キッチンの水漏れ!自分で修理する方法 水栓蛇口 根本 パッキン

「キッチンの蛇口からポタポタ水が止まらない」

「気づいたらシンク付近の床が濡れている」

「洗い物の後レバーから水が漏れ出す」

こんなことが起きるのは、そこで水漏れが発生しているからかもしれません。水漏れはどんな些細なものであっても、水道代を上昇させたり、住宅を劣化させたりと、トラブルを呼び込むものです。運よく気づけたならば早い段階で修理して不安を解消するのがベストでしょう。

それではキッチンで発生した水漏れの修理はどのように行えばいいのでしょうか?

実はキッチンで発生した水漏れは自分で修理できるものもあるのです。つまり、それほど費用をかけず、トラブルを解決できる可能性があるということです。また、修理するのではなくまるごと新品に交換する方がよいというケースもあります。対処法はその時々で変わってくるといえるでしょう。

今回の記事では、そんな「キッチンの水漏れ」に対して、みなさんが適切に対処できるよう、様々な情報をお届けします。また、水漏れを誘発する行動についても紹介していくので、修理と修理後の参考にしていきましょう。

 

キッチンで水漏れが起こる原因は経年劣化が多い

水漏れが起きる分かりやすいきっかけというと、配管や蛇口が衝撃を受けるということが考えられます。衝撃による負荷で、接続が緩んだり穴が空いたりして、水漏れが発生するのです。地震があったり、重いものをぶつけたりすれば、水漏れが起きると考えたら分かりやすいでしょう。

しかし、キッチンで水漏れを経験した方の多くが、きっかけなどなく、いつの間にか発生していたと答えるのではないでしょうか。シンク下から床に向かって漏れ出してきたり、水道料金がいつもより高くなったりと、目に見える状態になってから水漏れに気づいたという人もいるはずです。「何もしていないのに!」と考えてしまいそうですよね。

 

それもそのはず、実は水漏れが起きる多くの原因は衝撃などではなく、部品の「経年劣化」であり、見えないところで進行しているというパターンがほとんどなのです。

経年劣化とは、物が年月の経過によって自然と劣化していくことで、要は古くなっていくということです。そのため経年劣化が原因の水漏れは物理的なダメージなどは関係なく起きます。つまり、水漏れが起きるような使い方をしていなくとも、キッチンを長く使っているならば、誰にでも、どこにでも、起こりうるということです。

 

それでは、経年劣化による水漏れが、どんな形で発生するか説明しましょう。

分かりやすいものでいうと、ハンドルを閉めても吐水口からポタポタと水が垂れ続けるという水漏れがそれに当たります。これは水栓本体にある止水する機能を持ったパーツが経年劣化して、その力が弱まることによって発生するのです。つまり、一か所から止めようもないくらい水が噴き出すといった、分かりやすいものではありません。

もちろん、パイプが経年劣化して穴が空くというケースもありますから、経年劣化が原因の水漏れなら全てが目立たないというわけではありません。しかし、パッキンナットなどパーツの経年劣化が原因ともなれば、最初はじわじわと進行していくというパターンが多いでしょう。そのためある日突然水漏れが起きたと感じてしまうのです。

 

また、蛇口の寿命は10年から15年と言われていますが、ちょうど10年で水漏れすることもあれば、20年30年使っている蛇口でも全く起きないなんてこともあります。それだけに、水漏れというものは、すぐ気づくのが難しいです。

とはいえ、長年使っている蛇口であればいつでも水漏れが発生する危険性があります。そのキッチンが使っている期間が長いのであれば、いつでも水漏れは起こりうると心得て、定期的に水漏れする恐れがある場所をチェックしておきましょう。まだ対処しやすい軽度な段階で水漏れに気づくことができるかもしれません。

ちなみに、ポタポタと垂れる形での水漏れであれば、即大きなトラブルになるということもありません。大事なのはそこで放置しないことです。その段階で手を打てば、水道代が高額になることも床一面に水が漏れ出すなどになる危険性も低いでしょう。

 

使用期間が短い時の水漏れはメーカーの保証が受けられるかも

キッチンのあちこちで発生する水漏れの原因は、経年劣化であることがほとんどというのは前述の通りです。

しかし、「使い始めて1年だから寿命なんてまだまだ先!」というような状況で水漏れが起こるというのもまた事実でしょう。それこそ設置してから数か月、数年などの短期間で起こることも考えられます。

 

そして、重度な水漏れであれ、前述したような軽度な水漏れであれ、当然修理が必要です。とはいえ、莫大な費用がかかったり、手間がかかったりするかもと、がっかりするのはまだ早いかもしれません。それは蛇口などを設置して日が浅いときの水漏れならば、メーカーや施工業者の保証が受けられることもあるからです。つまり、大変な修理作業を自分でやったり、高い費用をかけて業者に依頼したりといったことをせずとも、プロの修理が受けられる可能性があるということになります。

もちろん、配管や蛇口などに負荷をかけるような、明らかに使用方法に問題があっての水漏れであれば、保証も受けられないとなるでしょう。しかし、メーカーや施工業者もある程度の期間は使用できるということを想定して作業を行います。そのため、通常利用の元、短期間でパーツが劣化するというのは、経年劣化には当てはまらず異常事態となるわけです。こういった理由から保証が受けられる可能性があります。

 

保証期間や保証内容、条件などは、メーカーあるいは施工業者によって違うものですが、面倒なところや手痛い出費が軽減されるというのはなんとも魅力的なはずです。もし水漏れが発生した場所が使い始めてそれほど経っていないのであれば、契約内容などを確認の上、メーカーや施工業者に連絡を入れてみてもいいでしょう。

 

もしかして水漏れ?そんなときはこれでチェック

水道代がいつもより高かったり、床が濡れていたりと、水漏れに気づく瞬間というのはトラブルが起きてからというのが多いのではないでしょうか。可能であればそんなトラブルが起きる前に早い段階で気づけるようにしたいという方が多いはずです。

また、吐水口からポタポタと垂れている水漏れや、蛇口の設置面からにじみ漏れるだけの水漏れの場合、本当に水漏れしているのかなかなか確信が持てないということもあるでしょう。実際、使い終わって吐水口に残った水が後から垂れてきただけ、ただ水滴がついていただけで水漏れではないというケースもあります。

しかし、水漏れを見逃してしまうのは危険ですから、水漏れが起きているか否かを判断して、起きているならば早めに手を打ちたいものです。早い段階で水漏れに気づくために、あるいは、もしかして水漏れかも?と思ったときに判断できるように、その方法を紹介します。

住宅には量水器と呼ばれる水の使用量を記録するメーターが必ず取り付けられているのですが、このメーターを観察することで水漏れが起きているかどうかを判断できるのです。

まず、このメーターに水の使用量が記録される仕組みから説明していきましょう。水が使われるとメーターの中にあるパイロットが回り、メーター指針の数字が増えてたり、周囲の目盛りが回ります。そのため、これを検針することで月の水道代が分かるようになっているのです。

つまり、パイロットが動いているという状況は、水が使われていると判断できます。そのため、家中の蛇口を閉めて、水を使っていない状況を作っても、メーターが動いているようであれば、家のどこかで水漏れが起きていると判断できるというわけです。水漏れの判断基準として活用してみましょう。

 

詳しい確認の手順としては以下になります。

1. 家中の蛇口を全て閉める
キッチン、洗面所、トイレ、浴室など、家にある蛇口を全て閉めます。外用水栓も当然使用が記録されているので、設置しているという家はそちらも忘れずに閉めましょう。

2. メーターボックスを開けて量水器を確認する
パイロットが回るか、メーター指針が増えているか、しばらく観察してみましょう。

ちなみに観察する時間は水漏れの程度によって変わります。たとえば注射針程度の漏れであれば継続的にパイロットが回るので、少し見ていただけで判断できます。しかし、ポタポタ程度の水漏れの場合、継続的に回りません。時間を置いて微妙に動くので、じっくり観察することが必要です。とにかく、全く水を使っていないにも関わらず、パイロットが回る、少しでも動くということがあれば水漏れが起きていると判断しましょう。

 

また、水道メーターは戸建ての場合、画像のように地中に設置されています。

量水器、あるいは水道メーターなどと書かれたフタがされていることが多いでしょう。ちなみに水道メーターの隣にあるバルブは、家の元栓でこれを閉めると家全体の水が止まります。水漏れ修理の手順によってはこれを閉めることになるので合わせて確認しておくといいでしょう。

次にマンションやアパートといった集合住宅の場合ですが、水道メーターはパイプシャフトと呼ばれる玄関横のロッカーのような場所に設置されていることが多いです。戸建てと同じようにメーターボックスの中にまとめられていることもあります。住宅によって変わるので探してみましょう。

 

キッチンの水漏れが起こる場所とは

水漏れというものは軽度な状態で気づくことができ、早い段階で修理に移ることができるとベストですが、どうしても大きなダメージを受けてから対処することになるというのは当然ありえます。また、目立たない場所で起きていれば、被害が大きくなってからも、明確な場所が特定できないということも起こりうるのです。

キッチンの水漏れがどんな所に起こるのかを把握しておくと、ある程度の目星をつけることができます。キッチンのどんな場所で水漏れが起こるのか紹介していきますので参考にしてください。

1. 蛇口などの水栓

水を出すための器具で、生活必需品と呼べるものです。キッチンでは大抵壁やキッチンの天板に設置されます。レバー(ハンドル)の接続面や吐水口、根本など、一口に水栓といっても様々な場所で水漏れが起こるため、一か所だけを見て水漏れが起きていないと判断することはできません。くまなくチェックして見逃さないように気を付ける必要があります。

 

2. 排水口のパッキン

流し台にある排水口からも水漏れするときがあります。シンク下への水漏れが起きていた場合は、ここの異常を疑ってもいいでしょう。

原因としては排水口のパッキンが劣化したりゴミが挟まったりして排水口と流し台に隙間ができてしまっているというものが多いです。改善するためにはパッキンを新しいものに交換する必要があります。

 

3. シンクやその周辺

経年劣化であったり、固いものや重いものを落とした物理的衝撃だったりと、原因は様々ですがシンクは突如として穴やヒビができることがあります。そして、その傷が水漏れへと繋がることがあるのです。

また、シンクと天板が分かれている場合は、その接続面から水漏れが起きないようにコーキングがされています。そのため、そのコーキング材が劣化して剥がれることがあれば水漏れすることがあるでしょう。

シンクにできる穴は目視しにくい小さいサイズであることも多いです。そのため見逃すという方も少なくありません。また、他の場所と違って劣化するイメージがあまり持たれていないのか、チェックし損ねることもあるようです。他の場所と同様にこまかくチェックすると安心といえるでしょう。

 

4. 給水管や給湯管、止水栓

蛇口へ水を送る役割のパイプ類も、キッチンの水漏れが発生しうる場所です。また、水回りには必ずある、その器具に限定して水の出入りを管理する水栓である止水栓も、水漏れが発生する恐れのあるポイントといえます。給水管、給湯管ともに止水栓があるので、水漏れチェックの際には合わせて確認しましょう。

水漏れの起き方としては、パイプそのものが破裂したり穴が空いたりするケースと、パイプやホースを接続しているパーツが、緩んだり、劣化して起こるケースがあります。

パイプ類が設置されている場所はシンク下の収納などが多いでしょう。もし、シンク下にない場合は、画像のように点検口の中にあるパターンが多いです。点検口はビス留めなどをされて、隠れていることもありますから確認しておきましょう。シンク下にもなく、点検口もない場合は、交換や修理作業の際に作成する必要があるので注意してください。

 

5. 排水管周辺

排水管もキッチンでは水漏れが発生しうる場所です。排水管の役割は、名前の通り、洗い物や料理などで発生した水を排水するというものになります。
水漏れの起き方としては給水管などと似ていて、各接続部分やパイプそのものに発生するケースが多いです。

また、排水管の給水管と違う点は、流したものによってつまりが起きることがあるところでしょう。流された油や食べかすがパイプのある一点で固まったり、汚れがパイプ内へこびりついたりして起きてしまうのです。ちなみに、このつまりによって水漏れが起きることもありますから、排水管のつまりには気を付けてください。

さらに、壁や床の奥でホースやパイプの接続がズレると、この位置で水漏れが起きることもあります。排水管はキッチンの中でも、特に水漏れする場所が多いといえますから見逃さないように注意してください。

 

キッチンで発生する水漏れを大まかに分類すると以上になります。一口にキッチンの水漏れといっても、色んなところで起こることが考えられるというわけです。水漏れを見逃して、深刻化させてしまうということがないように、自分でチェックする際はキッチン全体をチェックするようにしましょう。

 

キッチンの水漏れを自分で修理するときは準備を入念に!

