黒カビの発生原因と対策!壁や天井、風呂 除去 掃除方法

 

黒カビ

お風呂場や洗濯機、部屋の壁などで見つけてしまう黒カビ。見つけた時は不快な気分になりますし、すぐにでも掃除をしてキレイにしたい気分にもなります。
そもそも黒カビってどうして発生してしまうのでしょうか?不潔にしているから発生する?いえいえ、黒カビはある条件が整えばどこでも発生してしまうのです!
その条件とは…
このページでは黒カビで困っている人のために、黒カビ発生の原因と対策をご紹介します。

 

黒カビとは

 

一般的には、「クロカビ」・「クロカワカビ」と呼ばれていますが、正式名称は「クラドスポリウム」になります。もともとは土の中に潜んでいるカビですが、土の中から飛散して家の中のいろんな場所に菌糸を伸ばして繁殖していきます。
ちなみにカビには青色も赤色もあります。青カビで有名なのがブルーチーズで、他にも抗生物質のペニシリンなどにも使用されています。赤カビは、お風呂の床や天井に発生するピンク色のものです。住宅の内装材などにも発生し、エアコンから発生するとアレルギー疾患の原因にもなる恐ろしいカビです。
黒カビは湿気があるところを好むため、お風呂場・洗濯機・エアコンなどが発生しやすい場所になります。

 

黒カビが発生する原因

 

1、 室内の温度が20度~30度である
2、 湿度が70%以上ある
3、 養分(有機物質)・汚れがたくさんある

黒カビはこれらいくつかの条件が揃うと発生しやすくなり、3つとも条件が揃うと
繁殖力が増してすごい勢いで繁殖していきます。
また、黒カビの胞子は風に乗ることができ、空気中を浮遊しています。浮遊して家の中にある汚れを見つけると取りつき、湿気を帯びることで繁殖を繰り返していきます。
家の中にはお風呂場や洗面所など、汚れていて湿気が帯びる箇所がたくさんありますので黒カビが発生しやすいのです。

 

黒カビが発生する場所

 

お風呂場

お風呂場には目に見えない黒カビの原因菌がたくさんいます。また湿気もこもりやすく温度もカビにとって適温なため発生しやすい場所になります。目に見える黒カビを掃除しても、目に見えない原因菌が残っているため繰り返し発生してしまいます。

 

洗面所

洗面所はお風呂場の水蒸気が入りやすく湿気がこもりやすいため、黒カビが発生しやすい場所になります。換気窓や換気扇が付いていない洗面所だと壁に黒カビが付きやすいので注意が必要です。

 

壁に付くカビのほとんどが黒カビです。室内はカビが繁殖しやすい温度の場合が多く、またキッチンで調理時の水蒸気やお風呂場からの水蒸気がこもりやすいため、壁に汚れが付着していると黒カビが発生しやすくなります。また、古い建物の壁は汚れが多く付着しているのでカビが生えやすいと言われています。お住まいの建物が古い場合には注意が必要です。黒カビは、喘息やアレルギーの原因になるとされていますので黒カビに覆われた壁の中で生活するのは健康的とは言えません。

 

洗濯機

洗濯機の中を覗いてもキレイだから安心!と思っている方…
表面はキレイでも洗濯槽の裏側は黒カビだらけなんてこともあります。
洗濯機に黒カビが発生すると洗濯物からイヤな匂いがしたり、洗濯物を干すときに茶褐色や黒いカスがついたりしてしまいます。
洗濯機の中には洗濯物の汚れがたくさん入っています、その汚れと洗剤が結合して洗剤カスが発生し、それがタンクや外周部に付着すると、空気中にあるカビがこれらを分解して自然に戻そうとして黒カビになってしまうのです。

 

エアコン

夏にエアコンをつけると咳が止まらなくなる…
そんな症状の原因は、エアコン内部の黒カビかもしれません。エアコンは、室内の空気を吸い込み設定温度に調整して吐き出すことで、室内の気温を調整します。空気と一緒にホコリなどの汚れも吸うため内部に少しずつ汚れが溜まっていきます。
エアコン内部の湿度は90パーセント以上にまでなると言われているので、溜まった汚れと湿気がエアコン内部に残り黒カビになってしまうのです。

 

黒カビが人体に与える影響

マスク 病原菌

カビは地球上に存在する微生物の約36%も占めているとも言われており、少なくとも3万種類以上はあると言われています。ブルーチーズやヨーグルト、ワインなど食品に必要なカビもありますが、黒カビは人体に影響を与えてしまいます。
黒カビを吸い込むことでアレルギーの原因となり、カビの胞子によってアレルギーが引き起こされ、胞子が体内に入ることで気管支喘息や鼻炎といった症状が現れます。
また、夏に汚れが溜まり黒カビの生えたエアコンの風を吸い込むと夏型過敏性肺炎にかかる場合もあり、発熱や咳、ときには呼吸困難になることもあります。体の免疫力や抵抗力が弱いお年寄りや子供が黒カビによる健康被害を起こすと、治りにくくなる場合もあるので注意が必要です。

