トイレ 多目的トイレ 公共トイレ 移動式トイレ キャンピングカーのトイレ 便所 水洗式便所 汲み取り便所 公衆便所 ボットン便所 お手洗い 手洗器 洗面所 化粧室 浴室 お風呂場 脱衣所 バスルーム ユニットバス サニタリー キッチン 台所 天井 床下 上の階 2階 壁 フロア フローリング 工場 作業場 建築現場 展示場 ショールーム イベント会場 博物館 記念館 公園 託児所 保育園 幼稚園 老人ホーム 病院 警察署 駅 空港 ホテル 旅館 保養所 県庁 市役所 避難所 体育館 学校 大学 厨房 売店 フードコート テナント 飲食店 居酒屋 クラブ バー ライブハウス インターネットカフェ 理容室 美容室 美容院 サロン ショップ モール パーク パーキングエリア サービスエリア コインランドリー コインシャワー 公衆浴場 プール 温泉 スーパー銭湯 サウナ スポーツジム 撮影所 スタジオ 食堂 休憩室 給湯室 仮眠室 喫煙室 更衣室 待合室

トラブルのタイプ

トイレ詰まり 水詰まり 紙詰まり 髪詰まり 塵詰まり 残飯詰まり 異物詰まり トイレットペーパーが浮いてくる キッチンペーパーを流してしまった オムツを流してしまった ペットの猫の砂を流してしまった 水が流れない 水漏れ チョロチョロ ポタポタ 水が止まらない 水が出ない故障 水の勢いが弱い 染み出している 吹き出している トイレタンクの水が溜まらない ずっとジョボジョボ・ゴボゴボ音がしている トイレを交換 トイレを取り替え 和式を洋式に ぼっとんを水洗式に 引っ越しで取り外し 便座が割れた便座がグラグラ タンクが割れた・ヒビが入った タンクがガタガタ 買ってきたウォシュレットを取り付けしたい トイレのつまりや水漏れ、修理や交換の料金 シャワートイレを取り付けしたいトイレに携帯を落とした・流した トイレにスマホを落とした・流した トイレに財布を落とした・流した トイレにおもちゃを落とした・流した トイレに指輪を落とした・流した 回収 修理 修繕 メンテナンス リフォーム 取り替え 交換 取り付け 設置 工事 施工 タイル カビ サビ 汚れ 水垢 臭い 悪臭 変色 掃除 洗浄 高圧洗浄 水道メーター異常 漏水調査