「キッチンのどんな場所に水漏れが起こるのか」ということが分かったところで、次はその水漏れの修理について説明しておきましょう。主に自分で水漏れ修理をするときの注意事項です。

まず、キッチンの水漏れには、自分で直せるものと、専門業者などプロに任せるべきものがあります。専門業者に任せるべき理由としては、修理の際に「専門的な工具が必要であること」や、「技術が必要であること」が挙げられるでしょう。

適切な道具や技術がない状態で無理に修理すると、そもそも作業ができないということが起きます。そして、作業ができたとしても、一見直ったように見えつつすぐ水漏れが起こったり、状態が悪化したりすることがあるのです。水漏れ修理を行う際は、入念に準備を行い、難しいと思ったときは絶対に無理はしないでください。

 

次に、お伝えしたい注意事項が、水漏れ修理にはウォータープライヤーモンキーレンチといった「工具が必須である」ということです。ただ交換用のパーツさえ準備すればいいというわけではありません。自分で水漏れ修理を考えていて、工具を持っていないという方は、パーツと合わせて用意しておきましょう。

例えば、水栓はキッチンの水漏れの中では、自分でも直せる可能性の高い部分で、作業も比較的簡単です。しかし、そんな簡単に修理できる場所であっても工具は必須となります。それは修理の工程でナットを外したり、蛇口ごと外したりという作業があるためです。

硬く締められたナットなどは、手だけではどうしても緩めることができません。つまり、修理を進めることができないのです。また、交換が終わってナットなどを締め付けるというときにも、手では締め付けが足りず水漏れが起こる恐れがあります。工具がなければ水漏れの修理はできないといっても過言ではないでしょう。

 

また、水漏れが起きた場所によっては専門の工具が必要となるケースがあります。
例えば、排水口のパッキンを交換する際は、排水トラップを取り外す、取り付けるという工程があります。そのため、交換用のパッキンだけでなく、流し排水栓スパナトラップ締付工具と呼ばれる専用の工具を準備しなければなりません。

この水漏れの場合、正確には専用の工具を使わなくても交換できるのですが、手で行うと力が足りず、排水トラップが外せないということが起こりえます。また、締め付けが足りず水漏れが起きるということも考えられるでしょう。そのため、準備しておいて損はありません。

さらに、排水口の水漏れとは全く違って、専門の工具がなければ絶対に修理できないという水漏れも当然あります。水漏れ修理を自分で行うならば、とにかく準備は入念に行っておくべきというわけです。

 

ちなみに、ウォータープライヤーやモンキーレンチといった汎用性のある工具は、ホームセンターやネット通販などで簡単に購入できます。安いものであれば2000円程度で購入できるでしょう。また、100円ショップのものでよければ、より安価に購入できます。とにかく費用を抑えたいのであれば有用です。

しかし、専門性の高い工具を使うとなると高額であったり、入手できる場所が限られていたりということがあります。また、作業も複雑であったり、労力がかかったりするものになりがちです。そのため、専門業者に任せた方が安上がりや簡単ということも考えられるでしょう。

キッチンの水漏れ修理を自分でする際は、入念に準備するとともに、どこまでならば自分で直せて、どこまでの道具ならば揃えられるかということを考える必要があるといえます。そして、自分で修理する自信がない人はもちろんのこと、DIYに自信がある人でも、修理の難度が高いときや、準備だけで高額になるときには、専門業者に依頼するようにしてください。

 

シンクからの水漏れはパテで直せるかもしれません

キッチンで起きる水漏れの一つとして、シンクに穴が空いて起きる水漏れを紹介しました。
この水漏れを根本的に直すには、シンクを丸ごと交換するしかありません。そのため、最低でも新しいシンク代金と、施工業者の作業料金が発生します。さらに、天板と一体になっているものは天板ごと交換しなければならないため、修理というよりもリフォームという形になるでしょう。そうなれば、より高額な費用を払うことは必然です。

しかし、サイズの小さい穴である場合や、補修後の見た目を気にしないという方であれば、パテを用いて、シンクの穴を修理することが可能といえます。つまり、一時的に水漏れを止めるだけならばシンクを交換する必要もないということです。

また、シンクを交換するにせよ、水漏れが残ったままでは生活ができませんから、修理を待つ間の応急処置で行っておくのも良いでしょう。手順を紹介していきますので、参考にやってみてはいかがでしょうか。

1. 穴の位置を特定する

まずはシンクのどこに穴が空いているのかを特定します。上から懐中電灯を当ててシンク下を覗き、光が漏れる場所があればそこに穴が空いているでしょう。また、実際に水を流して、水たまりができる場所を確認するというのも有効です。

2. パテを埋め込む位置の汚れを落とす、腐食部分を取り除く

汚れや錆びが残っていると、パテの粘着力が弱まってしまいます。パテとシンクの間に隙間ができると、そこから水漏れに繋がるので、しっかりと汚れや錆び、水分などを落とすようにしましょう。

ステンレス用のクリーナーとメラミンスポンジでこすれば大体の汚れがとれるはずです。また、ペーパーウエスなどがあると乾拭きなどもしやすくなります。合わせて用意しておきましょう。

3. 適量分のパテを練りこむ

適量分のパテを切り取り、色むらがなくなるようにしっかりと練りこみます。練りこむ時間は、天気や気温など時期に左右されるため、使用するパテの説明書に従うのが無難です。また、パテは多用途や水回り用のものなど、シンクに合うものを選びましょう。不安な方はホームセンターなど、実店舗で店員に質問しながら購入するのが賢明です。

4. シンクの裏側から隙間ができないようにしっかりと盛る

前述したようにシンクとパテに隙間ができると水漏れする危険がありますので、隙間ができないようにしっかりと埋めていきましょう。また、穴を埋める際はシンクの裏側から行ってください。

5. パテが硬化するまで放置する

隙間なく盛れたら、パテの硬化を待ちます。硬化の時間は室温や湿度で左右されるので、説明書にある時間を目安にしつつ、その日の気温や湿度で、説明書通りにしたり、長めにとったりするといいでしょう。ちなみにパテは、暑く乾燥していると硬化しやすい傾向にあります。爪を立てたり指で触っても痕がつかないくらいパテが硬化していれば十分とみていいでしょう。

6. 水を流してみて漏れ出さなければ完了

パテがしっかりと硬化したのを確認した上で水を流して、水が漏れ出さないか確認しましょう。水が漏れ出す場合は、隙間が埋まっていないなどのことが考えられます。

 

以上がパテによるシンクからの水漏れを補修する方法です。硬化に必要な時間や、練りこむ時間など、細かいポイントは使用するパテによって変わるため、きちんと説明書を確認の上、作業を進めていきましょう

 

どうしてシンクに穴が空くの?

ちなみに、シンクに穴が空く原因としては、固いものや重いものをシンクに落としたなどの物理的衝撃や、シンクが腐食するなどの劣化が挙げられるでしょう。

キッチンシンクといえば、ステンレスを使っている方が多いと思いますが、このトラブルが起きるのは大抵がステンレス製のシンクです。人工大理石など、別の素材のシンクの場合は、腐食を起こさないため、水漏れも起きにくいのでしょう。しかし、重いものを落としたなどの場合ですと、どんな素材でも穴が空いたり割れたりする恐れがあるので、その点には要注意です。

また、ステンレスは錆びないと思われがちですが、錆びにくいというだけで全く錆びないというわけではありません。まず、ステンレスが錆びにくいのは、ステンレスが表面に特有の保護被膜を持っているためです。そして、この保護被膜は、酸素に触れることで形成されるため、それを阻害するようなことが起きれば、他の金属と同様に錆びてしまうことも考えられるでしょう。

次に、ステンレスを錆びさせる具体的な原因としては、水分や汚れ、塩分を付着させたまま放置するということが挙げられます。また、塩素系漂白剤もステンレスの酸化を促進させてしまうので、腐食に繋がると考えられるでしょう。

シンクを腐食させないようにするには、汚れなどを放置して、ステンレスが保護被膜を形成するのを阻害しないこと、そして、掃除の際は塩素系漂白剤を使用しないように気を付けてください。汚れが強くどうしても漂白剤系の洗剤を使用したいという時には、酸素系漂白剤を使用するなど、極力塩素系漂白剤を使わないようにするといいでしょう。万が一、塩素系漂白剤をこぼしてしまったなどの時は、しっかりと洗い流し、シンクに残らないようにしてください

また、スプーンやフォークなどの食器、缶詰や飲み物などの空き缶など、ステンレス以外の金属をシンクに放置すると、その放置している金属が錆びて、その錆びがシンクへと移る「もらい錆び」が起き、腐食に繋がります。軽度なもらい錆びであれば、クレンザーなどを使用することで簡単に落ちるでしょう。

また、きちんと落とせばステンレスの保護被膜が失われることもありません。しかし、放置し続けるとステンレス自体が錆びることも考えられますし、当然腐食することもあるでしょう。もらい錆びはヘアーピン程度の細い金属でも発生するので気を付けてください。

ステンレスは錆びるということを心得て、使い方に気を付けていきましょう。

 

水栓の水漏れは自分で修理できる可能性があります

キッチンの水漏れが起こる場所とは」では、キッチンの中で水漏れが起こりうる場所を紹介しました。そして、その中には蛇口などの水栓が含まれていましたが、これに起きる水漏れは自分で修理できる可能性があります。というのも、水栓に発生している水漏れの原因は、経年劣化によって内部のパーツが傷んでいるということがほとんどだからです。劣化しているパーツを交換するだけで改善するので、修理できる可能性が大きいということになります。

ちなみに、どのような水漏れならば自分で直せるのかという具体例ですが、

「蛇口から水がポタポタ止まらない」

「ハンドル部分から水がにじみ漏れている」

といった内容の水漏れになります。修理方法などを詳しく紹介していきますので、試してみてはいかがでしょうか。

 

まずは水栓のタイプを確認

一口に水栓といっても現在は様々なタイプのものがあります。そして、水栓のタイプによって、修理・交換の手順や難易度、使用するパーツが変わってくるのです。ものによっては修理方法が難しく感じてプロに頼んだ方が良いと考えるかもしれませんので、まずは使っている水栓のタイプを把握しておきましょう。

単水栓

水のみ、あるいはお湯のみを出す水栓です。他の水栓のように、同じ吐水口からお湯と水を混ぜて出すという仕組みになっていません。水を出す単水栓ならば水のみ、お湯を出す単水栓ならばお湯のみを出すという形です。

止水時はスピンドルがこまを抑え、ハンドルを開けることでスピンドルが上がり、こまが水圧で持ち上げられて吐水されるという仕組みになっています。構造としては数ある水栓の中で最もシンプルです。

お湯か水しか出せないという点から利便性の低さが否めないためか、新しい住宅ではキッチンに設置されることは稀です。外用水栓や手洗い用など、お湯を必要としない場所では多く使われています。ただ、温度調整などは行わず、できるのは吐水・止水のみというシンプルな構造なだけあって、水漏れ修理も簡単です。自分で対応できると感じる方は多いかもしれません。

2ハンドル混合水栓

混合水栓とはお湯と水を一つの吐水口から出す水栓のことです。そして、2ハンドル混合水栓の場合は、お湯と水、それぞれのハンドルで温度や水量を調整します。

吐水される仕組みは、ハンドルを開くことでスピンドルが上がって、こまが水圧で持ち上がり吐水されるという、単水栓と同じものです。そのため、修理も同じように行えるでしょう。

また、吐水される時点で温度と水量を調整できるので、単水栓よりも気軽にお湯が使えるようになっています。しかし、後述するシングルレバー混合水栓のような一つのハンドルで調整できるタイプが登場したことにより、2つのハンドルで調整するところを面倒に感じる方も増えてきているようです。そのため、新築で設置するという方は少ないでしょう。

シングルレバー混合水栓

上下で止水・吐水、左右で水温を調整するという、一つのハンドルで水量や水温を調整できるようになった混合水栓です。バルブカートリッジと呼ばれる内部のパーツがレバーと連動しており、レバーを動かすことでそれらの調整を可能にしています。

前述した水栓と比較すると、水温や水量の調整が楽なため、料理や洗い物で片手がふさがりがちなキッチンでも使いやすい水栓で、現在増加傾向にあるでしょう。また、シングルレバー混合水栓の中には、お湯を出すと「カチッ」と音が鳴り、お湯を使っているという意識付けができるタイプも登場しています。こちらを使うことで無意識にお湯を出していたということがなくなるため、ガス代の節約になると考える方もいるようです。

シングルレバー混合水栓はバルブカートリッジがあり、単水栓や2ハンドル混合水栓とは全く違う構造ですが、「劣化している部品を取り外して新しいものに交換する」という、基本的なところは変わりません。そのためそれほど難しくなく修理が進められるはずです。

シャワーホース付き水栓

キッチンで使われる主な水栓の最後は、こちらのシャワーホース付き水栓です。内部にホースが通してあり、シャワーヘッドを一定距離まで伸ばすことができます。汚れの気になる部分にグッとシャワーヘッドを伸ばして吐水できるので、シンクのお手入れに活躍すると好評です。

シャワーホース付き水栓の場合、設置面やハンドル部分など他の水栓と同じようなところに起こる水漏れ、シャワーホース水栓特有の水漏れがあります。他の水栓と同じような水漏れの場合は、同様の修理方法で改善が可能です。

シャワーホース水栓特有の水漏れでは、内部のホースからの水漏れと、シャワーホースとシャワーヘッドの付け根部分から起こることが多いでしょう。その場合は、それぞれの部品を交換することが必要となり、やや複雑です。そのため、こちらに関しては業者に修理を依頼するのが安心といえます。

 

キッチンで使用される主な水栓は以上です。水栓の種類は幅広く、これらの他にも予め温度を設定して温度変化がなく水を使うことができるサーモスタット式水栓や、一定量吐水したら自動的に止まる自閉式水栓などがあります。とはいえ、これらは浴室での使用や、ホテルや温泉といったパブリックな場での使用に適している水栓で、個人の住宅のキッチンで使われることはないでしょう。

それではいよいよ修理方法を紹介していきます。水漏れの状況に合わせて修理方法を紹介していくので、蛇口からポタポタ垂れている、レバーからにじみ漏れているなど、状況にあった修理方法を選択してください。

 

水栓の水漏れ修理:吐水口(スパウト)の先端編

蛇口を閉めているのにいつまでもポタポタ垂れている

このように蛇口の水が出る部分から水漏れしている場合は、蛇口の内部のパーツが劣化して、止水する力が弱まっているのかもしれません
これを直すには、ナットを閉めるか、パーツを交換することで対応していきましょう。また、水栓のタイプによって手順やパーツが変わってくるので、使っている水栓に合わせて確認してください。