 

黒カビの対策方法 ~黒カビを落とす~

 

黒カビが発生する条件は、温度と湿気と汚れの3点です。その中でも湿気と汚れが繁殖力を強くするので、この2点を適切に排除することができれば黒カビの発生を防ぐことができます。そのため、お風呂場、洗面所、湿気がこもらないよう部屋はこまめに掃除しましょう。掃除の際は水拭きした水分を残さず拭き取り、湿気を残さないようにしましょう。
掃除の仕上げにはアルコール消毒することをおすすめします。アルコールは菌を死滅させることができますので壁にも吹きかけることでカビの発生を防ぐことができます。

アルコール消毒

 

お風呂場

お風呂場は湿気と汚れが溜まりやすいので黒カビの繁殖には好条件の場所です。
予防法として、入浴後すぐに換気をして下さい。換気をすることで、浴室内の湿気を取り除くことができ、洗面所や部屋に湿気が行ってしまうのも防ぐことができます。お風呂場の床や壁には体を洗う時に飛び散る皮脂や垢が付着していますので、お風呂場から上がる時に隅々まで水で洗い流すようにしましょう。また、天井にも汚れが付着しやすいのでこまめに水洗いするようにしましょう。

 

洗面所

洗面所もお風呂場と同様に湿気や汚れが溜まりやすい場所になるため注意が必要です。
気がついたら洗面ボールにピンク色のぬめりができ、そのピンク色のぬめりが黒カビに変わっていく…なんてことはよくあります。定期的に換気をするようにして下さい。
また、洗面所にはカルキ汚れ・石鹸カス・手垢などの汚れが残りやすいので隅々まで水で洗い流すようにしましょう。

 

キッチンで調理する時の水蒸気が壁の汚れに付着し黒カビになることはよくあります。調理をする場合は換気扇を回すか窓を開けて換気するようにしましょう。また、定期的にアルコールスプレーをクロス全体に拭きかけることも黒カビ防止になります。

 

洗濯機

黒カビは高湿度でよく繁殖するため、洗濯が終わったあとに洗濯槽に残る水気は黒カビの繁殖には都合がいい環境になります。洗濯機を使用した後は、湿気を逃がすためにもフタは開けておきます。また、洗濯物に付着した食べ残しなどは黒カビの養分となるためなるべく取っておきましょう。
黒カビは高温に弱いと言われています。最近の洗濯機には乾燥機能が付いているタイプがほとんどですので、定期的に乾燥機能を使い槽内を高温にすることで黒カビを死滅させることができます。

 

エアコン

最近のエアコンにはお掃除機能が付いたタイプがありますが、このお掃除機能では内部の黒カビを除去する事はできません。本来、エアコンの黒カビ予防は定期的にアルミファンを洗浄することですが、手間を考えると自分で行うのはなかなか難しいかと思います。
そこで、簡単に自分でできる予防法はエアコンを使用した跡に20分~30分間送風機能で送風することです。エアコン内部から送風することで湿度を下げて黒カビの発生を防ぎます。

 

黒カビの除去方法

 

お酢と重曹を使用する

まずは、お酢・重曹・霧吹きスプレー・使用済み歯ブラシを準備します。
お酢と水を1:4の割合で混ぜたスプレーを作り黒カビにスプレーを吹きかけ、歯ブラシで擦ります。スプレーで落ちない場合は、スプレーした上に重曹をかけます、シュワシュワという音がするのでこのままの状態で10分ほど放置します。
10分たったら水で洗い流します。スプレーした部分、重曹をかけた部分が全体的にピカピカになります。

 

塩素系漂白剤と片栗粉を使用する

まずは、塩素系漂白剤(ハイターなど)・片栗粉・手袋を準備します。
片栗粉を使用するのは、漂白剤をしっかりと黒カビに付着させるためです。
漂白剤(大さじ1弱)と片栗粉(大さじ1)をよく混ぜ、ねりねりと練っていきます。
練り終わったものが長時間経つと、漂白効果が落ちてしまうので作ったらできるだけ早く使用していきます。黒カビが発生している場所の水気をしっかり拭き取った後に、しっかりと塗っていきます。手に付着すると荒れてしまう場合があるので、手袋の着用をおすすめします。5分たったら濡れた雑巾などで、きれいに拭き取っていきます。
塗った部分が全体的にピカピカになります。

 

塩素系カビ取り剤を使用する

市販されている塩素系カビ取り剤は、カビの胞子や菌糸を殺菌し、漂白してカビを死滅させる効果があります。ポイントとしては“つけてそのままにしておく”ということです。時間が経つにつれて殺菌が進み、漂白されて黒カビは消えていきます。
強いアルカリ性のためゴムやビニール手袋をして皮膚につかないように、またメガネをかけて目に入らないようにしましょう。カビ取り後は、水洗いか水拭きをして、アルカリ分を落とします。カビ取り剤のにおいを吸い込むと気分が悪くなることがありますので、作業をする時は窓やドアを開けたり、換気扇を回してよく換気を行って下さい。

 

