雨漏りの応急処置 原因と対処法 自分で修理する方法 DIY

雨漏り 被害

「天井からポタポタと雨が落ちてくる」「壁にシミができているけどこれって雨漏り?」
家の中で発生する急な雨漏り、対策もしてない状態だと突然のトラブルに慌ててしまいます。また、大切な家の中に水が入ってくるのでとても不快な気分にもなるでしょう。
こんな時「今すぐ雨漏りを止めたい!」と考えがちですがあせりは禁物です。
雨漏りには適正な応急処置、心構え、原因・調査方法から修理方法まで一連の対処法があります。このページでは、「只今雨漏り中!助けて!」という方のために雨漏りの対処方法を屋根・壁・ベランダ・窓の発生場所別に徹底解説しています。
こちらの解説を読みながら落ち着いて対処していって下さい。

 

雨漏りの応急処置

 

天井からの雨漏り

雨漏り 応急処置 天井
まず雨が落ちてきている部分の下にバケツをセットします。
家に新聞紙やレジャーシートがあればバケツの下に引いて下さい。ある程度水が溜まってくると、水しぶきが発生し周りには跳ねてしまいますので、タオルや新聞紙をバケツの底に入れておくと水しぶきが跳ねるのを防ぐことができます。

 

窓、サッシからの雨漏り

雨漏り 応急処置 窓 サッシ
引き違いサッシの境目からの雨漏りには、雨戸の位置を変える方法が効果的です。雨水は外側に出ているサッシの横の方から入ってくるので網戸を反対側にセットします。
網戸で雨水や風の勢いを防ぐことができるので、横ぶりの雨にも対応できます。

 

何よりも心を落ち着かせて処置する

雨漏りが起きると大抵の人は慌ててしまい、本来しなくてはならない行動を忘れてしまうなど、間違った応急処置をしてしまいがちです。そんな時は、まずは自分の心を落ち着かせましょう。心を落ち着かせる効果的な方法の一つに、「メタ認知」というものがあります。「メタ認知」とは、「自分を客観視する」、「第三者の目で、自分を見る」というものです。「このまま水浸しになったらどうしよう」、「他の箇所からも水漏れしてきたらどうしよう」、「自分で修理できるのか不安」、「修理を依頼したらどれくらいの修繕費がかるのか不安」など、今の雨漏りの状況に対しての自分の心を自分で観察するのです。
自分が今何を思っているのかを知ることで自分と対話することができるようになり比較的短時間で落ち着くことができます。落ち着いた後は、次に自分が何をすべきかの行動に冷静に移ることができるでしょう。

 

雨漏りしている箇所の確認

屋根

雨漏りで最も多い場所が、屋根からのものです。特に台風時は雨と風が同時に吹き付けてきます。屋根材が雨風に長い時間吹き付けると、ズレた瓦の隙間などから浸水してくることがあります。

雨漏りは壁からもします。外壁はサイディングやレンガ、塗装などで防水されています、その外壁材が劣化すると防水の効果が低くなってしまい、雨漏りすることがあります。特にサイディングの隙間を埋めているシーリングが劣化した場合はその隙間から雨漏りすることもあります。

 

ベランダ

ベランダの防水材が劣化すると、ひび割れや剥がれを起こしその隙間から雨漏りします。また、ベランダで使用している防水シートが劣化し、裂け目や穴空きから雨漏りすることもあります。

 

雨漏りの多くは、家屋のどこかに隙間が生じることによって発生します。
窓は普段から頻繁に開け閉めするため劣化や磨耗などにより隙間ができやすい場所です。気づきにくい場所のひとつでもあるので注意が必要です。

 

雨漏りしている原因を考える

雨漏りしている箇所の確認ができたら、次はよくある原因の基本知識をインプットしていきます。おおよその原因を把握することで、その原因に合った対策を練ることができます。

 

屋根について

・屋根材が太陽光や雨風で劣化し隙間ができてしまった
・経験不足・知識不足による施工不良や手抜き工事
・台風や地震により屋根瓦がずれた、または割れた
・メンテナンス不足による老朽化
・屋根を止めている釘が浮いてしまった
・漆喰の崩れ、スレートが割れた

 

壁について

・サイディングやレンガ、塗装などの外壁材の劣化
・サイディングのすき間を埋めているシーリングの劣化
・メンテナンス不足による老朽化
・壁自体にヒビが入り損傷している

 