ちなみに、蛇口の水が出る部分は、吐水口、あるいはスパウトと言います。交換用の部品を購入する際は、こちらで検索する方が探しやすいでしょう。

2ハンドル混合水栓の場合

まずは2ハンドル混合水栓の修理方法から説明していきます。この水栓の場合、ハンドルの中にあるスピンドルという部品か、水栓ケレップもしくはこまパッキンと呼ばれる部品が劣化しているのかもしれません。

以下の手順を参考に、新しいものに交換していきましょう。

1. キッチンの止水栓、あるいは住宅の元栓を閉める


蛇口を分解するなど、水回りで作業するときには必ず止水栓を閉じて、全く水が出ない状態にしておきましょう。開けたまま作業をしていると、パーツを分解した際に水が噴き出す恐れがあります。

キッチンの止水栓はシンク下にある給水管・給湯管についています。見つからない場合や固くて回らない場合は、住宅の元栓で水を止めましょう。元栓は水道メーターと同じ場所にあります。両方とも固くて回らないという時は無理して回さず、すぐに専門業者を呼んでください。

2. カラーキャップをとり、ハンドルを外す


カラーキャップは一見とれないように見えるかもしれませんが、取り外しできるように隙間が設けられています。そこに精密ドライバーなどの先端が細いものをめり込ませてこじ開けるイメージでやってみると簡単にとれるでしょう。カラーキャップがとれたら中のネジをプラスドライバーで緩め、ハンドルを取り外してください。

3. スピンドルを外し、水栓ケレップを取り出す

ハンドルは画像のような構造になっているものが一般的です。各部品を順に外していき、スピンドル水栓ケレップを取り外しましょう。

パッキンを押さえる袋ナットはプライヤーかモンキーレンチで、三角パッキンは隙間にドライバーなどを差し込んで外してください。

固くて回らないスピンドルはプライヤーを使うことで緩めることができるでしょう。

4. 新しい水栓ケレップやスピンドルに変える

水栓ケレップを取り外した際は、内部にゴミがないかなどを確認してから取り付けていってください。

5. 逆の手順で部品を取り付けて元に戻す
あとは取り外した部品をそれぞれ元に戻していきます。各ナットは締め付けすぎない程度にしっかり締めてください。締め付けすぎるとハンドルが回せないなどのトラブルが起こり、緩んでいるとで水漏れすることがあります

6. 止水栓、元栓を開き水漏れしないか確認する
元通りにできたら、閉めていた止水栓・元栓を開き水漏れを確認します。一度水を出してみて、閉めた際にポタポタ垂れてこないか確認してください。

 

以上が吐水口からの水漏れを修理する方法です。各パーツを分解して、傷んだ部品を取り換えるだけですから、簡単に修理できそうと感じた方も多いのではないでしょうか。

ただこの修理を行う際に一つ注意点があります。それは、スピンドルと水栓ケレップはワンセットと考えた方がいいということです。どちらかが新しくなっても、どちらかが劣化したままでは水漏れが直らないことがあります。また、、三角パッキンが劣化していることもあるので、そちらも合わせて取り換えるのもいいでしょう。

新しい部品を用意する前にまず分解して、必要なものを確認すると買い忘れや余計なものを購入することが避けられます

もちろん、過去に同じような水漏れ修理をしたことがあり、一部だけ変えているという場合は、まだまだ劣化していないことも考えられるのでその限りではありません。ただ、長らくどの部品も変えていないという場合は、まとめての交換する方が今後の手間をカットできるでしょう。

シングルレバー混合水栓の場合

次にシングルレバー混合水栓の修理方法です。シングルレバー混合水栓の場合は、バルブカートリッジと呼ばれるパーツが原因であることが多いでしょう。水栓の型番を確認し、それに適合するバルブカートリッジに交換してください。型番は水栓の下部に書いてあることが多く、それを検索することでPDFの図面が出てくるので、そちらで確認できるでしょう。

それでは修理の手順を紹介していきます。

1.キッチンの止水栓を閉じる、もしくは元栓を閉める
他の修理の時と同様に、水回りに触れる際は作業中に水が噴き出さないように、止水栓や元栓を閉めておきましょう

2.レバーを固定しているネジを外して、レバーを外す
バルブカートリッジを交換するので、一度レバーなどを取り外す必要があります。カバーの中にレバーを固定しているネジが隠されているので、そこを外して、緩めていきましょう。

また、使用している水栓の機種によっては、このカバーがない場合もあります。その場合は単純にネジを外していきましょう。
ネジはプラスダイバーでとれるタイプもあれば、六角レンチを使用する必要があるパターンもあります。

3. バルブカートリッジのおさえを外す


レバーがとれたら、次はバルブカートリッジを押さえているカバーを外します。とても固いため、初心者は苦労することも多いです。

そして、このカバーを外す際は、カバーと一緒に胴体が回らないようにしてください給水管のねじれに繋がり、水漏れを引き起こします。また、押さえのタイプによっては、水栓を固定するための専用工具が必須となったり、ストッパーなどを取り外す手順があったりします。取り外す前に確認しておきましょう。ちなみに工具が必要なタイプの場合、手で押さえることはできませんから、必ず工具を使ってください。

また、バルブカートリッジの押さえや、バルブカートリッジを取ろうとすると、水栓の内部に残った水が溢れることがあります。作業が終わったら拭き取れるようにしておくといいでしょう。

4.古いバルブカートリッジをとる

カバーが外せたら、あとは古いバルブカートリッジを取り外して、新しいものを取り付けるだけです。ただ、バルブカートリッジは、機種によっての差が大きく、手でサっととれるものもあれば、ネジのように緩めて取り外すなど、少しコツがいるものもあります。その点は気を付けて、同梱の説明書を確認しながら、適切な取り方で進めていきましょう。

5.新しいバルブカートリッジをセットする
型番によって、位置に合わせて置くだけで良いものもあれば、別の部品を取り付けてから設置するものもあります。例えば、TOTOの「TKJ31UF3R」という型番の場合は、向きを合わせて置くだけでよく、同じくTOTOの「THY582N」という型番の場合は、先にフレアパッキンとネジを取り付けてからカートリッジを設置します。それぞれ作業自体は難しくないため、取り出すときと同様に型番に沿った取り付け方を調べておきましょう。

6.逆の手順で元に戻していく
バルブカートリッジの押さえ→レバー→カバーという風に、各部品を取り外した時と逆の順番でそれぞれ取り付けていって、元の状態に戻します。付け忘れなどに注意してください。また、カートリッジの押さえを締めるときには胴体を固定するなど、分解した時と同じようなポイントに気を付けておきましょう。

7.止水栓や元栓を開けて、水漏れをチェック
無事に元に戻せたら、止水栓あるいは元栓を開き、水漏れが起きないか確認しましょう。特に問題がなければ修理は完了です。

 

バルブカートリッジは、前述したように、この水栓の吐水・止水を管理するパーツでいわば要である部分です。そのため、ここに問題が発生すれば、シングルレバー混合水栓のありとあらゆる場所で水漏れに繋がります。吐水口からの水漏れに限らず、この水栓で水漏れが発生したときは、まずはバルブカートリッジを点検してみるといいでしょう。

 

水栓の水漏れ修理:吐水口(スパウト)の付け根編

引き続き吐水口の水漏れを修理する方法を伝えていきますが、ここで紹介するのは先端ではなく、本体と吐水口が繋がる付け根の部分についてです。
ここの水漏れの場合、水を流している時に一緒に漏れ出してくるというケースが多いでしょう。水を流しつつ観察して、水漏れが起きていないか判断してみてはいかがでしょうか。そして、実際に水漏れが起きている場合は、この手順を参考に修理していきましょう。

2ハンドル混合水栓の場合

この水漏れのケースで、使用している水栓が2ハンドル混合水栓の場合は、まずはスパウトと本体の接続部分を固定しているナットの緩みから確認しましょう。キッチンのスパウトは、その用途の都合上、左右に動かすことが多いため、使い続けていると自然と緩んでくることがあります。そのため、ナットを締めなおすだけでも改善することがあるのです。

ナットを締めなおしても改善しなかった場合は本格的な修理に入ります。このケースの水漏れの場合、スパウトと本体の接続部分にあるUパッキンUリングが劣化していると考えられるでしょう。そのため、これの交換作業を行っていきます。止水栓や元栓を閉めて準備しましょう。

1. 付け根を固定しているナットを外す

付け根を固定するナットは画像の赤枠で囲ったものです。これを外し、スパウトが取り外せるようにしましょう。

長期間使用している水栓の場合、固くなってしまって回せないというケースがあります。この場合、無理に回そうとすると破損する恐れがあるため、その時点で作業を止めて、専門業者に任せましょう。

2. パイプを抜き取り、パッキンを交換する


パイプを抜き取ると、本体側あるいはパイプに、パッキンが付いているのが分かるはずです。それを取り外していきましょう。

パッキンは基本的には手で取りましょう工具を使用すると本体に傷がつく恐れがあります。本体に傷がつくと水漏れに繋がり、パーツ交換では対処できなくなるのです。

ただ、パッキンが劣化していると、貼りついてしまい手でとれないということもあるでしょう。そのようなどうしても固いというときは、工具ではなく竹串のような本体に傷がつきにくいものを使用してください。

次にパッキンをはめ込む向きですが、Uパッキンには溝があるので、その溝が本体側になるように取り付けます。また、無理やりはめ込むとパッキンが千切れる恐れがあるので、丁寧に取り付けていきましょう。

3. パイプを取り付け直し、ナットをしっかり締める

あとはパイプを取り付けて、ナットで固定すればOKです。ナットは緩く締めると水漏れに繋がり、締めすぎるとスパウトの動きが悪くなるため、ほどよく締めるようにしましょう。また、ナットを締める際に力をかけすぎると、内部に負担を与えることになるので注意してください。

4. 水漏れチェックを行い問題がなければ完了

以上の手順で、2ハンドル混合水栓の吐水口の付け根に発生する水漏れが修理できます。水漏れチェックまでしっかり行って、きちんと修理できているかも確認しておきましょう。

 

シングルレバー混合水栓の場合

シングルレバー混合水栓の場合、スパウトの付け根というよりも胴体という表現が適切でしょう。そして、その部分から水漏れするという場合は、カートリッジが原因であるケースと、胴体部分にあるパッキンの劣化が原因であるケースとがあります。

バルブカートリッジが原因の場合はスパウトの上側から、パッキンが原因の場合は下側から漏れ出すことが多いでしょう。それを参考にどこを交換すべきか判断してください。漏れ出す場所が分からない場合は、一度濡れている部分を拭き取り、水を流してどこから漏れ出すか観察してみるといいでしょう。

また、バルブカートリッジが原因の場合は、「吐水口(スパウト)の先端編」で紹介した内容を参考にバルブカートリッジを交換してください。

それでは吐水口のパッキンを交換する方法を説明していきます。
まずはパッキンを取り外せる状態にしていきましょう。バルブカートリッジを取り外すところまでは「吐水口(スパウト)の先端編」で紹介したときと同様の手順になりますので、そちらを確認してください。

バルブカートリッジを取り外せたでしょうか?それでは、以下の手順を参考にパッキンを交換していきましょう。
1. スパウトを取り外す

大体の機種が引き抜くだけで取り外せるでしょう。

2. パッキンを取り外し新しいものを取り付ける

スパウト部分を取り外すと、内部がむきだしになります。そこにあるOパッキンUVパッキンを交換することで、水漏れが直せるはずです。どこのパッキンに問題があるのかを確認の上、交換してください。

3. 各部品を順に元へ戻していく

取り外したときとは逆の順番で取り付けていき、元通りにしましょう。スパウトを取り付ける際は、本体に引っかかってパッキンがめくれたり、千切れたりしないように注意してください。

4. 止水栓・元栓を開き、水漏れが起きなければ完了
他の方法と同様に水漏れチェックを行います。止水栓・元栓を開き、水を出してみましょう。特に水漏れが起きなければ無事修理完了です。

 

ここまでの作業をやってもまだ直らないという場合は、バルブカートリッジの異常で吐水口の上部から水漏れしているのかもしれません。バルブカートリッジも交換しているという場合は、専門業者に依頼をして点検してもらうといいでしょう。また、これらのパッキンには取り付ける際の向きが決まっているため、それが適切でないなどのことが考えられます。

また、2ハンドル混合水栓、シングルレバー混合水栓ともに、腐食や傷など、スパウト自体に問題があって水漏れが起きているというケースがあります。その場合の修理方法は、スパウトの交換になります。使用している水栓に合致するスパウトを用意して、交換するといいでしょう。本体に問題があるケースもありますが、その際は水栓自体の交換が必要になるため、専門業者に依頼してください。

 

水栓の水漏れ修理:ハンドル編

最後にハンドルの下へ水漏れしている場合の修理方法を紹介していきます。まず、ハンドルに発生する水漏れの場合、これまでの修理方法で直るケースが多いです。

2ハンドル混合水栓の場合は、「スパウトの先端編」で紹介している内容を参考に、ハンドル部分にあるナットや三角パッキン、スピンドルを確認してみましょう。次に、シングルレバー混合水栓の場合ですが、こちらはレバー自体に破損や接続の緩みがあるか、バルブカートリッジに問題があるかのどちらかになります。

レバーに接続の緩みがある場合は、一度外して取り付け直し、破損がある場合は交換を行ってください。また取り付け直したり、交換したりする際の手順は、「吐水口(スパウト)の先端編」のシングルレバー混合水栓の場合で紹介している、1~2の手順で行えます。バルブカートリッジの交換を行う場合も「吐水口(スパウト)の先端編」で手順を紹介していますので、そちらを確認してやってみましょう。

水栓の主な修理方法は以上になります。これ以外の場所での水漏れとなると、パーツの交換では直りきらず、本体自体の交換をすることになる可能性が高いです。水栓の交換は、DIYの経験がない人にはそこそこ難しい作業になっているため、専門業者などのプロを頼るのが賢明でしょう。

 

ハンドルは閉めすぎないように注意しましょう

修理の話に関連して、2ハンドル混合水栓や単水栓など、ハンドルを使って吐水・止水の操作をする水栓を使っている方に質問です。吐水口からポタポタ垂れる水を止めようと、ハンドルを強く閉めた経験がないですか?