水まわり関係

衛生陶器/トイレ/温水便座
リクシル LIXIL イナックス INAX アメージュ ベーシア エレシャス パッソ トートー TOTO サティス ピュアレスト ネオレスト レストパル アプリコット ジャニス工業 JANIS マイティクリン スマートクリン ココクリン バリュークリン ジャレット パナソニック Panasonic 松下電器 ナショナル national アラウーノ アサヒ衛陶 ASAHI サンクリーン ニューレット ワンピース ネポン NEPON パールトイレ プリティシャワー 木村技研 アクアエース ベンクイック Ai-CABINPAT アイ-キャビン ナスラック Nasluck シャワレッシュ ビィバレット ハウステック housetec ファミレット ダイワ化成 カルチュア 三栄水栓製作所 SAN-EI シャワンザ 三洋電機 テガ三洋工業 SANYO ki・re・i ノーリツ Noritz ハートレア 積水ウォッシー 喜多村合金製作所 MYM はればれ フジクリーン工業 モア 三菱電機 シャワーリリカ アイワ アクアレット ロンシール機器 マルチシャワー
キッチン
リクシル LIXIL サンウェーブ SUNWAVE センテナリオ Centenario サンヴァリエ Centvarie ピット pit リシェル Richelle アミィ amiy アレスタ ALESTA アクティエス Actyes トートー TOTO クリナップ cleanup SS クリンレディ cleanlady ラクエラ rakuera タカラスタンダード Takara Standard ホーローキッチン エーデル Edel レミュー LEMURE オフェリア OFELIA トクラス TOCLAS ヤマハリビングテック YAMAHA LIVINGTEC トーヨーキッチンアンドリビング サンワカンパニー Sanwa Company ミニモラス コントルノ ハウステック housetec ラヴィー LOVEE エクセリアW EXCELIA W 永大産業 EIDAI ラフィーナ Lafina プレッソ ゲートスタイルキッチンS-1 ピアサス S-1 ナスラック Nasluck バゼロ BAZERO セスパ SESPA パナソニック Panasonic 松下電器 ナショナル national リビングステーション ラクシーナ Lacucina タマホーム
I-型 ペニンシュラ型 L型 II-型 アイランド型 U型
バス
リクシル LIXIL イナックス INAX トートー TOTO クリナップ cleanup ノーリツ Noritz ハウステック housetec コキュアスSE COCUAS SE ユニッテリア フェリテ Felite ゆとりあん YUTORIAN コルテシアGY CORTESIA GY LL LA タカラスタンダード Takara Standard トクラス TOCLAS ヤマハリビングテック YAMAHA LIVINGTEC ナスラック Nasluck ブリヂストン BRIDGESTONE 積水ホームテクノ セキスイ sekisui ウェルス wells
水道金物
リクシル LIXIL イナックス INAX トートー TOTO カクダイ KAKUDAI グローエジャパン GROHE ハンスグローエジャパン 三栄水栓製作所 サンエイ KVK 喜多村合金製作所 MYM ミヤコ 大和バルブ リライアンス Reliance ル・ベイン le bain
浴室サッシ/トイレドア
リクシル LIXIL トステム TOSTEM 東洋サッシ TOYO 東洋エクステリア TOEX 新日軽 ワイケーケーエーピー YKK AP 不二サッシ 三協アルミ

水回り用語集

バキューム
汲み取り式便所の便槽からの糞尿回収。※弊社では対応できません。
ラバーカップ / スッポン
清掃用具。家庭でのトイレ詰まりの味方。
サーモスタット / Thermostat
温度を調整する装置。
フラッシュバルブ
一定時間後に自動的に止まる機能をもったバルブ。
サニタイザー
トイレの消毒液を供給する装置。
ロータンク
水洗トイレの水を貯めるタンク。低い位置にある。高い位置にあるのがハイタンク。
スパッター
便器と直下管を接続する短い継手管。穴が小さいので子供の落下防止の役割もある。
金隠し
和式便器の先端の丸い突起部分。
クロスコネクション
上水の給水とその他の水道系が接続されること。汚染につながるため水道法により禁止されている。
逆止弁 / チェックバルブ / チャッキ
配管に取り付けて逆流を防止する弁。ポペット式、スイング式、ウエハー式、リフト式、ボール式、フート式などの方法がある。
節水コマ
樹脂ゴム製の部品で、内部に取り付けて蛇口の水の勢いを殺し省エネ効果をもたらす。
オリフェス板
水道管などを絞る円形の板で流水量を抑える。節水目的にも用いられる。
排水トラップ / グリーストラップ / グリスト
洗面器やキッチンの配管に設けられるS字やP字型をした形の配管。油が下水道に流出するのを防ぐ。また、悪臭や害虫を排水溝から屋内に侵入させないためのもの。
サイホン式
水が管を流れるとき出発地点より高い地点を通る装置、原理。灯油ポンプにも用いられている。これを利用したトイレをサイホン式トイレという。

※表記の物についての対応状況はお問い合わせください。

【保存版】システムキッチンの種類と選び方!メリット・デメリットを解説

キッチンには、システムキッチンやセクショナルキッチン、コンパクト...

キッチン・台所リフォームの費用相場・失敗しない選び方!

使いにくいと感じたり、もっとおしゃれにしたいと考えたりと、使い続...