まとめ

黒カビは繁殖力が強く、家の中のどこにでもありそうな条件のもとで発生してしまいます。一度発生してしまうと菌糸がグングン伸びていき落としづらくなります。また、黒カビを放置しておくと視覚的に気分も悪い上に健康的にも良くありません。
まずは、家の中の汚れを小まめに掃除し換気をする習慣を身に付けましょう。そして万が一黒カビが発生してしまった場合は放っておかずに早めに除去するようにしましょう。


全国の幅広いエリアで雨漏りのトラブル出張業者が全国の幅広いエリアで雨漏りのお困りごとやご相談を承っております。現地でのお見積り・ご相談は一切無料(点検作業を伴う見積もりは有料)です。緊急のトラブルでも専用の受付窓口で対応しております。ご予約の際はご都合の良いお時間をお知らせください。休日・祝日、昼夜問わず受付中です。出張業者を初めてご利用になられる、という場合でも心配ありません。コールセンターのオペレーターが優しく丁寧にご要望をお聞きいたします。いつ、どの場所で、どのようなご依頼をされたいのか、しっかりと確認いたします。安心して信頼できる業者に任せたい、いますぐ何とかしたい、料金の見積もりを取りたいなどお問い合わせはいつでもお気軽にお電話ください。

料金一覧表

会社概要

社名 ジャパンベストレスキューシステム株式会社
設立 平成9年2月
本社 名古屋市中区錦1-10-20 アーバンネット伏見ビル5F
東京本部

東京都千代田区大手町2-1-1 大手町野村ビル7F

大阪オフィス

大阪府吹田市垂水町3-6-22

福岡オフィス 福岡市博多区博多駅東2-8-27 博多駅東パネスビル2F
相模原オフィス 相模原市中央区淵野辺4-35-12
仙台オフィス 仙台市泉区長命ヶ丘5-1-10 ハイツアベ101号室
名古屋オフィス 名古屋市千種区今池南29-24 川島第一ビル4A
名古屋コンタクトセンター 名古屋市中区錦1-10-20 アーバンネット伏見ビル5F
大垣コンタクトセンター 岐阜県大垣市加賀野4-1-7 ソフトピアジャパンセンタービル7F
大阪コンタクトセンター 大阪府吹田市江坂町1-23-32 リバーボール江坂6F
従業員数 [連結] 252名 [単体] 181名 (平成28年9月30日現在)
上場市場 東京証券取引所第一部 名古屋市証券取引所第一部(証券コード:2453)
資本金 7億7,964万円 (平成28年9月30日現在)
発行済株式 34,685,000株 (平成28年9月30日現在)
役員
代表取締役 榊原 暢宏
取締役(社外) 岩村 豊正
取締役(社外) 白石 徳生
取締役(社外) 須藤 裕昭
常勤監査役(社外) 小菅 豊清
常勤監査役 澤田 正勝
監査役(社外) 吉岡 徹郎
(平成28年12月21日現在)
JBRグループ
事業内容

○対応の総合生活トラブル解決サービス「生活救急車」を全国展開

○カギ、水まわり、ガラス、パソコンのトラブルサービスなど様々なお困りごとに対応

○提携法人に代わってコールセンターの運営から出動までを代行する「企業提携事業」を展開

○トラブルに備えたサポート会員制度も各種展開

JBRグループ
主要取引先

旭硝子株式会社、セコム株式会社、株式会社LIXIL、朝日火災海上保険株式会社、各種不動産関連会社、大手損保保険会社など(順不同)

全国の幅広いエリアで雨漏りのトラブルはお任せください

屋根の雨漏り、天井、外壁サイディングから水漏れ、雨樋(トユ・トイ)の縦樋に穴、落ち葉やごみが詰まっているので清掃、瓦がずれてしまったなど、雨漏りのお困りごとなら年中無休でフリーダイヤル通話料無料で受付しております。

雨漏り被害

自分でできる雨漏り被害の補修、カビ・腐食から守る為の応急処置

「どこからか雨水が垂れてくる」「天井にできたシミがどんどん大...

雨どい水漏れ

雨どい・竪どいの水漏れ修理 詰まりの原因と対策方法

屋根の周りに設置してある雨どい、屋根の雨水を集めて排水す...

黒カビ

黒カビの発生原因と対策!壁や天井、風呂 除去 掃除方法

  お風呂場や洗濯機、部屋の壁などで見つ...

リフォーム 賢く 計画

失敗しないリフォーム会社の選び方 口コミや評判だけで判断しない

あなたがリフォームしたいと思っている動機は何ですか?家を...

雨漏り 被害

雨漏りの応急処置 原因と対処法 自分で修理する方法 DIY

「天井からポタポタと雨が落ちてくる」「壁にシミができてい...

屋根

屋根材の比較!材質の違いや特徴、メリットとデメリットを解説!

屋根には雨風をしのぐ防水性、外からの日差しを遮る断熱性、...

屋根

屋根の種類と特徴、形状によるメリットとデメリットを徹底解説!

皆さんは今住まわれている家がどんな種類の屋根を使用してい...