この行動、実は水漏れを引き起こすNG行動の一つなのです。強く締めることで内部のパッキンへ負荷がかかり、それの傷みを助長します。そして傷んだパッキンは水を止める力が弱くなってしまうので、水漏れが起きてしまうというわけです。

 

ポタポタ垂れる水でも積み重なれば、それなりの金額になりますから、ついついハンドルを強く閉めてしまうという方もいるはずです。また、実際にハンドルを閉めることで、ポタポタ垂れるのが止まるのであれば、これでOKと思ってしまうのも当然でしょう。しかし、それを繰り返すうちにパーツが完全に壊れ、ハンドルだけでは止めきれないということが起きるかもしれません

ハンドルを閉めてもポタポタ垂れるというときは、内部のナットが緩んでいたり、パッキンが傷んでいたりして、すでに止水する力が弱っているのかもしれません。ポタポタ垂れ続けるような軽い水漏れであれば、紹介したような簡単な手順で直せる可能性が高いので、ハンドルを強く締めて対処するのではなく、修理の形で対応してはいかがでしょうか。また、実際に修理が終わったときは、強く締めるのではなく、軽く締めるようにして、水漏れの予防を心がけていきましょう。

 

交換の際に注意したい水栓のタイプや用語について解説

水漏れを修理する際に、各パーツの劣化具合によっては、細かいパーツを交換するよりも水栓まるごと交換する方が良い!となることがあります。それは、経年劣化によって一部のパーツだけでなく、全体が劣化していると考えられるためです。

もし水栓をまるごと交換する場合は、水栓をどのように設置しているかということとに注意しましょう。適合する水栓が変わってきます。交換用に選んだ水栓がキッチンに合わないということが起きないように、使える水栓の規格を把握しておきましょう。

まずは、水栓の取り付け方法について解説していきます。キッチンの水栓の取り付け方としては、台付タイプ壁付タイプの二種類があります。
壁付タイプは名前の通り壁に取り付けられているタイプの水栓で、台付タイプはキッチンの天板に穴を作り、そこへ取り付けるタイプの水栓です。

水栓を交換する際は同じタイプでの交換であれば、ハンドルの形状が変わっても大抵は交換が可能です。「台付タイプのハンドル式から、台付タイプのレバー式に変更…」という風に交換することができるでしょう。

しかし、壁付タイプから台付タイプ、あるいはその逆にという風に取り付け方が変わると、計測や穴開けなどの作業が発生し、いわゆるリフォームが必要となるため、現実的ではありません。水栓を交換する目的があくまで水漏れ修理ならば、同じ設置方法のものを選択しましょう。

次に台付タイプの水栓で、取り付け穴の数を指すツーホールワンホールという用語について解説していきます。それぞれ名前の通り、ツーホールは二つ穴ワンホールは一つ穴で取り付ける蛇口のことです。ツーホールはお湯と水が分かれた穴を通り、ワンホールはホースを取り付けることでお湯と水が通る穴をまとめています。

各タイプで穴のサイズや穴同士の距離感など、規格が統一されているので、交換の際は取り付け方法と同様に各タイプに合わせた水栓を使うことがおすすめといえるでしょう。

 

しかし、取り付け穴をその水栓に適合するように広げたり、各パイプにホースを取り付けて一つの穴にお湯と水の通り道をまとめたりといった作業ができるのであれば、ツーホールからワンホールの水栓に切り替えることは可能です。

とはいえ、取り付け穴を広げるには高額な工具が必要となるため、自分でやるにしても業者に依頼するにしても費用が高くつきます。そう考えるとあまり現実的ではないでしょう。リフォームを行う気でないのであれば、それぞれに合った水栓を選ぶのが賢明です。

 

排水管のつまりが水漏れを引き起こす!?

野菜の切れ端や皮、カップ麺の残り汁など、水ではないものを排水口へ流していませんか?この行動は、排水口の先にある排水管でつまりを引き起こす恐れがあり、大変危険です。

排水管のつまりは、水の通りを悪くするだけでなく、水漏れを置きやすくさせる要因でもあります。詳しく説明していきますので、排水管のつまりを起こさないように気を付けていきましょう。

うっかり流してない?これが排水管をつまらせている!

排水管がつまることで起きる水漏れついて説明する前に、前述の行動でつまりが発生する理由と、排水管のつまりを引き起こすものを紹介していきます。

揚げ物を調理したあとは揚げ油を処理しなければなりません。凝固剤を使用したり、新聞紙に吸わせたりと、色々な方法がありますが、油を排水口に流しているという方はほとんどいないのではないでしょうか。排水口に油を流してはいけないと言われていますから当然です。

そして、排水口へ油を流していけないのは、下水処理で負荷がかかるということももちろんですが、流した油が排水管で固まってしまう恐れがあるからです。

例えば、お肉を焼いたフライパンや、冷めたお肉に白いものが固まっているのを見たことがないでしょうか。これはお肉から出た油が固まったものです。つまり、油を流してしまうと、排水管でも同じようなことが起きる恐れがあります。そして、冷えて固まった油は一か所に固まり、排水管のつまりを引き起こすというわけです。

また、カップ麺の残り汁も、液体ではありますが油分も多く含んでいます。そのため、流してしまうと、油と同じく排水管内で固まる恐れがあるでしょう。汁物料理の残りを流すことも同様です。

少量であれ、多量であれ、油を流すという行為は排水管のつまりを引き起こしかねません。油も残り汁も、紙に吸わせてゴミとして捨てたり、凝固剤を使ったりして、くれぐれも排水口には流さないようにしましょう

 

そして、食材カスなどの生ごみについてですが、こちらは単純に固形物ですのでつまります。細かいから流れるだろうと繰り返すうちに、食材カス同士が固まってつまりを引き起こすのです。食材カスは三角コーナーにまとめる、排水ネットを使って流しても受け止められるようにするなど、排水管でつまらないように対策をとりましょう。

他にも固形石鹸のカスなども排水管をつまらせる恐れのあるものです。小さくなった石鹸は流さずに、ゴミとして処分するといいでしょう。お住まいの地域の案内に従って分別し、処分してください。

 

また、これらを流していなくてもつまったら、排水管に汚れが溜まってつまりやすくなっているのかもしれません。どんなに気を付けていても、洗い物で汚れた水や食器についた汚れが排水溝へと流れることは避けられないので、油や汚れが排水管に蓄積していきます。そのため、汚れをそのままにして使い続けていれば、つまりが発生するということも考えられるでしょう。

水はけが悪いときには、排水管につまりが起きかけているサインです。パイプクリーナーで汚れを溶かし落とし、詰まりにくい状態にしましょう。

排水管のつまりは、つまりが起きてからでないと対処できないわけではありません。それどころか定期的なお掃除でつまりにくくすることも可能なのです。特につまりそうだなとは感じていなくても、週に1度、一か月に1度と定期的に行うように心がけてはいかがでしょう。

排水管がつまると水漏れが起こる理由って?

排水管のつまりについて理解できれば、次は排水管のつまりによって引き起こされる水漏れについてです。つまりが原因で起きる水漏れは、つまりが起きた場所によって変わります。すなわち、排水管のどこにでも発生すると考えておきましょう

そして、肝心のつまりが原因で水漏れが起きる理由ですが、つまりによって水が一か所に留まり、そこに負荷がかかるためです。排水管の破損を引き起こして水漏れしたり、かかった負荷で接続が緩んで水漏れしたりということが考えられます。

また、排水管につまりが起きるとそこに栓がされているのと同じですから、水がどんどんたまり続けます。行き場を無くした水は逆流するしかなく、シンクへと溢れるということもあるでしょう。こちらにも気を付けなければなりません。

以上がつまりによって引き起こされる水漏れですが、つまりによって水漏れが起きるということは、もともと排水管のパイプやホースに異常があったり、各接続部分の締め付けが緩んでいたりということも考えられます。つまりが起きたときには、合わせて排水管の状態をチェックし、問題が見つかった際には改善するようにしましょう。

排水管がつまったらどう解消したらいいの?

排水管のつまりが水漏れを引き起こすというのは前述の通りです。そして、排水管がつまってしまった以上は、それを解消しなければ、その間流しを使うことはできません。また、つまりを無くして、水漏れのリスクをなくす必要もあるでしょう。排水管のつまりは、専門業者に頼むことはもちろん、自分で取り除くことも可能です。自分でできる方法で簡単なものを紹介していくので、試してみてはいかがでしょうか。

自分でできる排水管のつまりを取る方法は「パイプクリーナー」「ラバーカップ」などの道具を使用することです。とはいえ、重度なつまりの場合は、これらの方法では太刀打ちできないということもあるので、万能ではありません。長年排水管の掃除をしていないというような方であれば、最初から専門業者に依頼するのもいいでしょう。

それでは「パイプクリーナー」と「ラバーカップ」の使い方を詳しく説明していきます。万が一排水管につまりが起きたときの対処方法として覚えておくといいでしょう。

つまりの修理方法その1:パイプクリーナーを使う

キッチンの掃除方法

まずはパイプクリーナーを使用した方法です。パイプクリーナーを流し込むことで、つまりの原因となった汚れを溶かして落とします。

次に、パイプクリーナーには、様々な濃度のものがあり、威力がそれぞれ違います。中には業務用とされているかなり強力なものもあり、そちらを使えば大抵のつまりは除去できるでしょう。しかし、業務用のパイプクリーナーの多くは医薬用外劇物に指定されており、入手機会が限られ、購入する際にも手間がかかるのです。

濃度や配合を変更することで医薬用外劇物でなくし、一般家庭での入手や使用を容易にしたパイプクリーナーもありますので、強力なパイプクリーナーを使いたいという方はそちらを使うことをおすすめします。

使い方は、お湯と混ぜてから投入したり、投入してからしばらく放置したりと、商品ごとに全く違います。安全かつ確実につまりを取り除くためにも、使うパイプクリーナーの説明を読みこんで、必ずそれに従って使用してください。

また、パイプクリーナーは強力な洗剤ですから、いい加減な使い方をしていては、思わぬ事故に繋がります。くれぐれもパイプクリーナー同士を混ぜたり、皮膚や粘膜についたりしないようにしてください。作業を行う際にもその辺りを十分に保護した上で作業しましょう。

ちなみにパイプクリーナーは定期的な排水管のお手入れにも使用できます。排水管をキレイにすることで、つまりを防ぐことができるでしょう。水漏れ予防にも繋がるので、定期的なお掃除を意識してみてはいかがでしょうか。

つまりの修理方法その2:ラバーカップを使う

次にラバーカップと呼ばれる道具を使った方法です。ラバーカップは通称スッポンとも呼ばれ、トイレのつまり取りによく使われているのが印象的ではないでしょうか。実は、ラバーカップは水回り全般のつまり取りに使える道具です。そのため、今回紹介しているキッチンはもちろん、洗面所などでも使用できます。ホームセンターなどで、500円程度で購入することができますから、つまりが発生した際は試してみるのも良いのではないでしょうか。たとえ失敗しても痛い出費にはならない点もおすすめのポイントです。

次に、使い方としては以下になります。
1.排水口のカバーや排水栓など、外せる部品を全て取り外す
2.ラバーカップを排水口へぴったり当てる
3.シンクに水を貯めていく(ラバーカップのカップ部分よりも水面が高くなるくらい)
4.カップをゆっくりと押し付ける
5.限界まで押し付けられたら一気に引き上げる

一連の手順をやっても取れなかった時は、4、5の手順を繰り返しましょう。ラバーカップを使った方法は、即効性はありませんが強力ではあります。諦めずに繰り返し行うことで突然スポンとつまりが取れる可能性があるのです。

作業時のポイントとしては、つまりの原因を「引っ張り出す」ことを意識しましょう。勘違いされることも多いのですが、ラバーカップは押し込む道具ではありません。押し引きすることで水流を作り出しつまりを引き出す道具です。また、つまりを押し込んでしまっては更に奥でつまることも考えられます。くれぐれも「押し込む」のではなく、「引っ張る」ことを意識して、ラバーカップを使ってみましょう

また、ツーシンクなどの少し特殊なデザインのキッチンを使っている方は、サイドシンクの排水口を、雑巾などを使ってふさいでから同様の作業を行いましょう。空気の通り道があっては、ラバーカップの効果が発揮できません。また、水が噴き出してしまう危険性もあります

以上が自分でもできる簡単な排水管のつまりを取る方法です。この他の方法となると、道具も高額になってきて、準備の時点から大変になってきます。
専門業者に依頼すれば、高圧洗浄機などのより強力な道具を使って修理してもらうことができるので、あれこれ道具を揃えるよりもスムーズに解決できるでしょう。排水口のつまりに悩んだときにはそちらも検討してみてください。

 