排水詰まり!自分で直す方法と予防の仕方 キッチン 洗面所 お風呂

洗い物や入浴中に水の流れが悪くなってきて大慌て!こんな経験ってな...

給湯器交換!ガス給湯器の失敗しない賢い選び方【図解・動画あり】

どうやって選べばいい?新しい給湯器の選び方 自宅を新築...

水漏れ修理!料金費用はいくら?どこに頼む?業者の評判と選び方

「キッチンの蛇口からずっとポタポタ垂れてくる」 「...

トイレの水漏れ修理!自分で直す8つの方法と原因を図解で解説!

「気づいたら床が水浸し!」や、「タンクと接続しているパイプから水...

キッチンの水漏れ!自分で修理する方法 水栓蛇口 根本 パッキン

「キッチンの蛇口からポタポタ水が止まらない」 「気...

トイレ修理!相場はいくら?料金が高いぼったくり業者の手口を暴露

トイレつまりや水漏れなどの大きなトラブルから、レバーが回らない、...

トイレつまり直し方!トイレが詰まったら?解消方法 放置 流れない

流したトイレットペーパーが逆流してくる、水位がいつもより...

止水栓の止め方・場所⑥
止水栓

水道管破裂!応急処置方法 水道代 原因 修理業者を探す

水道管破裂はある日突然起きることがあります。 いざというと...

トイレ

トイレつまりの直し方!原因や道具を知って自分で解消する方法

ご家庭の水回りに関するトラブルの代表的なものに、トイレのつま...

ウォシュレット・シャワートイレ修理

ウォシュレット・シャワートイレを修理したい!自分で直す方法

ウォシュレット・シャワートイレが壊れた!?水漏れやつまりなど...

蛇口からサビが出た

蛇口からサビが出た!?赤い水は飲んでも安全?原因と対処方法

朝に水を出そうとすると、蛇口から赤い色をした水が流れた。こん...

キッチンの床から水漏れ

キッチン(台所)の床がびしょびしょ!水漏れの原因と修理方法

帰宅するとキッチンの床・床下がビショビショになっていた。台所...

蛇口空回り

蛇口が空回りして水が出ない・止まらない!対策と修理・交換方法

蛇口を捻ってみると水が出ない、もしくは水を出したあとに止めよ...

高圧洗浄つまり

高圧洗浄でつまりを解消!トイレ、キッチン、浴室の排水溝トラブル

つまりを直したのにまた詰まってしまった。一向に直らないつまり...

ウォシュレット・シャワートイレの取り付ける、取り外す

ウォシュレット・シャワートイレ・便座を引越しで取付け取り外し

今やなくてはならない存在であるウォシュレット(温水洗浄便座)...

INAX(LIXIL)のトイレつまり・水漏れ修理

INAX(LIXIL)のトイレつまり・水漏れ修理方法 人気機種

INAX(LIXIL)のトイレの水が流れずに詰まってしまった...

人気のシャワーヘッド

人気のシャワーヘッドと交換方法 節水・塩素除去効果のおすすめ

みなさんがお使いのシャワーヘッドはどの製品を使っていますか?...

TOTOトイレつまり・水漏れ修理

TOTOトイレのつまり・水漏れ修理方法 人気の機種と口コミ

TOTOのトイレの水が流れずに詰まってしまった。トイレタンク...

便座交換

便座交換(ウォシュレット)をDIYでする方法・注意点

便座の交換はされたことありますか?ホームセンターでも購入でき...

温水洗浄便座の特徴

温水洗浄便座(ウォシュレット)を比較、交換におすすめの機種

温水洗浄便座(ウォシュレット)とはおしりを洗浄する機能・ビデ...

浄水器の製品ごとの特徴とおすすめ

浄水器のおすすめをご紹介!製品ごとに特徴も解説します!

お家の水道水、独特なニオイや味が気になって飲めない、洗顔した...

キッチンの製品の特徴とおすすめ

キッチンの選び方 種類別にメリット・デメリットをご紹介

キッチンには様々な種類があり、それぞれ掃除がしやすい、移動距...