ベランダについて

・ベランダ床と建物壁面の境目のコーキングが剥がれている
・ベランダ床面の防水層の破損
・ベランダ内の排水にゴミが詰まってベランダ内がプール状態
・ベランダの排水口が劣化し周りの防水が剥がれて隙間ができる

 

窓について

・サッシと外壁の隙間を埋めているコーキング材が劣化した
・サッシ上部に溜まった雨水を通気シートやフェルトが吸い上げた
・サッシを取り付けているビス穴からの雨水の浸入

 

雨漏りの対処方法について

雨漏りが発生したということは家屋のどこかに隙間ができたということなので、なんらかの修理を行わなければなりません。そのまま放置しておくと天井にシミができたり、壁にカビが生えたりし、異臭が発生することもあります。

 

室内 カビ

修理方法としては、「DIYで修理する」と「業者、知り合いに依頼する」の2つがあります。DIYで修理する場合、屋根から転落し怪我をするといった、間違った修理で二次災害を起こすなどいろんな危険がありますので注意が必要になります。また業者に依頼する場合も安心できる業者選びのポイントなどがあります

 

DIYで雨漏りを修理する方法について

各場所の雨漏りの修理方法を紹介します。屋根などは屋根の上に登って点検・作業を行う場合があり転落の恐れがありますので十分に注意し、梯子を雨どいに掛ける、登った後は安全帯(なければ腰縄を着ける)を着けるなどの安全対策を必ず行って下さい。屋根修理で安全対策ができない場合は、自分で修理するのを諦めて一度業者に相談して下さい。

 

屋根の修理方法について

瓦屋根 雨漏り被害
まずは屋根に登って雨漏りの原因となっている箇所を探します。スレートや瓦にヒビや割れがあった場合は応急処置としてコーキング補修を行います。瓦がズレていたり割れていた場合は手で簡単に取り外すことができますが、瓦の種類を見分けることが容易ではないので、そのまま業者に依頼することをオススメします。
コーキング剤のヒビ割れや剥がれは、劣化した古いコーキングを剥がしてコーキングを充填します。ブルーシートを引き、雨漏りが入ってこないようにする対策も応急処置になります。

 

壁の修理方法について

砂壁 雨漏り被害
ヒビ割れや剥がれにはコーキング剤を使用します。コーキング剤は、気密性・防水性を高め隙間を埋めることができるので雨漏りしている箇所に防水タイプのコーキング剤を塗り、雨漏りを防ぎます。
以前塗ったコーキングにヒビ割れや剥がれがあった場合、古いコーキングを剥がしてコーキングを充填します。

 

ベランダの修理方法について

ベランダ 雨漏り被害
ゴミや異物がベランダの排水口に詰まっている場合は、キレイに掃除します。
ベランダはコンクリートでできているタイプが多く、経年劣化でヒビ割れしそこから
雨漏りする場合があります、自分でできそうな場合はコーキングで充填し、ヒビ割れの状態がひどい場合は一度業者に相談しましょう。

 

窓の修理方法について

窓 雨漏り被害
窓枠と壁の間のコーキング剤が劣化していたら、古いコーキング剤を剥がしてコーキングを充填します。窓の外に雨戸やベニア板を張り付けて、雨水が入ってこないようにするのも応急処置になるでしょう。窓が雨漏りする場合は、窓やサッシだけではなく周辺の壁にも問題があることがあるので、周辺の壁も調べた方がよいでしょう。

 

DIYで雨漏りを修理する注意点について

雨漏りの原因は外からでは見えない屋根の内側にあることが多いです。屋根の構造や雨漏りの仕組みを理解できていないのに安易に修理に取り掛かると適正な修理を行えずに雨漏りが悪化してしまう場合もあります。まずは自分で修理できる範囲かをじっくりと判断し、少しでも無理が生じる場合は一度業者に相談してみましょう。

屋根から落ちる
また屋根の上に登って実際に修理を行う場合は細心の注意が必要です。一般的な二階建て住宅ですと屋根の高さは約6~9メートルになります。屋根から転落すれば骨折などの重傷はおろか頭などを強く打てば死に至ることも十分にあります。屋根は構造上、勾配があり滑りやすくなっていますので雨漏り対策は簡易的な応急処置に留めて、できるだけ業者に修理を依頼しましょう。

 