パイプ類の修理は自分でできないことも多い

排水管や給水管など、シンクには色々なパイプが接続されています。そして、こういったパイプ類にも水漏れが発生することがあります。特に床へ漏れ出す形で水漏れしているときは、そのパイプ類の水漏れが原因となっているケースが多いといえるでしょう。理由としてはこれらのパイプ類がシンク下の収納に収められていることが多いためです。

シンク下という目立たない場所で起こった水漏れは、そこを確認しない限り見つけることはできません。しかも、軽度なうちは気づかないパターンも少なくないのです。そのため、ひっそりと水漏れが進行していき、深刻な状態へと悪化してから発覚します。実際、その場では収まりきらないほどの水がシンク下に溜まり、床へと漏れ出してから気づくというパターンが多いのではないでしょうか。

 

そして、実際に水漏れが起きたときは、修理しなければならないのですが、パイプ類の修理は、自分で直すのは難しいものが多いでしょう。というのも、パイプ類の水漏れで、自分で直せるものといえば、蛇口の水漏れ修理でもやるような、パッキンなどのパーツを交換することで直る水漏れくらいだからです。パイプに穴が空いて水漏れが起きたというケースでは、パテやテープで穴を埋めるなどの応急処置くらいしかできません。

というのも、パイプ自体に起きた水漏れの場合、根本的に修理するにはパイプを新しいものに交換する必要があるからです。パイプの交換には、パイプの長さを計測して調整したり、ずれがないように接続したりと、面倒な作業が発生します。締め付け直したり、新しいものをはめ込んだりするだけという簡単なものではないので、自分でやるのはリスクがあるでしょう。

見た目が気にならないという方は、シンクの修理で紹介したのと同じように、パテを使って水漏れを止めましょう。ただ、破裂によってできた穴やヒビの場合、大きすぎてパテでは水漏れが抑えきれないということもあります。その際は、やはりパイプを交換して根本的な解決をするしかないので、止水栓を閉めてそれ以上水漏れしている場所には触れないようにして、専門業者の修理を待ちましょう。

 

また、パーツを交換する形での修理方法でも、場所によっては分解作業が複雑で個人での修理はおすすめできないというものがあります。その場合、やはり手出しはせずに、止水栓や元栓だけ閉めて、専門業者による修理を待つというのが賢明です。下手に弄ってしまうと大量の水が漏れ出すくらいに悪化して、元栓を閉め続けることになってしまうかもしれません。そうなると、修理するまで一切水を使うことができないなんてことも考えられます。

給水管あるいは給湯管など、パイプ類に発生する水漏れには、自分では対処できないものが多いと心得ておきましょう

 

水漏れに繋がるウォーターハンマー現象とは

キッチンというよりも住宅全体にいえることですが、ウォーターハンマー現象あるい水撃作用を放置していると、水漏れを引き起こす恐れがあります。これは、水圧の強い住宅でよく起きる現象で、急激に止水をすることにより、水の慣性で管内に強い圧力と衝撃がかかって発生します

 

例えば、洗い物などを終えて止水した際に、「ドン!」などと衝撃音が聞こえた経験がないでしょうか。これこそ、ウォーターハンマー現象あるいは水撃作用によるものです。どんどん水が流れる場所を突然壁でふさげばどうなるでしょうか?水は急に止まることはありませんから、その壁にぶつかることが予測できるはずです。勢いよく大量の水が壁にぶつかれば、当然大きな音がするでしょう。

ウォーターハンマー現象による衝撃音は、配管の中で同じことが起きているために発生するというわけです。また、配管内で水圧の急変動が起こることで、配管自体が振動します。その振動が壁に伝わって衝撃音がするというケースもあるでしょう。

そして、そんな強い衝撃が発生するウォーターハンマー現象ですから、繰り返し起こっていると、その衝撃により配管の劣化が早まります。つまり、水漏れの原因になる恐れがあるのです。一回、二回のウォーターハンマー現象では、水漏れも起きないとされていますが、経年劣化している配管などではトドメになってしまうかもしれません。また、何度もウォーターハンマー現象を繰り返すことで、配管にダメージを蓄積させてしまうでしょう。

 

ちなみにウォーターハンマー現象は、キッチンの場合、主にシングルレバー混合水栓給湯器食洗機などを使っているとよく起きるとされています。2ハンドル混合水栓など、ハンドルを回して操作するタイプの水栓の場合は、徐々に吐水が弱まっていくため、急激な止水にはなりません。しかし、シングルレバーの場合は、上下に動かすだけで吐水や止水が行えるので、急に水を止めることもできてしまいます。そのため、ウォーターハンマー現象が起きるというわけです。対策としてはゆっくりとレバーを下げて、急に止水しないように気を付けましょう

また、給湯器や食洗機の場合は、その用途の都合上、一瞬で弁を閉じるための電磁弁というパーツを組み込んでおり、急激な止水というものは仕様上仕方がないことです。対策しようとすると、流速や流量を変えなければなりません。

だからこそ「水圧を調整する」ということが大切なのです。水圧を弱めることで流速や流水量も弱めることができるからです。方法としては、住宅の元栓を閉じて、家全体の水圧を弱めるというものになります。上手く調整して、ウォーターハンマーが起きないようにしてみましょう。

 

ただ、上記の方法をとる場合、水圧を「弱くしすぎる」ということに注意しなければなりません。流速や流水量が弱まるということは、シャワーや蛇口から流れる水も弱くなるということですから、調整を失敗すると日常生活に支障が出てくるのです。

また、ただ不便なだけで終わればまだマシな方で、タンクレストイレを使っている場合ですと、一定の水圧が確保できなければつまりを引き起こす恐れがあります。そのため、細心の注意を払って調整しなければならないでしょう。

 

このように「水圧を調整する」方法は、簡単に行えますが、リスクもあります。また、元栓を調整しても全く直らない、元栓を弄るのは抵抗があるというケースもあるでしょう。その際は水撃防止器を導入してみてください。

水撃防止器は、特殊緩衝体と緩衝体保護膜の二層構造になっており、それにより水圧の衝撃を受け止めて吸収してくれます。各機器の元栓である止水栓に取り付けるだけで、ウォーターハンマー現象の発生をグッと抑えてくれます。取り付け方も簡単で、元のハンドルを取り外し、そこへ水撃防止器を取り付けるだけです。費用はかかりますが、方法自体は簡単ですから、キッチンの水漏れを予防するためにも、ウォーターハンマー現象を防いでいきましょう。

 

キッチンの床が沈むと感じるのは水漏れのせいかもしれません

「キッチンに立つとなんだか床が凹む気がする…」

それは水漏れによって引き起こされているかもしれません。水漏れによって床が常に湿気てしまい、接着が緩んだり、床材が腐食したりするのです。

そして、実際にそのような状態にあるとしたら張替やリフォームなどによって床を修理するしかありません。状態が悪ければ悪いほど、修理にかかる費用も大きくなってしまいます。また、修理によって床の状態が良くなったとしても、水漏れを修理しなければ再び同じようなことが起きてしまうのです。床の凹みを防ぐには、水漏れにいち早く気づき、修理することが大切なのです。

 

それではなぜ水漏れを放置すると床が凹むようになるのでしょうか。

まず、床というのは、根太や大引といった角材で支えられ、その上にフローリングなどが張られて作られます。水漏れを放置すると、水が床へと浸透していくので、床下の湿度が上昇するのですが、フローリングの場合は、接着剤で薄い板を張り合わせているため、湿度が上昇することで、その接着が緩んでしまいます。そのため、人が立って負荷がかかるとペコペコとするわけです。これが水漏れによって床が凹む仕組みの一つになります。

次に腐食しているために床が凹むというパターンについてです。まず、前述の通り水漏れを放置すると床下の湿度が上昇します。そして、湿気のある環境というのは腐朽菌という腐食の原因となる菌が繁殖しやすいのです。腐朽菌は木材の強度を維持するための成分を栄養とするため、繁殖すればするほど床材の強度が落ちていきます。そのため床の凹みも引き起こされるというわけです。

最後はシロアリによって床の強度が落ちて凹むようになるというものになります。もちろん、こちらも水漏れによって引き起こされることがあるものです。
まず水漏れを放置すると床下の湿度が上昇すると説明しましたが、シロアリは湿度のある木材を住処とします。つまり、腐朽菌と同様に湿気があるとシロアリが繁殖しやすいというわけです。そしてシロアリは木材を食べてしまうので、物理的に強度が落ちていくという仕組みになります。

このように水漏れは床の凹みを引き起こしたり、住宅の耐久性を大きく落としたりする要因になりえますから放置するのは厳禁です。

 

水漏れはすぐには気づけない形で襲ってくることもあります。収納内に排水管や給水管が通っている場合は、そこで水漏れが発生すると床に漏れ出さずにじわじわと住宅を侵食することもあるでしょう。床が凹むという状態は手遅れといっても過言ではありません。そのため、水漏れが起きたらすぐに修理することが大切です。水漏れが起こると考えられる場所を定期的に確認し、床が凹むようになる前に手が打てるようにしておきましょう。

 

排水口へ熱湯を流していると水漏れする危険性が高まる

茹でものやレトルト食品の煮沸、カップ焼きそばなど、キッチンで熱湯を使う機会は多いものですが、その処理はどうしているでしょうか?特に気にせずシンクに流しているという方が多いと思います。

実はこの行動は排水管に負荷を与えて、水漏れを引き起こしてしまう行動なのです。何気なくやっていたという方は今後控えるようにしましょう。

シンクに熱湯を流すことでなぜ水漏れが起こるのか

それは配管に塩化ビニールを素材にしたパイプ(以下塩ビパイプ)が使われていることが関係しています。塩ビパイプは腐食といった金属系の排水管で起きがちなトラブルにも強いうえに、ほどよい耐久性があるため、最近の配管には使われることが増えてきました。シンク下に収納があり、その中に配管があるという人に限りますが、実際に見て確認することもできるでしょう。

そして、塩ビパイプは上記に加えて、60℃を超える温度で加熱されると軟化するという特徴があります。つまり、熱湯により軟化して変形してしまった結果、配管同士の接続が緩み、水漏れが起こる恐れがあるのです。

沸騰しているお湯で100℃ですから、麺類を茹でた直後のお湯などはもっての外でしょう。ちなみに、給湯配管や温泉の配管として使われる塩ビパイプとして、こちらよりも耐熱温度を向上させたパイプもありますが、こちらでも耐えられるのは90℃までです。熱湯を流さないことに勝る対処法はないといえるでしょう。

もっとも、お湯は流れながら冷えていくので、一回や二回で即水漏れするなんてことは少ないはずです。しかし、1リットル、2リットルなどの大量のお湯であれば、排水管に至るまでに冷え切らず、ダメージを与えることにはなるかもしれません。どちらにせよ、じわりじわりと変形し、いずれ水漏れを起こす恐れがあるので、用心しておくのが賢明です。

 

また、塩ビパイプは、接続する際に接着剤を用いています。そして、その接着剤の耐熱性は、一般的なもので45℃と言われているのです。塩ビパイプ以上に耐熱性が低く、熱湯に触れれば簡単に緩んでしまうということになります。

すなわち熱湯を注ぎ続けることは配管同士の接続を弱めることにつながるのです。配管同士の接続が弱くなれば、当然その部分から水漏れしますから、熱湯を注ぎ続けて塩ビパイプが軟化しなかったとしても、水漏れすることになるかもしれません

対策としては、水と混ぜてぬるくしつつ流していく、ある程度時間を置いて冷ましてから流すなどをして、シンクへいきなり熱湯を流さないようにしましょう。また、流す間とその直後は水をしばらく注いで、熱湯が配管の一か所に留まらないようにすることも大切です。水を流すのがもったいないと思うかもしれませんが、塩ビパイプが変形してしまっては、修理代はオーバーした水道代どころでは収まりません。つまり、水道代の節約どころの話ではありませんから、気を付けておいて損はないでしょう。

 

ちなみに、熱湯をシンクに流すとボコッという大きな音がすることがありますが、これは熱湯によりシンクの一部が熱膨張し、反り上がった結果鳴っています。あれが排水管のダメージに影響することや、直接水漏れを引き起こすことは早々ありませんが、熱湯を流すことへの警告音としても受け取れるのではないでしょうか。頻繁にシンクからボコっと音をさせているという方は、これを機に熱湯を流すのを控えていきましょう。

 

食器洗浄機に発生する水漏れはどうしたらいい?