浄水器交換方法

浄水器の交換方法をご紹介!自分で取付けるならここを押さえよう

浄水器は水道水の中にある溶存物質をろ過して減少させ、水をキレ...

洗面台オススメ製品

洗面化粧台のオススメ製品 メーカーごとに参考価格・特徴を比較

洗面化粧台は大きく分けて2つのタイプに分かれており、洗面ボウ...

キッチンの床下の水漏れ、原因と対策

キッチンのオススメ製品をご紹介!各メーカー製品を徹底解説!

キッチンのリフォームを考えているけれど、どんな製品があるのか...

トイレの製品の特徴とおすすめ

トイレの製品とおススメをご紹介!メーカー・特徴・種類を比較

トイレの製品はたくさんあり、お掃除が楽になる機能や除菌してく...

キッチンの床下の水漏れ、原因と対策

キッチンの床下の水漏れの原因と対策法をご紹介!

キッチンの床下から水が漏れてしまった!水漏れは悪化して故障し...

トイレの種類

トイレの種類と特徴 トイレの取り替えにオススメの製品をご紹介

トイレには、洋式・和式の2種類あり、洋式トイレが家庭で一番よ...

蛇口の種類

あの蛇口の名前は?蛇口交換は種類と特徴を知ってから始めよう

蛇口とは、水などの液体を運ぶ金属製の口をいいます。蛇口と呼ぶ...

節水グッズ

水道料金を節約!トイレ キッチン お風呂などで使える節水グッズ

節水グッズとは、水を節約するための便利なグッズのことです。水...

温水洗浄便座

温水洗浄便座(ウォシュレット)の選び方 種類ごとに特徴をご紹介

温水洗浄便座とはおしりを洗浄する機能・ビデ洗浄・暖房機能が標...

洗面台の種類と選び方

洗面台の人気の種類を比較 おしゃれ 機能性 オススメの選び方

「洗面台」は、水栓金具・洗面ボウル・鏡を組み合わせたものです...

洗面台トラブル

洗面台の水漏れ・詰まり・悪臭や異音などの原因と対策方法

洗面台を使っていて、急に水が漏れたり、水が出なくなったりして...

蛇口交換

蛇口が壊れた! 空回り・折れた蛇口の交換 業者依頼の料金は?

蛇口が詰まった!水が漏れた!などの蛇口のトラブル。 蛇口の...

トイレと床の間から水漏れ

トイレと床の間の付け根から水漏れ 修理方法 原因と対策

いつも通りトイレを使っていたとき、突然トイレと床の間から...

蛇口のポタポタ

【図解】水道の蛇口を閉めてもポタポタが止まらない!原因と修理方法

きちんと閉めているはずなのに、台所のキッチンやお風呂場な...

配水管 水漏れ

漏水調査 自分で調べる方法 水道管水漏れ料金の高額請求減免

水漏れと聞くと、キッチンや洗面台の蛇口からの水漏れを想像...

台所の詰まり修理

台所つまり直し方!原因と解消法 キッチンシンク流し 排水溝

キッチンのつまりは日頃から調理をしているとどうしても起こ...

水道屋さん

水道屋さんの選び方 口コミ・評判・比較する前に!水トラブル業者

突然の水漏れに対応してくれる水道屋さん、テキパキと作業を...

トイレタンク 水漏れ修理

【図解】トイレタンク水漏れ修理方法!自分で 原因 チョロチョロ

生活トラブルで突如起こるのが、水漏れのトラブル。今回はト...

蛇口 水漏れ 修理
トイレつまり

トイレつまりの直し方!原因と解消法 自分で直す お湯・重曹

  トイレのトラブルで非常によくあるトラ...

トイレのつまり 水漏れ 修理 交換 料金見積無料 水道屋

水のトラブル出張水道屋が水まわりのお困りごとやご相談を承っており...