雨漏り修理、これだけは絶対にやってはいけないこと

釘打ち
屋根の補修のために屋根、屋根材に直接釘を打ち込むことです。補修のために打ち込んだ釘が釘穴となってその部分から雨漏りする可能性があるからです。雨水は小さな隙間から建物に浸水してくるため、例え室内に雨漏りしなくても天井の部分に浸水しカビが発生することもありますので、新しい釘打ちは絶対にやめましょう。

 

雨漏りを修理業者に依頼する

DIYで修理できない場合や屋根修理の安全対策ができない場合などは、修理業者に依頼することをオススメします。屋根修理をDIYで行うと転落の危険があるという安全面でもそうですが、雨漏りには二次災害が潜んでいるからです。雨漏りは目に入るところの被害はもちろんのこと、劣化・ズレ・すき間などの目に入りにくいところまで被害が及んでいるケースがあり、修正できずに放置しておくとカビや腐食、ひどい場合にはシロアリなどの害虫被害に至ってしまうケースもあります。修理業者というのは、そういった目に見えない被害まで長年の経験や実績を基に対応してくれます。また、安心できる業者であれば、出張現場見積もりを無料でやってくれます。「雨漏りはしっかりした対応をしないほどお金がかかっていく」ので早めにご相談することをオススメします。

 

正しい雨漏り修理業者選びのチェックポイント

出張現場調査、見積もりを無料で行ってくれる

雨漏り修理の料金というのは、材料・広さ・破損具合によって変わってきます。そのため、料金表がないというのが一般的な修理業者です代わりとして出張し現場調査を行ってから無料で見積もりを提示しています。そうすることで「いくらかかるんだろう?」というお客さんの不安に対応しているのです。

 

雨漏りの修理に関しての豊富な経験と十分な実績がある

雨漏りは目に見えるところ以外のすき間・ヒビ・割れからも発生します。そういった目に見えないところを探せるのは、やはりいろんなタイプの雨漏りに対応してきた経験と実績になります。また、雨漏り修理は瓦の種類、コーキング剤のタイプ、作業手順など幅広い知識が必要になってきます。そういった対処法を熟知できているのもやはり経験と実績を積んだ修理業者だけでしょう

 

電話対応から現場調査までの対応が早くて丁寧

雨漏りをして修理業者に依頼する場合、「すぐに駆けつけてほしい」というのが被害に合われている方の心理です。駆けつけの時間が曖昧であるとか、対応が雑な業者では余計不安になってしまいますし、到底修理をお願いする気持ちになりませんまた、30分で駆けつけますと書いてあるのに実際は時間はわかりませんという対応では困ってしまいます。「できる事とできないこと」を誠実に言ってくれて、かつスピーディーな対応をしてくれる業者に依頼しましょう。

 

修理費用が適正価格になっている。

悪質 詐欺 ぼったくり業者
雨漏りの修理費用は予定外の出費、できれば安く抑えたいというのが被害に合われた方の心理です。しかし、生涯で何度も出くわすトラブルではないので費用感がいまいちわからないという方がほとんどでしょう修理業者が提示した金額が高いのか安いのかもわからずそのまま契約し、ぼったくられたという話しはよくあります。見積もりをとる場合は、「補修箇所の詳細が記載してあるか」「架設足場がある場合はその料金が含まれているか」「工事日数は何日間で設定してあるか」などの詳細を隈なくチャックし容易に契約するのは避けましょう。また、適正価格がわかりづらい場合は手間ですが数社から合い見積もりを取ることをオススメします。

 

まとめ

雨漏りというのは、急に振りかかってくるトラブルです。雨漏りを見つけたときは、「うそでしょ、なんで??」「どうしたらいいかわからない!」など軽いパニックになってしまう人もいます。そんな時まず大事なことは「一度落着いてから行動する」ということです。
このページで紹介した手順、方法に沿って対応すれば雨漏りが拡大することや二次災害に発展するようなことはまずありません。修理に関しても、DIYで対応できる被害であれば詳しい手順ページを参考にして対応することもできますし、大きな出費を抑えることもできます。また修理業者に依頼する場合もこのページで紹介した業者選びのチェックポイントを抑えればぼったくられるといった、工事不良にあうことはまずないでしょう。
「急がば回れ!」
しっかりと落着いて行動し、的確な対応をしていって下さい。
そして、またいつも通りの快適な生活に戻っていって下さい。

 