食器と洗剤を投入してスイッチオン、それだけで洗い物が完了する食器洗浄機は大変便利な家電です。食洗機とも呼ばれ、手放せないくらいお世話になっているという方もいるのではないでしょうか。
そんな便利な食洗機も、水を使う以上は水漏れする恐れがあります。キッチンで使用する家電ということで、食洗機に発生する水漏れについても紹介していきましょう。

 

食洗機の水漏れ:修理編

食洗機に水漏れが発生する原因は、経年劣化であったり、使用方法が誤っていたりと様々です。そして、原因に関わらず発生してしまった以上は修理や交換をして対処する必要があります。

それでは、食洗機の水漏れは、キッチンの水栓などのように自分で修理が可能なのでしょうか?結論から言うと自分でできるものもあれば、メーカーや専門業者を頼ることになるものもあります。

まず、ビルトインタイプの食洗機はメーカーや専門業者を頼らなければならないケースが多くなるでしょう。卓上型と比較して設置の仕方が複雑で、原因の特定が難しいためです。たとえ原因が特定できたとしても、知識のない状態で説明書がないものを直すというのは至難の業でしょう。
次に卓上型の食洗機に発生した水漏れは、パッキンの掃除や排水ホースの交換、分岐水栓の点検という簡単なものであれば対応できる可能性があります。詳しく紹介していきましょう。

パッキンの掃除

食洗機に起きる水漏れの一つに、フタが密着しておらず、洗浄中に内部の水が漏れ出してしまうというものがあります。扉のパッキンやヒンジに、ゴミが付着していたり、汚れがこびりついたりしていると、隙間ができてしまうのです。

細かいゴミや汚れによってできる隙間の場合、ほんのわずかな隙間なため、あからさまに閉まらないということが起こりません。食洗機は扉が開いていると認識すると運転できないようになっていますが、わずかな隙間の場合、閉じていると認識してしまうことがあります。そのため、うっかり運転することができてしまい、水漏れが起こるというわけです。

対処方法としては、パッキンやヒンジをキレイに掃除して、しっかりとドアが密着するようにしましょう。パッキンはデリケートなため、掃除の際はソフトな素材を使用したタオルや布を使うのがおすすめです。また、カビやしつこい汚れの場合は、水で薄めた漂白剤の中に布を浸し、それで拭き取ります。その後しばらく置いてから水拭きすることも忘れないようにしましょう。

ちなみに、この方法であれば、取り外したり、配線を弄ったりということがないのでビルトインタイプの食洗機に試すこともできます。簡単なお掃除で改善すればそれに勝るものはありません。試してみてはいかがでしょうか。

 

また、食洗機のパッキンは汚れる他に、経年劣化で欠けたり緩んだりしてしまうこともあります。その場合は、古いパッキンを取り外して新しいものに交換することが必要なのですが、食洗機のパッキン交換は基本的にメーカー対応としているものが多いです。そのため、メーカーから交換用のパッキンを取り寄せるということが難しいといえます。

通販であれば運よく購入することができるかもしれませんが、機種の説明書に取り換えの方法は記載されていないですし、型番に合ったパッキンを購入しなければなりませんから、交換は自己責任となるでしょう。もし不具合が起きれば結局費用がかかってしまうので、パッキンを交換したい場合は、最初から専門業者を頼るのが賢明です。

ホース類のチェック

食洗機は水を使う家電ですから、当然水を供給するための給水ホースと、使用後の水を処分するための排水ホースが接続されています。次に紹介する食洗機の水漏れは、そんな排水ホースや給水ホースといったホース類が原因で発生するものです。

この水漏れには、ホースにゴミや汚れが詰まって、水が逆流したり溢れたりして漏れ出すケースと、ホースが破損して水漏れするケース、そしてホースの接続不良によって発生する3パターンがあります。それぞれの修理方法を見ていきましょう。

また、ホース関する修理方法は、卓上食洗機を対象にしたもののみ紹介します。ホースによる水漏れを修理するには、どうしてもホースを取り外す、取り付けるという工程が発生するため、ビルトインタイプのような複雑な構造のものは、卓上食洗機と違い、どうしても修理が難しくなるためです。よって、個人で作業することもおすすめできません。確実かつ安全に修理するためにも、ビルトインタイプはメーカーや専門業者などのプロに修理を依頼しましょう。

ホース類の水漏れその1:ゴミや汚れによるもの

これはパッキンのように問題のホースを掃除することで改善します。機種の説明書に従ってホースを取り外し、キレイにしてから改めて接続してみましょう。

また、排水ホースの問題であれば、そこへ繋がる食洗機の排水口もチェックしてみてください。油汚れや食べかすなどがたっぷり残ったままの食器を日常的に洗っていると、落ちたそれらが詰まることがあります。そうなると適切に排水ができないので水漏れに繋がることがあるのです。

ホースそのものの汚れや、ホースの接続面など、きれいに掃除できているか定期的にチェックすると、水漏れの修理や予防に役立つでしょう。

ホース類の水漏れその2:ホースの劣化や破損

次に紹介するのが、ホース自体の劣化や破損から起こる水漏れです。経年劣化などのやむを得ないものもあれば、少々手荒い使い方をしていたために起こるということもあります。

ホースが劣化、破損している場合は、ホースそのものを交換しましょう。

例えば、排水ホースの場合、汚れがホース内に溜まると負荷がかかって亀裂ができてしまうということがあります。食べかすなどのゴミが残ったままの食器を、予洗いなしで頻繁に洗っていると起きることのあるトラブルです。また、ホースの上に物をうっかりおいてしまったなど、ホースに負荷がかかることがあれば、穴が空いたり割れたりということもあるでしょう。

ホースをチェックして汚れが溜まっていないかチェックするとともに、亀裂などの問題が発生していたときはホースを交換しましょう。

ちなみに、ホースはメーカーのサイトからも取り寄せることができますが、メーカー指定でないホースでも対応できることがあります。機種にもよるので、お使いの食洗機の型番を確認の上、交換できるホースを購入すると安心です。

 

また、給水ホースには、水漏れ防止のためにゴムパッキンが埋め込まれているということがあります。つまり、このパッキンが劣化しても水漏れすることがあるということです。

ホースそのものが破損していないなら、そのパッキンを交換すると直るかもしれません。ホースの場合2000円前後で、パッキンであれば数百円で済むためお得に済ませたい方にはおすすめといえます。

とはいえ、給水ホースのパッキンは、扉部分のパッキンと同様に、使用者が交換することを想定して設計されていないというケースもあるのです。その場合はホームセンターなどで上手く合わせられるパッキンを見つける必要がでてきます。当然その場合は説明書もないため、DIYに慣れていない方であれば、ホースの交換で済ませるのが賢明でしょう。

ホースの交換手順についてですが、機種によって使われているホースが違います。そのため、説明書やメーカーホームページなどで紹介されている取り付け方などを確認しながら作業を行うと安心です。

ホース類の水漏れその3:ホースの接続不良

汚れもなく亀裂もない、でもホースの辺りから水漏れがしている…その場合は、ホースの接続が上手くいっていないのかもしれません。元々接続が適切でなかったケースもあれば、使い続けるうちにズレてしまい水が漏れ出すということもあります。

ホースの接続不良が原因であれば、一度ホースを外し付けなおしてみましょう。もちろん長く使っていてホースが古いということであれば、その段階で交換するというのも有効といえます。

また、食洗機には、排水ホースや給水ホースがありますが、それぞれワンタッチで取り付けている部分もあれば、ナットで固定されている部分もあるのです。そのため水漏れが起きている場所によっては工具が必要となることもあるので注意しましょう。ちなみに、水漏れしている場所がナットで固定されている部分であれば、ナットを締めなおすだけでも改善する可能性があります

ホースの交換と同様に、取り付けの手順は説明書を見ながら行いましょう。また、メーカーによってはホームページで紹介しているところもありますので、そちらを参考にするというのも有効です。

また、ホースの接続不良と合わせて、途中でホースが折れ曲がっている排水ホースがきちんと設置できていないなど、ホースの配置に問題があるために水漏れすることもあります

例えば、図のように排水ホースの先端が本体より上に位置していると、適切に排水できず庫内へ逆流してしまうことがあるのです。使い始めたばかりできちんと動いているときであれば、この状況でも水漏れが起きないこともあるでしょうが、接続不良や汚れが溜まっているなどの異常が重なると水漏れに繋がる恐れがあります。


図のように排水ホースが上部へいかないように配置し直してみましょう。折れ曲がっているなどの場合も、きちんとホースが伸びるように付けなおすことが必要です。

分岐水栓の点検

最後が分岐水栓に異常が発生して水漏れするというパターンでの修理方法です。分岐水栓とは簡単に説明すると、水の分かれ道を作るための器具になります。取り付けることで通常の蛇口に水の出口を増やすことができるのです。キッチンですと食洗機以外にも浄水器を設置する際にも使用されています。

そしてこの分岐水栓と給水ホースの接続が適切にできていないと、水漏れが起きることがあるのです。また分岐水栓が蛇口にきちんと取り付けられていないと、接続面から漏れ出すということがあります。分岐水栓の点検を行うときは、蛇口も合わせて確認しておきましょう。

分岐水栓の取り付けは適切か?給水ホースは分岐水栓としっかり繋がっているか?分岐水栓は劣化していないか?などチェックしてみてください。そして、分岐水栓にトラブルがあれば、取り付け直す、新しいものに交換するなどの対処が必要です。

 

ちなみに分岐水栓は、今使っている蛇口に合うものを購入する必要があります。交換という場合であれば、同じものを購入するだけでいいでしょう。もし、判断がつかなくて不安だ、今使っているものは廃止されているというときは、メーカーに問い合わせることで、合致する分岐水栓を取り寄せることもできます。そのため、作業前に水栓の型番を確認しておくと安心でしょう。蛇口によっては分岐水栓と一体型になっているタイプもあるので、その点も注意してください。

 

また、分岐水栓の取り付け方ですが、シングルレバー混合水栓の場合、バルブカートリッジを外して、そこから分岐水栓を取り付けて元に戻すという、大体バルブカートリッジを交換したときと同じような手順で行えます。とはいえ、前述したように蛇口によっては分岐水栓と一体型になっているケースもありますから、きちんと型番を確認してから作業を行いましょう。

交換の場合も、カバー類と古い分岐水栓を取り外して、新しいものに変えるという手順に変わるだけで、細かいところまでは変わりません。

しかし、給湯器に接続したいなどの場合はお湯側から出るように切り替えるなどの初期設定が必要になることもあります。他にも分岐水栓に付属しているネジに取り換える必要があるなど、細かい扱い方が機種によって違うことが考えられるでしょう。そのため分岐水栓を取り付ける際は、必ず付属している説明書を確認しながら取り付けていってください。

また、分岐水栓の取り付け自体はそこまで複雑な作業ではないですが、失敗すると水漏れが起きる恐れもあります。もし、不安を感じるのであれば、費用はかかってしまいますが、専門業者に取り付けてもらうのがおすすめです。

 

予防編

無事食洗機の水漏れを解消できたら、次は今後水漏れを発生しないように予防が必要です。そのため修理方法に続いて、水漏れを起こしにくくするための予防方法も紹介していきます。特に複雑な作業は必要なく、簡単なことで予防できるので心がけておきましょう。

予洗いをする

一つ目の予防方法は、食洗機に投入する前に食器をある程度キレイにするということです。いわゆる予洗いや下洗いという作業になります。

 

「せっかく時短のために食洗機を使っているのに…」

と思うかもしれませんが、修理編でお伝えしたように、食洗機の水漏れはパッキンに汚れやゴミが付着することで発生することがあります。そのため、それを予防するならばある程度キレイにしておくことが必要なのです。

とはいえ、予洗いが必要といっても、魚の骨や食べ残しなど、食洗機の故障に繋がる恐れがあるものだけ取り除くだけで水漏れ対策として十分でしょう。食洗機は年々パワフルになってきているので、多少汚れが多いくらいで水漏れすることはないとされているのです。

ただ、それが当てはまるのは、使う度に残さいフィルターを掃除したり、庫内をこまめにキレイにしたりして、マニュアルに沿ったケアを行っていた場合のみということに注意してください

 

汚れやゴミをそのままにして洗浄を繰り返し、パッキンやヒンジにこびりついてもおかしくない状況で使っていれば水漏れを引き起こしかねません。後述する庫内洗浄を定期的に行って、食洗機自体に汚れやゴミが溜まらない ように管理してあげましょう。

庫内洗浄やお手入れ

汚れたものを洗う機械である以上、使い続けていれば当然汚れが溜まっていきます。そして、その汚れがパッキンやヒンジに付着したり、ホースにつまったりすることで、水漏れが発生する恐れがあるのです。

それを防ぐためには庫内洗浄を行うといいでしょう。方法はとても簡単で、食洗機に食器類を入れず、食洗機専用洗剤を入れて運転するだけでお手入れできます。洗剤の分量は機種によって変わる可能性があるので、取扱説明書などを確認して行いましょう。

また、機種によってはお手入れコース機能などもありますから、そちらを使うのも良いでしょう。ない場合は乾燥なしで通常モードで運転するとしている機種が多いですが、機種の説明書を確認し、正しいお手入れ方法を行うのが無難です。

 

ちなみに、食器を洗う際にはクエン酸や重曹を使っている方もいるかもしれません。しかし、食洗機の庫内洗浄となると、機種やメーカーによってはそれらによる動作確認がされていないことがあります。そのため、動作不良が起こることも考えられるのです。一番安心なのはメーカーで推奨されている洗剤を使用することです。もちろん、動作確認が行われているのであればその限りではないですが、不安な場合は推奨されている洗剤を使うのがベストでしょう。

また、パッキンやヒンジ部分、ドアのふちなど、細かい部分には庫内洗浄を行っていても汚れが付着するということがあります。その場合は綿棒や柔らかい布などを使って汚れを取り除くようにしましょう。

 

庫内洗浄は月に2、3回細かいお手入れは月に1回と推奨しているメーカーがほとんどです。そして、定期的に掃除して、食洗機を清潔に保っておくと、それだけで水漏れの発生頻度をグッと抑えることができます。頻繁にしなくてもいい作業なので、やっておくといいでしょう。

洗剤の種類に気を付ける

風呂汚れ掃除

ご存知の方がほとんどでしょうが、食洗機には専用の洗剤があり、台所用洗剤を使用してはいけないことになっています。それは台所用洗剤を食洗機に投入すると、庫内で過剰な量の泡が発生して、外へ溢れだしたり、機器内部に泡が侵入して食洗機が故障したりする恐れがあるからです。つまり、水漏れを防ぐには食洗機専用の洗剤を使うことが大切ということになります。

そもそも食洗機で汚れが落ちるのは、ポンプの力を利用して発生する強力な水流によるものです。また、60~80℃程度の、手洗いでは熱いと感じる温度のお湯も使用しており、汚れをふやかして落としやすくなっています。