虹と家のオブジェ


全国の幅広いエリアで雨漏りのトラブル出張業者が全国の幅広いエリアで雨漏りのお困りごとやご相談を承っております。現地でのお見積り・ご相談は一切無料(点検作業を伴う見積もりは有料)です。緊急のトラブルでも専用の受付窓口で対応しております。ご予約の際はご都合の良いお時間をお知らせください。休日・祝日、昼夜問わず受付中です。出張業者を初めてご利用になられる、という場合でも心配ありません。コールセンターのオペレーターが優しく丁寧にご要望をお聞きいたします。いつ、どの場所で、どのようなご依頼をされたいのか、しっかりと確認いたします。安心して信頼できる業者に任せたい、いますぐ何とかしたい、料金の見積もりを取りたいなどお問い合わせはいつでもお気軽にお電話ください。

料金一覧表

会社概要

社名 ジャパンベストレスキューシステム株式会社
設立 平成9年2月
本社 名古屋市中区錦1-10-20 アーバンネット伏見ビル5F
東京本部

東京都千代田区大手町2-1-1 大手町野村ビル7F

大阪オフィス

大阪府吹田市垂水町3-6-22

福岡オフィス 福岡市博多区博多駅東2-8-27 博多駅東パネスビル2F
相模原オフィス 相模原市中央区淵野辺4-35-12
仙台オフィス 仙台市泉区長命ヶ丘5-1-10 ハイツアベ101号室
名古屋オフィス 名古屋市千種区今池南29-24 川島第一ビル4A
名古屋コンタクトセンター 名古屋市中区錦1-10-20 アーバンネット伏見ビル5F
大垣コンタクトセンター 岐阜県大垣市加賀野4-1-7 ソフトピアジャパンセンタービル7F
大阪コンタクトセンター 大阪府吹田市江坂町1-23-32 リバーボール江坂6F
従業員数 [連結] 252名 [単体] 181名 (平成28年9月30日現在)
上場市場 東京証券取引所第一部 名古屋市証券取引所第一部(証券コード:2453)
資本金 7億7,964万円 (平成28年9月30日現在)
発行済株式 34,685,000株 (平成28年9月30日現在)
役員
代表取締役 榊原 暢宏
取締役(社外) 岩村 豊正
取締役(社外) 白石 徳生
取締役(社外) 須藤 裕昭
常勤監査役(社外) 小菅 豊清
常勤監査役 澤田 正勝
監査役(社外) 吉岡 徹郎
(平成28年12月21日現在)
JBRグループ
事業内容

○対応の総合生活トラブル解決サービス「生活救急車」を全国展開

○カギ、水まわり、ガラス、パソコンのトラブルサービスなど様々なお困りごとに対応

○提携法人に代わってコールセンターの運営から出動までを代行する「企業提携事業」を展開

○トラブルに備えたサポート会員制度も各種展開

JBRグループ
主要取引先

旭硝子株式会社、セコム株式会社、株式会社LIXIL、朝日火災海上保険株式会社、各種不動産関連会社、大手損保保険会社など(順不同)

全国の幅広いエリアで雨漏りのトラブルはお任せください

屋根の雨漏り、天井、外壁サイディングから水漏れ、雨樋(トユ・トイ)の縦樋に穴、落ち葉やごみが詰まっているので清掃、瓦がずれてしまったなど、雨漏りのお困りごとなら年中無休でフリーダイヤル通話料無料で受付しております。

雨漏り被害

自分でできる雨漏り被害の補修、カビ・腐食から守る為の応急処置

「どこからか雨水が垂れてくる」「天井にできたシミがどんどん大...

雨どい水漏れ

雨どい・竪どいの水漏れ修理 詰まりの原因と対策方法

屋根の周りに設置してある雨どい、屋根の雨水を集めて排水す...

黒カビ

黒カビの発生原因と対策!壁や天井、風呂 除去 掃除方法

  お風呂場や洗濯機、部屋の壁などで見つ...

リフォーム 賢く 計画

失敗しないリフォーム会社の選び方 口コミや評判だけで判断しない

あなたがリフォームしたいと思っている動機は何ですか?家を...

雨漏り 被害

雨漏りの応急処置 原因と対処法 自分で修理する方法 DIY

「天井からポタポタと雨が落ちてくる」「壁にシミができてい...

屋根

屋根材の比較!材質の違いや特徴、メリットとデメリットを解説!

屋根には雨風をしのぐ防水性、外からの日差しを遮る断熱性、...

屋根

屋根の種類と特徴、形状によるメリットとデメリットを徹底解説!

皆さんは今住まわれている家がどんな種類の屋根を使用してい...