食洗機専用の洗剤は泡立ちが少なめになっていますが、この「水勢」と「高温」を活かすために、酵素やアルカリ剤などの成分配合にされているのです。そのため、泡立ちが少なくとも食器をピカピカに洗浄できます。食洗機用の洗剤は、同じようなものに見えても、台所用洗剤とは全くと別物といえます。

上記に対して台所用洗剤は、あまり強くない水流と手洗いによる擦り落としてでもスッキリ汚れがとれるように、界面活性剤を配合して泡立ちがよくされているものが多いでしょう。食洗機で使用すると泡が過剰に発生してしまうのもそのためです。くれぐれも台所用洗剤は食洗機に投入しないようにしてください。

さらに、台所用洗剤は食洗機に投入するだけでなく、食器に残っていた少量でもトラブルに繋がる恐れがあります。そのため、予洗いで洗剤を使っていたならば、食洗機に投入するときにはそれをすすぎ落とすことが必要です。

 

前述の通り、食べかすなどが残った食器を食洗機に入れると、食洗機をつまらせたり、パッキンにこびりついたりして水漏れを引き起こします。そのため、食洗機の水漏れを予防しようと考えると、予洗いは大切です。しかし、洗剤が残っていると食洗機の故障に繋がるというのもまた事実。対策としては、予洗いの際に洗剤を使わず水ですすぐだけにしたり、洗剤をしっかり落としたりするようにしましょう。せっかく食洗機を使うのだから節水したいと考える方は、拭き取る形で予洗いを済ませるという方法がおすすめです。

ちなみに、食洗機に投入する洗剤は適量にすることが大切です。しかし、台所用洗剤ではなく、専用洗剤を使用している限りは、即故障に繋がるということはあまりないので、うっかり多めに投入してしまったという時の心配はしなくても良いでしょう。機種によっては油汚れがひどいというときは約2倍に入れることを勧めているものもあります。

とはいえ、やはり通常は決められた量を投入するというのがベスト。粉末タイプの洗剤の場合、湿気を吸って一部固形になってしまうことがありますが、それを投入するのも溶け残ったり、詰まったりする危険性もあるのです。大量に洗剤を入れるというのも、溶け残ることがあれば食洗機にダメージを与えることになるかもしれません。洗剤といえども食べかすと同様につまってしまえば、水漏れを引き起こす恐れがあるため、なるべく避けておくのが賢明です。

 

また、食洗機の耐用年数は、卓上型で5~7年、ビルトインタイプで10年ほどといわれています。もし、発生した水漏れが耐用年数を過ぎてからのトラブルならば、そろそろ交換の時期かもしれません。耐用年数が過ぎているということは、機械にとって限界が来ている状況であり、いくら修理を重ねてもまたすぐに発生する恐れがあるからです。そして、修理を重ねるということはそれだけ修理費がかさんでいくということですから、経済的ではありません。気持ちよく使うためにも、耐用年数によっては修理だけでなく交換を検討するのもいいでしょう。

食洗機の水漏れには経年劣化などの避けようのないものもありますが、洗剤の種類を守ったり、お手入れを行ったりと簡単なことだけで予防できるケースもあります。長く使えるようにするためにも、気を配ってみてはいかがでしょうか。

 

ある日突然起きる水漏れだからこそ対策を練っておきましょう

今回の記事では、
・キッチンにある水漏れが発生しうる箇所
・キッチンで起きた水漏れの修理方法
・水漏れを誘発する行動
など、水漏れにまつわる様々な情報をお伝えしました。

設備というものは使えば使う劣化していくので、使っている期間が長いほど、使っている回数が多いほど、劣化が進むのは当然です。それは、丁寧に使っている人のところであろうとも、水漏れなどのトラブルが発生するということでもあります。

そのため、「いつも通り洗い物をしていただけなのに床がビショビショに」なんて、ある日突然水漏れが発生するということも考えられるのです。手荒く使っていなければ絶対に水漏れが発生しないというわけではありません。

そのため、ある日突然起きる水漏れが起きても、慌てないように対策を打っておくことが大切といえます。今回の記事を参考に、キッチンで水漏れが発生した時の対策を考えておいて、万が一に備えておいてはいかがでしょうか。


全国の幅広いエリアで水のトラブル出張業者が全国の幅広いエリアで水のお困りごとやご相談を承っております。現地でのお見積り・ご相談は一切無料(点検作業を伴う見積もりは有料)です。緊急のトラブルでも専用の受付窓口で対応しております。ご予約の際はご都合の良いお時間をお知らせください。休日・祝日、昼夜問わず受付中です。出張業者を初めてご利用になられる、という場合でも心配ありません。コールセンターのオペレーターが優しく丁寧にご要望をお聞きいたします。いつ、どの場所で、どのようなご依頼をされたいのか、しっかりと確認いたします。安心して信頼できる業者に任せたい、いますぐ何とかしたい、料金の見積もりを取りたいなどお問い合わせはいつでもお気軽にお電話ください。

料金一覧表

トイレ詰まり

サービス内容作業料金
専用器具使用(高圧ポンプ/ローポンプ)¥20,000
専用器具 / ハイスパット使用¥20,000
便器脱着作業¥20,000

配管詰まり・洗浄

サービス内容作業料金
トーラー機使用(3mまで)¥30,000
トーラー機使用時追加費用(3m超1m当たり)¥ 3,000
高圧洗浄機使用(3mまで)¥50,000
高圧洗浄機使用時追加費用(3m超1m当たり)¥ 3,000

トイレの水漏れ

サービス内容作業料金
調整作業等・パッキン交換等¥10,000
タンク内部品交換(タンク脱着無し)¥10,000
タンク内部品交換(タンク脱着有り)¥30,000
追加修理作業(上記作業に追加して1ヶ所あたり)現場お見積り

シャワートイレ

サービス内容作業料金
シャワートイレ交換(当社にて購入)¥15,000
シャワートイレ交換(当社以外/お客様にて購入)¥15,000
洋便器・タンク交換各¥20,000
取り外し品処分費別途見積り

配管詰まり・洗浄

サービス内容作業料金
トーラー機使用(3mまで)¥30,000
トーラー機使用時追加費用(3m超1m当たり)¥3,000
高圧洗浄機使用(3mまで)¥50,000
高圧洗浄機使用時追加費用(3m超1m当たり)¥3,000

水漏修理・蛇口交換

サービス内容作業料金
調整作業等¥8,000
パッキン・スピンドル・スパウト等部品交換¥10,000
単水栓(壁付 / デッキ式)交換¥12,000
分岐水栓取付(食洗機・浄水器等)別途見積り
混合水栓(壁付 / デッキ式 / ワンホール)¥15,000

台所・浴室・その他

サービス内容作業料金
シャワーホース交換¥10,000
排水栓交換 / 排水ホース交換¥20,000
洗面トラップ交換¥20,000
フレキ管交換¥10,000
漏水調査現場お見積り
洗面化粧台交換工事 / 化粧鏡交換現場お見積り

上記料金は標準価格(税抜)であり、トラブル状況によって作業内容が異なる場合があるため、最終価格は作業前のお見積り価格となります。
※サービス料金=作業料金+材料費+(追加作業費)+(時間外料金)

※時間外料金
夜間早朝料金(20:00~7:59までの受付) 8,000円(税抜)

※掲載価格はいずれも税抜金額となっております。

トイレつまり・水漏れなどの緊急性の高い水のトラブルに緊急出勤し、あなたの町の水のトラブルを解決します。
その他、キッチン・お風呂・洗面所などの水漏れ修理や水道修理、トイレの取付・交換など、幅広いサービスを行いますので、水のトラブルでお困りの際は、ジャパンベストレスキューシステム株式会社の水の生活救急車にご相談ください。

社名 ジャパンベストレスキューシステム株式会社
設立 平成9年2月
本社 名古屋市中区錦1-10-20 アーバンネット伏見ビル5F
従業員数 [連結] 217名
 [単体] 181名
 (平成30年9月30日現在)
上場市場 東京証券取引所第一部
 名古屋証券取引所第一部
(証券コード:2453)
資本金 7億8,036万円
 (平成30年9月30日現在)
発行済株式 34,688,000株
 (平成30年9月30日現在)
役員
代表取締役
榊原 暢宏
取締役
若月 光博
取締役(社外)
白石 徳生
取締役(社外)
岩村 豊正
取締役(社外)
須藤 裕昭
常勤監査役
澤田 正勝
監査役(社外)
吉岡 徹郎
監査役(社外)
小菅 豊清
監査役(社外)
森島 康雄
(平成30年12月20日現在)
JBRグループ
事業内容
・365日対応の総合生活トラブル解決サービス「生活救急車」を全国展開
・カギ、水まわり、ガラス、パソコンのトラブルサービスなど様々なお困りごとに対応
・提携法人に代わってコールセンターの運営から出動までを代行する「企業提携事業」を展開
・トラブルに備えたサポート会員制度も各種展開
JBRグループ
主要取引先
各種不動産関連会社、大手損保保険会社、各種住宅メーカー、大手ハウスメーカーなど(順不同)

全国の幅広いエリアで水のトラブルはお任せください

トイレに紙や物を落として詰まらせたり、本体のぐらつきや水の勢いが弱くなった、シンクの水が漏れたり、排水口から水が流れない、お風呂、洗面所の蛇口から水が出ない、ポタポタ漏れて気になる、シャワートイレ・ウォシュレットの交換や排水管の洗浄を依頼したいなど、水回りのお困りごとなら年中無休でフリーダイヤル通話料無料で受付しております。

家/住まいの水トラブル

住宅タイプ
戸建 新築 二世帯住宅 マンション 賃貸マンション 中古マンション 分譲マンション アパート 賃貸アパート 借家 長屋 公営住宅 県営住宅 市営住宅 UR都市機構 団地 社宅 寮 仮設住宅
場所
トイレ 便所 水洗式便所 汲み取り便所 ボットン便所 公衆便所 お手洗い 洗面所 浴室 お風呂場 脱衣所 バスルーム ユニットバス システムバス サニタリー キッチン 台所 天井 床下 上の階 2階 壁 フロア フローリング 地下室
箇所
水洗トイレ 節水型トイレ スリムトイレ タンクレストイレ エコトイレ システムトイレ バリアフリートイレ 便器 大便器 腰掛式便器 小便器 女性用小便器 幼児用小便器 壁式小便器 洋式便器 和式便器 和風便器 床置き型便器 壁掛け便器 縦長便器 ストール便器 サニスタンド便器 低リップ型便器 筒型便器 省スペース型便器 節水式 トイレタンク マルチボールタップ 温水便座 ウォシュレット シャワートイレ 洗面台 洗面ボウル 洗面器 化粧台 ドレッサー シンク ステンレス 流し台 システムキッチン 食器洗い機 バスタブ 浴槽 風呂桶 噴流式泡風呂 ジェットスパ ジャグジー 折り戸 洗濯機 乾燥機 浄水器 シャワー シャワーホース シャワーヘッド ノズル 蛇口 レバー ハンドル 赤外線センサー式 カラン 混合栓 バルブ パッキン タップ ホース チューブ パイプ ドレーン ジョイント スパウト ナット オーリング ポンプ ウォーターポンプ スプリンクラー 散水栓 止水栓 分岐水栓 水抜き栓 水道管 銅管 S字管 排水管 排水溝 下水 マンホール 雨水マス 貯水槽 貯水タンク 井戸 浅井戸ポンプ

会社/店舗の水トラブル

建物タイプ
ビル オフィス 事務所 施設
場所
トイレ 男子トイレ 女子トイレ 共用トイレ 業務用トイレ 和風トイレ 仮設トイレ 屋外トイレ 障害者用トイレ 介護用トイレ 多目的トイレ 公共トイレ 移動式トイレ キャンピングカーのトイレ 便所 水洗式便所 汲み取り便所 公衆便所 ボットン便所 お手洗い 手洗器 洗面所 化粧室 浴室 お風呂場 脱衣所 バスルーム ユニットバス サニタリー キッチン 台所 天井 床下 上の階 2階 壁 フロア フローリング 工場 作業場 建築現場 展示場 ショールーム イベント会場 博物館 記念館 公園 託児所 保育園 幼稚園 老人ホーム 病院 警察署 駅 空港 ホテル 旅館 保養所 県庁 市役所 避難所 体育館 学校 大学 厨房 売店 フードコート テナント 飲食店 居酒屋 クラブ バー ライブハウス インターネットカフェ 理容室 美容室 美容院 サロン ショップ モール パーク パーキングエリア サービスエリア コインランドリー コインシャワー 公衆浴場 プール 温泉 スーパー銭湯 サウナ スポーツジム 撮影所 スタジオ 食堂 休憩室 給湯室 仮眠室 喫煙室 更衣室 待合室

トラブルのタイプ

トイレ詰まり 水詰まり 紙詰まり 髪詰まり 塵詰まり 残飯詰まり 異物詰まり トイレットペーパーが浮いてくる キッチンペーパーを流してしまった オムツを流してしまった ペットの猫の砂を流してしまった 水が流れない 水漏れ チョロチョロ ポタポタ 水が止まらない 水が出ない故障 水の勢いが弱い 染み出している 吹き出している トイレタンクの水が溜まらない ずっとジョボジョボ・ゴボゴボ音がしている トイレを交換 トイレを取り替え 和式を洋式に ぼっとんを水洗式に 引っ越しで取り外し 便座が割れた便座がグラグラ タンクが割れた・ヒビが入った タンクがガタガタ 買ってきたウォシュレットを取り付けしたい トイレのつまりや水漏れ、修理や交換の料金 シャワートイレを取り付けしたいトイレに携帯を落とした・流した トイレにスマホを落とした・流した トイレに財布を落とした・流した トイレにおもちゃを落とした・流した トイレに指輪を落とした・流した 回収 修理 修繕 メンテナンス リフォーム 取り替え 交換 取り付け 設置 工事 施工 タイル カビ サビ 汚れ 水垢 臭い 悪臭 変色 掃除 洗浄 高圧洗浄 水道メーター異常 漏水調査

水まわり関係

衛生陶器/トイレ/温水便座
リクシル LIXIL イナックス INAX アメージュ ベーシア エレシャス パッソ トートー TOTO サティス ピュアレスト ネオレスト レストパル アプリコット ジャニス工業 JANIS マイティクリン スマートクリン ココクリン バリュークリン ジャレット パナソニック Panasonic 松下電器 ナショナル national アラウーノ アサヒ衛陶 ASAHI サンクリーン ニューレット ワンピース ネポン NEPON パールトイレ プリティシャワー 木村技研 アクアエース ベンクイック Ai-CABINPAT アイ-キャビン ナスラック Nasluck シャワレッシュ ビィバレット ハウステック housetec ファミレット ダイワ化成 カルチュア 三栄水栓製作所 SAN-EI シャワンザ 三洋電機 テガ三洋工業 SANYO ki・re・i ノーリツ Noritz ハートレア 積水ウォッシー 喜多村合金製作所 MYM はればれ フジクリーン工業 モア 三菱電機 シャワーリリカ アイワ アクアレット ロンシール機器 マルチシャワー
キッチン
リクシル LIXIL サンウェーブ SUNWAVE センテナリオ Centenario サンヴァリエ Centvarie ピット pit リシェル Richelle アミィ amiy アレスタ ALESTA アクティエス Actyes トートー TOTO クリナップ cleanup SS クリンレディ cleanlady ラクエラ rakuera タカラスタンダード Takara Standard ホーローキッチン エーデル Edel レミュー LEMURE オフェリア OFELIA トクラス TOCLAS ヤマハリビングテック YAMAHA LIVINGTEC トーヨーキッチンアンドリビング サンワカンパニー Sanwa Company ミニモラス コントルノ ハウステック housetec ラヴィー LOVEE エクセリアW EXCELIA W 永大産業 EIDAI ラフィーナ Lafina プレッソ ゲートスタイルキッチンS-1 ピアサス S-1 ナスラック Nasluck バゼロ BAZERO セスパ SESPA パナソニック Panasonic 松下電器 ナショナル national リビングステーション ラクシーナ Lacucina タマホーム
I-型 ペニンシュラ型 L型 II-型 アイランド型 U型
バス
リクシル LIXIL イナックス INAX トートー TOTO クリナップ cleanup ノーリツ Noritz ハウステック housetec コキュアスSE COCUAS SE ユニッテリア フェリテ Felite ゆとりあん YUTORIAN コルテシアGY CORTESIA GY LL LA タカラスタンダード Takara Standard トクラス TOCLAS ヤマハリビングテック YAMAHA LIVINGTEC ナスラック Nasluck ブリヂストン BRIDGESTONE 積水ホームテクノ セキスイ sekisui ウェルス wells
水道金物
リクシル LIXIL イナックス INAX トートー TOTO カクダイ KAKUDAI グローエジャパン GROHE ハンスグローエジャパン 三栄水栓製作所 サンエイ KVK 喜多村合金製作所 MYM ミヤコ 大和バルブ リライアンス Reliance ル・ベイン le bain
浴室サッシ/トイレドア
リクシル LIXIL トステム TOSTEM 東洋サッシ TOYO 東洋エクステリア TOEX 新日軽 ワイケーケーエーピー YKK AP 不二サッシ 三協アルミ

水回り用語集

バキューム
汲み取り式便所の便槽からの糞尿回収。※弊社では対応できません。
ラバーカップ / スッポン
清掃用具。家庭でのトイレ詰まりの味方。
サーモスタット / Thermostat
温度を調整する装置。
フラッシュバルブ
一定時間後に自動的に止まる機能をもったバルブ。
サニタイザー
トイレの消毒液を供給する装置。
ロータンク
水洗トイレの水を貯めるタンク。低い位置にある。高い位置にあるのがハイタンク。
スパッター
便器と直下管を接続する短い継手管。穴が小さいので子供の落下防止の役割もある。
金隠し
和式便器の先端の丸い突起部分。
クロスコネクション
上水の給水とその他の水道系が接続されること。汚染につながるため水道法により禁止されている。
逆止弁 / チェックバルブ / チャッキ
配管に取り付けて逆流を防止する弁。ポペット式、スイング式、ウエハー式、リフト式、ボール式、フート式などの方法がある。
節水コマ
樹脂ゴム製の部品で、内部に取り付けて蛇口の水の勢いを殺し省エネ効果をもたらす。
オリフェス板
水道管などを絞る円形の板で流水量を抑える。節水目的にも用いられる。
排水トラップ / グリーストラップ / グリスト
洗面器やキッチンの配管に設けられるS字やP字型をした形の配管。油が下水道に流出するのを防ぐ。また、悪臭や害虫を排水溝から屋内に侵入させないためのもの。
サイホン式
水が管を流れるとき出発地点より高い地点を通る装置、原理。灯油ポンプにも用いられている。これを利用したトイレをサイホン式トイレという。

※表記の物についての対応状況はお問い合わせください。

【保存版】システムキッチンの種類と選び方!メリット・デメリットを解説

キッチンには、システムキッチンやセクショナルキッチン、コンパクト...

キッチン・台所リフォームの費用相場・失敗しない選び方!

使いにくいと感じたり、もっとおしゃれにしたいと考えたりと、使い続...

排水詰まり!自分で直す方法と予防の仕方 キッチン 洗面所 お風呂

洗い物や入浴中に水の流れが悪くなってきて大慌て!こんな経験ってな...

給湯器交換!ガス給湯器の失敗しない賢い選び方【図解・動画あり】

どうやって選べばいい?新しい給湯器の選び方 自宅を新築...

水漏れ修理!料金費用はいくら?どこに頼む?業者の評判と選び方

「キッチンの蛇口からずっとポタポタ垂れてくる」 「...

トイレの水漏れ修理!自分で直す8つの方法と原因を図解で解説!

「気づいたら床が水浸し!」や、「タンクと接続しているパイプから水...

キッチンの水漏れ!自分で修理する方法 水栓蛇口 根本 パッキン

「キッチンの蛇口からポタポタ水が止まらない」 「気...

トイレ修理!相場はいくら?料金が高いぼったくり業者の手口を暴露

トイレつまりや水漏れなどの大きなトラブルから、レバーが回らない、...

トイレつまり直し方!トイレが詰まったら?解消方法 放置 流れない

流したトイレットペーパーが逆流してくる、水位がいつもより...

止水栓の止め方・場所⑥
止水栓

水道管破裂!応急処置方法 水道代 原因 修理業者を探す

水道管破裂はある日突然起きることがあります。 いざというと...

トイレ

トイレつまりの直し方!原因や道具を知って自分で解消する方法

ご家庭の水回りに関するトラブルの代表的なものに、トイレのつま...

ウォシュレット・シャワートイレ修理

ウォシュレット・シャワートイレを修理したい!自分で直す方法

ウォシュレット・シャワートイレが壊れた!?水漏れやつまりなど...

蛇口からサビが出た

蛇口からサビが出た!?赤い水は飲んでも安全?原因と対処方法

朝に水を出そうとすると、蛇口から赤い色をした水が流れた。こん...

キッチンの床から水漏れ

キッチン(台所)の床がびしょびしょ!水漏れの原因と修理方法

帰宅するとキッチンの床・床下がビショビショになっていた。台所...

蛇口空回り

蛇口が空回りして水が出ない・止まらない!対策と修理・交換方法

蛇口を捻ってみると水が出ない、もしくは水を出したあとに止めよ...

高圧洗浄つまり

高圧洗浄でつまりを解消!トイレ、キッチン、浴室の排水溝トラブル

つまりを直したのにまた詰まってしまった。一向に直らないつまり...

ウォシュレット・シャワートイレの取り付ける、取り外す

ウォシュレット・シャワートイレ・便座を引越しで取付け取り外し

今やなくてはならない存在であるウォシュレット(温水洗浄便座)...

INAX(LIXIL)のトイレつまり・水漏れ修理

INAX(LIXIL)のトイレつまり・水漏れ修理方法 人気機種

INAX(LIXIL)のトイレの水が流れずに詰まってしまった...

人気のシャワーヘッド

人気のシャワーヘッドと交換方法 節水・塩素除去効果のおすすめ

みなさんがお使いのシャワーヘッドはどの製品を使っていますか?...

TOTOトイレつまり・水漏れ修理

TOTOトイレのつまり・水漏れ修理方法 人気の機種と口コミ

TOTOのトイレの水が流れずに詰まってしまった。トイレタンク...

便座交換

便座交換(ウォシュレット)をDIYでする方法・注意点

便座の交換はされたことありますか?ホームセンターでも購入でき...

温水洗浄便座の特徴

温水洗浄便座(ウォシュレット)を比較、交換におすすめの機種

温水洗浄便座(ウォシュレット)とはおしりを洗浄する機能・ビデ...

浄水器の製品ごとの特徴とおすすめ

浄水器のおすすめをご紹介!製品ごとに特徴も解説します!

お家の水道水、独特なニオイや味が気になって飲めない、洗顔した...

キッチンの製品の特徴とおすすめ

キッチンの選び方 種類別にメリット・デメリットをご紹介

キッチンには様々な種類があり、それぞれ掃除がしやすい、移動距...

浄水器交換方法

浄水器の交換方法をご紹介!自分で取付けるならここを押さえよう

浄水器は水道水の中にある溶存物質をろ過して減少させ、水をキレ...

洗面台オススメ製品

洗面化粧台のオススメ製品 メーカーごとに参考価格・特徴を比較

洗面化粧台は大きく分けて2つのタイプに分かれており、洗面ボウ...

キッチンの床下の水漏れ、原因と対策

キッチンのオススメ製品をご紹介!各メーカー製品を徹底解説!

キッチンのリフォームを考えているけれど、どんな製品があるのか...

トイレの製品の特徴とおすすめ

トイレの製品とおススメをご紹介!メーカー・特徴・種類を比較

トイレの製品はたくさんあり、お掃除が楽になる機能や除菌してく...

キッチンの床下の水漏れ、原因と対策

キッチンの床下の水漏れの原因と対策法をご紹介!

キッチンの床下から水が漏れてしまった!水漏れは悪化して故障し...

トイレの種類

トイレの種類と特徴 トイレの取り替えにオススメの製品をご紹介

トイレには、洋式・和式の2種類あり、洋式トイレが家庭で一番よ...

井戸ポンプの仕組み

人気の家庭用井戸ポンプを設置するメリットとデメリットをご紹介

家庭用井戸ポンプって何? 井戸ポンプというのは、井戸水を汲...

蛇口の種類

あの蛇口の名前は?蛇口交換は種類と特徴を知ってから始めよう

蛇口とは、水などの液体を運ぶ金属製の口をいいます。蛇口と呼ぶ...

節水方法

水道料金を割安に!トイレやキッチンなど気になる箇所の節水対策

節水とは、水の無駄遣いをしないために、水の節約をすることをい...

温水洗浄便座

温水洗浄便座(ウォシュレット)の選び方 種類ごとに特徴をご紹介

温水洗浄便座とはおしりを洗浄する機能・ビデ洗浄・暖房機能が標...

洗面台の種類と選び方

洗面台の人気の種類を比較 おしゃれ 機能性 オススメの選び方

「洗面台」は、水栓金具・洗面ボウル・鏡を組み合わせたものです...

洗面台トラブル

洗面台の水漏れ・詰まり・悪臭や異音などの原因と対策方法

洗面台を使っていて、急に水が漏れたり、水が出なくなったりして...

蛇口交換

蛇口が壊れた! 空回り・折れた蛇口の交換 業者依頼の料金は?

蛇口が詰まった!水が漏れた!などの蛇口のトラブル。 蛇口の...

トイレと床の間から水漏れ

トイレと床の間の付け根から水漏れ 修理方法 原因と対策

いつも通りトイレを使っていたとき、突然トイレと床の間から...

蛇口のポタポタ

【図解】水道の蛇口を閉めてもポタポタが止まらない!原因と修理方法

きちんと閉めているはずなのに、台所のキッチンやお風呂場な...

配水管 水漏れ

漏水調査 自分で調べる方法 水道管水漏れ料金の高額請求減免

水漏れと聞くと、キッチンや洗面台の蛇口からの水漏れを想像...

台所の詰まり修理

台所つまり直し方!原因と解消法 キッチンシンク流し 排水溝

キッチンのつまりは日頃から調理をしているとどうしても起こ...

水道屋さん

水道屋さんの選び方 口コミ・評判・比較する前に!水トラブル業者

突然の水漏れに対応してくれる水道屋さん、テキパキと作業を...

トイレタンク 水漏れ修理

【図解】トイレタンク水漏れ修理方法!自分で 原因 チョロチョロ

生活トラブルで突如起こるのが、水漏れのトラブル。今回はト...

蛇口 水漏れ 修理
トイレつまり

トイレつまりの直し方!原因と解消法 自分で直す お湯・重曹

  トイレのトラブルで非常によくあるトラ...

トイレのつまり 水漏れ 修理 交換 料金見積無料 水道屋

水のトラブル出張水道屋が水まわりのお困りごとやご相談を承っており...